« 12th Maserati Day | Main | ファンが寿命? »

2005.11.20

オーバーヒート

日曜日の夕方高速を走行中、前方に行楽地帰りの渋滞を発見。速度を落としトロトロ運転となった。その直後、車から、「しゅ〜〜〜〜〜」という音が聞こえてきた。エアコンかと思いスイッチをオフにするが、、、、音は消えない。

ふと水温計をみると130℃に到達し、警告灯が赤々と点灯している。

オーバーヒートということで、すぐ路肩に車を停め、ボンネットを開けると、リザーバータンクから冷却水が濛々と吹き出しているではありませんか! 

幸運にも冷却水が減る病を患っていた時の水がトランクに積んであったので、少し待った後に冷却水を追加。エンジンをかけるが、やはりファンは回らず。。。。。


そうこうしている間に警察まで「故障ですか?」と。。。。

水は補給したので、走行さえしていれば問題ないはず。近くのサービスエリアまで警察に見守られながら、走行し避難となった。

何度もヒューズをを替えたりするが、一瞬ファンは回るがすぐ停止。
半ばあきらめ状態。。。

直で電源を取り、強制的にファンを動かし帰宅となった。


それにしても突然、こうなるかな。。いったいどこがおかしいのでしょうか?

ヒューズボックス?ハーネス?などなど?

repair4650

修理中!!

|

« 12th Maserati Day | Main | ファンが寿命? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーバーヒート:

« 12th Maserati Day | Main | ファンが寿命? »