« 世紀の一戦 | Main | 明日からGW »

2006.04.27

Villa d'Esteの醍醐味

今年のVilla d'Este楽しみにしていたが、やっと画像を見ることができました。

Maseratia6g80Maseratia6g85Maseratia6g103
Maseratistiの私としては当然Trident marqueに注目するのだが、今年はなんと4台もエントリーされています。それもA6G2000が3台、そしてBommerang。
A6G2000の内訳は、Frua SpiderとZagato coupeが2台。とくにZagato Coupeは同じZagato製bodyながらそれぞれ異なるスタイルをとり、実に興味深い。ネイビーブルーとロッソな色も絶妙でコモ湖畔で素晴らしい光景を作り出している。
Ferrari166642Ferrari400156Ferrari212338
しかし、今回Maseratistiな私を虜にしたのはTridentでなくCavallinoなのであった。
166MM/53 Pininfarina、数多くある166のなかでもPFボディーはOne-offでありそのスタイリングはほれぼれする。ツートーンのボディカラーがさらにエレガントさを引き締め素晴らしいの一言である。
ほかにもFerrariは400SuperAmerica、212InterVignaleがエントリーされVilla d'Esteを花を添えているのであった。
(写真はAndreas Birner, Barchettaより転載)

|

« 世紀の一戦 | Main | 明日からGW »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Villa d'Esteの醍醐味:

« 世紀の一戦 | Main | 明日からGW »