« 絶好の季節到来! | Main | UCG Vol.62 »

2005.12.02

Alan Fearnley and Starling Moss

250Fs

再び額への封印をお願いしていたリトグラフができあがってきました。

La Festa Mille MigliaのためにStarling Mossが来日すると聞いて、手持ちのAlan Fearnley作リトグラフ"One of the greatest Formula 1, 250F"をわざわざ額縁から出し車検所に持ち込んでいた。

Sir Starling Mossに軽い挨拶をし、氏の活躍した50年代の話をした後、念願のサインをリトグラフに入れてもらった。MossもFanghio, やJean Behraと同じく250Fをドライブしていたのだが、実はこのリトグラフ、250Fの側に立っているのはMossではない。失礼ながら、本人でないことも彼にお話し、挙げ句には「これは誰か?」と尋ねた。彼は「多分、体型からしてPeterCollinsではないか!」と。

こんなやりとりであったが、それでも直筆のサインと共にいい思い出になった。


mosssign

そのまま封印していなかったが、先日額装屋さんにお願いし、昨日仕上がってきた。

また家宝がひとつ増えました。

|

« 絶好の季節到来! | Main | UCG Vol.62 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Alan Fearnley and Starling Moss:

« 絶好の季節到来! | Main | UCG Vol.62 »