« On the Road~すばらしきクルマの世界〜 | Main | CGバックナンバー »

2005.08.16

QP IVの水温

暑い夏が続いていたが、ここ数日の雨模様で過ごしやすい天気である。しかし、QP IVの水温計はそうでもないようだ。エンジン始動時一時的に100度くらいまで上昇しその後、85-98度くらいを上がったり下がったりし、水温は安定していない。変だなぁとおもっていたもののオーバーヒートすることはないので、個体差によるものか気にならすになってきた矢先、、、、、洗車時にエンジンルームを開けると、冷却水のリザーバータンク周囲から水が漏れたあとがみられ、さらにリザーバーは空っぽの状態であった。ファンも回っているし、不安定であるが冷却はきちんとしている。原因はリザーバーの栓か?と疑いながらも冷却水はないのでひとまず自宅まで走って帰った。
周りのQP IVオーナーに聞くと90度を超えることはまず無いという。ほかのmaseratiでも水温は安定しており車種に限らず90度を超えることはまずない。ますます不安になってきたが、とりあえず家にストックのあった冷却水を注入し再びクルマを走らせると今度は90度を超えるようなことはなく、水温は安定している。
これはリザーバーの栓がきちんと閉まっていなかったのでは?と思いながら一安心。きちんと閉まっていなかったのなら頂けないイージーミスだが、原因がわかって一安心である。
やはり水温計がふらふら動いているのは精神衛生上よくない。

QPIVkey

|

« On the Road~すばらしきクルマの世界〜 | Main | CGバックナンバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/5500969

Listed below are links to weblogs that reference QP IVの水温:

« On the Road~すばらしきクルマの世界〜 | Main | CGバックナンバー »