« How is my 3200GT? | Main | 5000GT Touring »

2006.06.19

5000GT Frua

1030485000GT Frua AM103048/064

1030605000GT Frua AM103060

先日、Greenwich Concours d'Eleganceに5000GT Touringがみられたので私の好きなFrua bodyについて述べてみたい。最近、とてもマニアックな話が多いですね。

5000GT自体はMaserati伝説のレーシングマシン450Sにボディを被せロードユースにしたのが、その起源になる。5000GTの生産台数は32台、その中で絶大な人気を誇るFrua bodyは僅か2台である。この2台は生産から40年を経た現代も現存している。

Fruaのスタイリングは実に優雅であり、フロントエンドのデザインはまさしくFuraのそれ。フロントの両サイドに力強い峰を持つウエストラインは、リアに流れるに従いなだらかに下がってゆく、そしてリアウインドにかけてウエストラインは再び大きく盛り上がり、素晴らしくエレガントなスタイリングの特徴となっている。まさに初代QPはこれをもとに4 doorにしたようであり、MistralもサイドのラインはやはりFruaの流れを含む。車体が変わってもそのライン、スタイリングが類似するのは、この時代のCarozzeriaの特徴であり、伝統みたいなものなのでしょう。

話がそれてしまったが、実は今を遡ること10数年、バブル時代にこの5000GT s/n AM103060(初代オーナーはAga Khan)は日本に存在したのである。1991年CarMagazine153号を取り出し、当時の取材の記事を読み返してみる。そこには「現存はおそらくこの1台のみ」と記されている。取材した1991年当時、これは本当のことで現存僅か1台であった。ところが2000年、行方不明であったFrua s/n AM103048/064がエジプトで発見されたのである。それが下の写真である。ライトは2灯式に変えられ、面影はほとんどない。ただこの個体はシリアルナンバーが048から064に変わった際に赤色に塗装されているのだが、色自体はオリジナルカラーがはげたようで、Tridenteは存在しているのかどうかも判らない。その後、このままの状態でオークションにかけられ、そして2004年、見事レストアによって蘇り、048当時のオリジナルカラーのゴールドをまとい再デビューを果たしたのであった。
そんな訳で現在は2台現存しているのである。

048発見された当時のAM103048/064

|

« How is my 3200GT? | Main | 5000GT Touring »

Comments

marqueさん、こんにちは。
やっぱりいいですねぇ。5000GT!
思わず食い入っちゃいます。(笑)
2台とも健在しているのはうれしい限りです。
アレマーノは、たしか21台あるので、何とかなりますかね!?
あ~、宝くじ当たるといいなぁ。(笑)

Posted by: ジョニー中村 | 2006.06.19 at 10:55

こんにちは。艶やかなのが良いですよね。Fruaの内装 AM103048/064なんて全てスエードですよ!信じられないですよね。
Allemano手に入れてください。価格的にもお買い得です。

Posted by: marque | 2006.06.19 at 11:56

へぇ~!!現存していることは耳にしておりましたが、
(おそらくカーマガジンを読んでのことです)
もう一台発見されていたとは驚きです。しかもエジプトから
発掘とは・・・
レストア後の姿、生で拝みたいものです。
しかし発掘時の写真、Qpそっくりですね。


Posted by: 94’Ghibli | 2006.06.19 at 13:02

Deskの前にいたため素早いレスポンスであります。
94'GhibliさんがMCJ入会前、我々のPresidentはOrsi氏と一緒にこの5000GT Frua AM103048/064をModenaで取材、およびDriveしています。VIDEOの映像もありますよ。200km/h近くまで高速走行されたようです。

Posted by: marque | 2006.06.19 at 13:11

うみゅ~、お買い得といっても庶民感覚の、桁が1つか2つ違いそうですね。(泣)
にしても、すごい社長さん(編集長?)のもとで働いておりますね。
うらやましい環境ですね。

Posted by: ジョニー中村 | 2006.06.19 at 15:30

マニアックなネタは反応が多いですね〜。
しっかしジョニーさん、いろいろ詳しいですね。感心致します。
MaseratiはFerrariに比較して、かなり安価です。逆にFがその価値よりも高価すぎる印象がありますね。少々高くても、少し無理すれば、所有の満足感はほかに代え難いものがありますよ!(と煽る)

Posted by: marque | 2006.06.19 at 19:08

5000GT Frua AM103048/064の取材ビデオを見たときは、衝撃でしたね。今まで写真でしか見たことのなかった、5000GTが動いているのですから。でも何かの機会にでも日本に持ってこれることができたらいいのになあって思いますね。
あの取材時の5000GTはなそうもとてもセンスがよくMaseratiのを主張してますね。

Posted by: Kookie | 2006.06.19 at 23:16

おはようございます、Kookieさん。
本当に衝撃的でしたよね、またDVDを見直したくなってきました。今もそうですが、当時のイラン、アラブ、エジプトの皇族の豪勢さ、そしてCarozzeria全盛時代の旧き良き時代を感じます。

Posted by: marque | 2006.06.20 at 06:37

ジョニーさん、かなり遅Resですが、、
カリフォルニアBlackhawk Collectionで、ただ今Allemanon売りものがございます。至急!!(業務連絡でした。)

Posted by: marque | 2006.06.22 at 22:36

なにかいろいろ調べると、生産は3台で、1台がリナンバーのようです。
現在も3台、現存するようです。。。

Posted by: marque | 2007.08.10 at 02:16

Marqueさん
お久しぶりです。マニアックなウェッブを見ていたら、なんとここに辿り着きました。
”5000GT Frua AM103060”(Aga Khanの)は現在どこにあるのでしょうか?
これは買えるのでしょうかね?

Posted by: modena3200 | 2011.08.01 at 23:37

Marqueさん
お久しぶりです。
5000GT Frua AM103060(Aga Khanの)は現在どこにあるのでしょうか?
買う事出来るのでしょうか?

Posted by: modena3200 | 2011.08.01 at 23:41

お久しぶりです。modena3200さん。
コメントありがとうございます。今日は休日でのんびりとした月曜日で、早速返信しています。
一体どこのマニアックサイトからたどり着いたのでしょうか?笑
さて、103060は数年前にアメリカのブレナーコレクションから5000GTが一斉に放出された際に含まれ、スペインの方でまとめて取引されました。以来、一度も表舞台には出て来ておらずオーナーも不明のままです。
故に購入のハードルはちょっと高いかもしれません。

Posted by: marque | 2011.08.02 at 04:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/10554772

Listed below are links to weblogs that reference 5000GT Frua:

« How is my 3200GT? | Main | 5000GT Touring »