« Maserati Touring | Main | 世紀の一戦 »

2006.04.25

フライングのVilla d'Este

Concorso d'Elaganza Villa d'Este

月曜日から結果が気になっているのだが、Official Web Siteでも結果がupされない。お気に入りのサイトでcheckすると、いくつかのコンセプトカーの写真がupされている。しかしながら全てのupはまだ先の様子。

今年は12台のコンセプトカー、49台のヒストリックカーで競われた様子。
そのなかでも注目のコンセプトカーを私なりに批評。

Ferrari575154Ferrari575153Ferrari575161
Ferrari575GTZ
Ferrari575MをZagatoがmodifyしたコンセプトカー。しかし、日本人の我々にとって驚きはこのZagatoコンセプトカーは、あの林良至氏のリクエストによって実現したもののようだ。さすが世界のコレクター、その情熱が凄い。
クルマの方はZagatoのそれらしく、ダブルバブルフーフを備え、リアウィンドウなどZagatoの特徴があらゆるところに散見される。ガンメタリックカラーとマッチし実にエレガントである。

Alfaromeo8363Italdesignf28
AlfaRomeo8C Competizione Spider
見慣れた感もある8Cであるが、このアングルからのスタイルは素晴らしい。フロントからリアに伸びるエレガントなライン。この姿を見ると8CはSpiderの方が美しいのではないかと思われる。
Italdesign GG50
昨年、TMSで発表されたGiugiaroの50周年記念モデルだが、リアのウィンドー、リアフェンダーの膨らみは近年みられるGiugiaroのラインそのものである。GG50も例に漏れず居住性を重視し、3200GTのラインにとても類似していると思う。
(写真はAndreas Birner, Barchettaより転載)

|

« Maserati Touring | Main | 世紀の一戦 »

Comments

そのAlfaRomeo8C Competizione Spiderいくらぐらいで市販されるのですか??高くても所有するに値します。Brerraもここで金賞とって、市販化されたし・・。

Posted by: RYU | 2006.04.26 at 23:27

どうなのでしょうか?
基本シャシーはAlfaRomeo-Maserati連合なので問題なくなりましたが・・・・
Specialモデルとして100台くらいならOriginalityが高くいいですね。
Breraはショーモデルがあまりにも格好良かったため、実車と比較すると見劣りしてしまいます。特にbreraは内装が素晴らしすぎました!!

Posted by: marque | 2006.04.27 at 08:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/9766887

Listed below are links to weblogs that reference フライングのVilla d'Este:

« Maserati Touring | Main | 世紀の一戦 »