« Blue sky in the rainy season | Main | 2006 Greenwich Concours »

2006.06.11

IL TRIDENTE

Iltidente
先日行われたCornesFestivalの際に、アメリカを本拠地とし全世界にネットワークを広げるThe Maserati Club (TMC)の機関誌、IL TRIDENTEがMCJメンバーに配布された。
これはClub雑誌のため、一般の市場には出回らない類のものだが、これがかなり面白い! とくにMaseratiの生き字引と称されるErmano Cozza氏のインタビューが前号Vol46からの続きで掲載されている。若くしてMaserati racing teamの一員として働き、Maserati兄弟-Orsi-Citroen-DeTomaso-FIAT-Ferrari-AlfaRomeoと全てを経験した氏の語りは、私のようなTridenteフリークにはかなり壺に入る話題で楽しめるのであった。
内容も読み応えのあるものであったが、まず手渡されびっくりしたことに、表紙がもの凄くCoolなのである。MC12がトンネルの中を疾走する姿は、思わず「格好いい!」と語らずにはいれなかった。
そしてページ後半には、昨年秋のMCJイベント、Vintage Touringの報告も!
そんなこんなで、たのしく読ませてもらったのである。

これだけ充実した、そして読み応えのある機関誌を作成するTMCメンバーの情熱には感心する次第である。

|

« Blue sky in the rainy season | Main | 2006 Greenwich Concours »

Comments

こんにちは、突然ですがMCJ京都のメンバーです。marquさんとはコンコルソでお会いしました。多分Kookieでわたっていただけるかと思います。
遅れていたIL TRIDENTEが私のところにも近々届くということですね。楽しみにしてます。でもmarquさんはこのIL TRIDENTEが翻訳して読めるというのはすごいですね。
URLは、会社のHPのBlogを私物化してMaserati好きとして書いています。気が向けば覗いてください。marquさんやMCさんまたGhibli ssの方たちのようにマニアックではありませんが・・・

Posted by: Kookie | 2006.06.11 14:14

こんにちは、kookieさん、ご無沙汰しています。
IL TRIDENTE&PASSIONEの組み合わせでお届けと思われます。現在、Pは鋭意編集中のようです!
私も最近、あまりIL TRIDENTEみないな?と思って書棚を調べますと、ここ数年は年に1冊ペースなんですね。その分、IL NETTUNOに記事もシフトしているのではないでしょうか。私も完読は面倒なので、興味あるところを斜め読みくらいですね。
書棚をあさったついでにPASSIONE&monthlyをみてみると、こちらでもびっくり。ここ数年でかなりVolume Upしているんですね。
どうりで仕事が増える訳です(笑)

マニアックなPowerd da marchio di tridenteですが、幼稚な素人の戯言ですので、今後ともよろしくお願い致します。
blogのぞかせて頂きますね。

Posted by: marque | 2006.06.11 15:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IL TRIDENTE:

« Blue sky in the rainy season | Main | 2006 Greenwich Concours »