« V12 Flagship | Main | A fantastic one-two for the MC12s »

2006.07.04

Scaglietti by Pininfarina, Ken Okuyama

Ferrari612_sketch_1Ferrari612_sketch_3Ferrari612_sketch_2
先週末、612 Scagliettiを試乗してきたので、この話題でもうひとつ、デザインとその由来について。

何度も書いた事だが、デザインで賛否両論あるScaglietti、私的にはとても好意的にとらえている。もともとRoberto Rosselliniが所有した375MM Pininfarina Coupeをモチーフにしたといわれている、この車両自体、Ingrid Bergmanに捧げたクルマとして有名だが、SCGでみる限りそうではないらしい。それまで所有していた375MM Scagliettiを壊してしまい、その修理の間、Rosselliniが一時的に乗っていた車両で、実際にIngrid Bergmanが所有したという記録は全くないそうだ。それでもこのように語り継がれるのは、Roberto RosselliniのFerrariに対する愛情、そして世界中を巻き込んだIngrid Bergmanとのロマンスにあるのではないかと思われる。
当時の同じ375MM、私個人的にはPinifarina bodyのほうがmy favoritesであります。

話はそれてしまったが、一般に公表されている612のデザインスケッチ、日本人の奥山氏によるものであるが、なんと美しいことでしょうか? エレガントさを感じます。フロントからリアにかけて伸びる素晴らしいライン、フェンダー後部のえぐり、典型的なロングノーズ-ショートデッキ、本当に美しく思います。
これを車両に起こす際、技術的にフロントフェンダー後部のえぐりが奇麗に再現できなかったようで、フェンダーえぐりのエッジを更にきわ立たせ強調されれば、少々間延びした感じも消える。またバックライトもデザイン画はEnzoのように露出しているが、実際にはされていない。先日Villa d'Esteで発表された612PSKのように露出させると、もっと洗練されるのにと個人的に感じる(こんなこと言うと怒られてしまいますね)。このあたりが賛否両論ある理由でしょうか?
現在、re-designを行っているようなので、デザイン画に近づいた形で発表される事を期待したい!
Pfferrari375mmrossellini256x169
これが375MM Pininfarina Coupe
素敵ですね。

|

« V12 Flagship | Main | A fantastic one-two for the MC12s »

Comments

私も同感。Pininfarina Coupeのフロント周りの仕上がりが特に好きです。リトラクタブルライトなのでしょうか。ぱかっと開いたところのデザインも見てみたい気がします。Scaglietti Coupe Specialeのフロント周りよりも、ずっと未来的なデザイン。612がデビューを知ったときは本当に驚きました。

Posted by: 94’Ghibli | 2006.07.04 at 09:29

Scaglietti Coupe Specialは、やっぱりスカリオーネの香りがしますよね。250TR, AlfaRomeoBATなどなど・・
彼の作品も一目でわかります。

といいながらScaglietti Coupe Specialって、スカリオーネでしたっけ?(全く自信なし!)

Posted by: marque | 2006.07.06 at 17:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/10781846

Listed below are links to weblogs that reference Scaglietti by Pininfarina, Ken Okuyama:

« V12 Flagship | Main | A fantastic one-two for the MC12s »