« 5000GT Frua | Main | 5000GT PininFarina »

2006.06.20

5000GT Touring

5000gt
先日、5000GTの話題をして以来、Frua bodyを詳細に検討してしまった。そんな訳で生産台数3台、もしくは4台といわれるTouring bodyも興味を持ち調べてしまったので、ここで述べたいと思う。

私が調べる限り、Touring bodyは合計3台が作られたようだ。そのs/nは、AM103002, AM103004, AM103010、この3台である。AM103010は後年、ファクトリーに戻されAM103090として再び出荷されていることから、生産台数3台、もしくは4台と諸説ある由縁と思われる。
5000GTの最初の2台、もしくは3台は、まさに450S直系の、ギア駆動カムシャフトを持つエンジンであることから、AM103002, AM103004のエンジンはギアカムシャフトで駆動されているレーシングエンジンと推測される。実際にAM103002はそのため、車内のノイズが凄かったようだ。

103002AM103002
AM103002:これがMaserati伝説のモデル、5000GT最初の1台、イランのハーレビ国王のリクエストにより作られ、氏に納車された。Tridenteは外向きの槍を持ち、バンパーガードが小さいことが特徴的である。エクステリアもずっとオリジナルのままNavyであると思われる。(昨年のSotheby's at Ferrariの記載は?)
103004AM103004
AM103004:南アフリカのReed氏にデリバリーされ、比較的履歴が知られている。これもTridenteの槍は外を向いている。納車以来グリーンメタリックというとてもエレガントな色を保っている。この004と010はバンパーガードが大きいところで002と判別が可能である。
103010103090AM103010/090
AM103010:当初イタリアで、ライトブルーに塗られデリバリーされた個体。この個体のみTridenteの槍は現在にも見られる内向きとなる。後年、アラブに渡る際、s/nが090と刻印し直された。アラブでは転々とオーナーが変わったが、現在は010に戻されている。090としてデリバリーされた際は、Tridenteやライトなどかなり変更を受けている。Graham Gauld著 Modena Racing Memoriesにある写真はこの個体と思われ、SCG No32ではオリジナルカラーが確認できる。 蛇足ですが、090のTridente、あまりCoolではないですね。

前にも述べましたが、私はFruaに並びTouring bodyの5000GTもとてもエレガントに思いますが、皆様如何ですか?
ここまで読んで頂いた皆様は、かなりマニアックな方と思われます。どうもお疲れ様でした。

|

« 5000GT Frua | Main | 5000GT PininFarina »

Comments

marqueさんマニアックさを突っ走っていますね。ブレーキがきかなくなったのでは・・・
私的には、このボディも非常に興味ありです。
この個体に限らずですが、ボディデザインは、え、ここまでいくのって言うくらい極めていて、このラインを超えると非常にアンバランスになる、というところで止めてのデザインがイタリアのすごさのように感じますね。そう、スケートボードの左右バンクの限界っていう感じ。わかります?うまくいえないですが、私が伝えたいこの感覚。
marqueさんのBlogは勉強になりますね。私のなんかはうわべだけですから・・・

Posted by: Kookie | 2006.06.20 at 09:40

どうもKookieさん、確かにマニアックですね。ここ数日、終日デスクワークなので、メーラーを常に立ち上げています。すぐResできる状態も非常によろしくない!

Touringデザインのエレガントさは絶妙ですね。ただフロントマスクなんて、ちょっとTouringぽくないですよね。そのあたりが旧き良き時代のCarozzeriaの摩訶不思議です。Kookieさんのおっしゃる「この感覚」よく判ります(笑)

実はFruaもTouringもちょっと凝って先週末、調べた訳なんです。昨年、あるところでSotheby's at Ferrariの意訳をした際、かなり勉強致しまして・・ 詳しくなってしまいました。そして先週末、Touringの各s/nをみると、あのオークションカタログちょっと変だなぁと思った次第です(Sotheby'sって、ここ最近車は扱ってないのです)。
もう1本くらい、PFやってみますかね。

Posted by: marque | 2006.06.20 at 10:13

ジーっと見ていると、うちのスタッフが、
「この車って、昔のグロリアっぽいですね」
はぁ、ちがうんだよ!!まったくもう・・・

しかし、真似ているのかもしれない、
とふと思った私は、只今オフィスで皆と
酔っ払いです。

フリウラ最高♪
(荒らしではありません)


Posted by: 94’Ghibli | 2006.06.20 at 21:55

marqueさん はじめまして。

とある理由から2世代前のジャガーXJ6に乗る事になり
最近の車に無い佇まいと奥ゆかしさが案外自分好みなんだと気付き
次に欲しい車が新分野へとどんどん膨らみ出しました。

そんな中、頭の中でジャガーのそれに私が好む艶やかさと色っぽさを足していきましたら
私の勝手な解釈で不謹慎にもマセラティに繋がってしまったのです。

そこで色々と探索していましたらココに辿り着いた次第で
仕事中だと言うのに思わず読み更けってしまいました。

更新を楽しみにまたお邪魔させて頂きます。。。


追伸
2 Postiなる工場は岡田町ですか?
見覚えのある風景でしたのでつい・・・
もし正解でしたら数年前までその場所にあった工場に私も幾度と通っておりました。
当時の工場主は蒸発してしまいましたけど・・・

Posted by: eightman | 2006.06.21 at 00:06

94'Ghibliさん、酔っぱらってますね〜〜
よくわかりません。
特に 「フリウラ最高♪」????
解説願います。

eightmanさん、初めまして
2世代前のジャガーXJ6とは角目のですかね? 実はそのころのDD6にも憧れてます。もちろん最新は良いですが、あの頃のもいいでですね!
2 Postiの件、正解です。
その後、その隣町で営んでいたオーナーメカニックが、その場所に移ったようです。eightmanさんは、お近くですか?
実は私、その隣町にかれこれ7年居ました。

Posted by: marque | 2006.06.21 at 00:24

eightmanさん
どこかで耳に挟んだことあるような気がしていましたが、Inside8、時々拝見させて頂いております。
今後ともよろしくお願い致します。

Posted by: marque | 2006.06.21 at 00:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/10570250

Listed below are links to weblogs that reference 5000GT Touring:

« 5000GT Frua | Main | 5000GT PininFarina »