« Shell Ferrari Historic Challenge開幕 | Main | EBStyle »

2006.05.10

FIA GT Championship

FIA GT選手権が先週末シルバーストーンで開幕した。
今年はGT1>2に加えて新たにGT3という新カテゴリーも設置され、ますますGTは加熱している様子。
同時にTrofeo Eouropeシリーズも雨の中、第2戦が行われた。

Gt1
GT1
昨年、MaseratiはMC12で製造者部門を制した訳だが、残念ながら1ポイント差でドライバー選手権の方は逃してしまった。それ故、今年はさらに期待される訳であります!
ところが、 開幕前の噂、テストの情報は、AstonMartin DBR9が速く、今年は厳しいシーズンになるかと思われた。しかし、終わってみると開幕戦はVidafone MC12が見事優勝!!シーズン開幕を最高の形で飾ることが出来、幸先のよいスタートをきった。
しかし、タイムシートを眺めてみると・・・・2位のSaleen S7Rとは僅か4秒差。かなりきわどい勝利であったようだ。しかし、サリーンがこんなに速いとは恐れ入ります。ヨーロッパかぶれしている私としては、もっとヨーロッパ製マシンに頑張ってもらいたい。

Ferrarigt2
GT2
GT2はFerrari F430 GT2が練習走行ではダントツに速かったが、終わってみるとGT1と同じように1位、F430 GT2と2位、Porsche996 GT3 RSRとの差は僅か4秒。こちらも大接戦のようだ。
*F430はGT2仕様フロントマスクより、市販車のマスクのほうが格好良く見えると思うのは私だけ?

Gt3
GT3
新たに設置されたGT3シリーズ。参加車種もPorsche997, DodgeViper, Lamborghini Gallardo, AstonMartin, F430, Maserati GranSportLisght, Ascariと多く、そして何よりも参加台数が47台もいる!!これだけの台数が競うと、迫力があり壮観な光景になるに違いない!
そして我らが、TridenteMarque, GranSportLightはもの凄いブリスターフェンダーをつけ、Trofeo以上の迫力を醸し出している。が、残念ながらレースでは先頭集団から約1周おくれという結果。優勝はGT2に続きF430 Chellenge、これからの奮闘に期待したい。

Trofeo
そしてTrofeo!
やっぱりワンメークで、これだけの台数があると迫力が違いますね。
雨の中のレース、水しぶきがまたクルマを引き立たせています。

さてさて今年のGT選手権はどうなることやら? F1と同時に楽しみです。

|

« Shell Ferrari Historic Challenge開幕 | Main | EBStyle »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FIA GT Championship:

« Shell Ferrari Historic Challenge開幕 | Main | EBStyle »