« 遅報告:CarMagazine | Main | 2005 Histolic Automobile Festival in Japan »

2005.11.11

Jaguar New XK

Jaguar Japanが催した展示会に行ってきた。

案内状には、旧XKR4.2S、XJRPortfolio、Daimlerの展示会で、前回と同じ内容であったが、会場に入ってびっくり。

New XKが鎮座していた。

これは一種のサプライズなのかと思い、営業担当者に質問。実際のところ、ここに展示できるかどうかは直前までわからず、結果的に東京モーターショーの車両が一台そのまま持ち込まれたとのこと。

着席し、シャンパンを味わった後、新旧のXKを観察に行く。

新旧のXKの比較、私的には旧XKの勝ち。


NewXK

New XKはボディーを初め、パネルまで最近のJaguarに習ってアルミ製。とても軽く運動性能はピカイチのようだ。スタイリングは横から見るとボディ後半はlとてもに美しく、また後ろから眺めてもリアのホイールハウス盛り上がりは素晴らしい印象であった。しかし、世間でも不評のフロントはやはりダメ、格好悪いと思う。エンジンルームも本物のエンジンの上をプラスチックなカバーが覆い、雰囲気を逆に損なっていると思われた。


XKR42S

対して、最終モデルになる旧、XKR4.2S、フロントグリルがシルバーのメッシュになり、濃いメタリックなエクステリア、内装はクリームベージュ、インパネ周りは艶やかなウッドが張り巡らせてある。素晴らしい雰囲気を醸し出していた。そしてパワーは400馬力オーバー。

私にとっては、旧XKの方が非常にエレガントに感じられたのである。

|

« 遅報告:CarMagazine | Main | 2005 Histolic Automobile Festival in Japan »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jaguar New XK:

« 遅報告:CarMagazine | Main | 2005 Histolic Automobile Festival in Japan »