« 久々の洗車 | Main | Wonderful weekend in Kita-karuizawa »

2006.11.05

待望のニューマシン

F
次回、東京世田谷GPのテーマは、GT部門とプロトタイプ部門のに分けて競われる。

メンバーの中で未だ所有車が330 P4、1台のみの私はGT部門の車両を準備しなければならない。当初、速さを求め現代のクルマ、Enzoを挙げてみたが敢えなく却下。皆、クラシックカー嗜好なので、60年代、70年代がメインのGTカーを選択しなければならない。
メンバーの中でTrideteフリークの方はGT車両として、Miura,、Porscheを所有し、3500GTを準備中! 私もmistralを探したが、やはりMaseratiというマニアックなブランド故、プラモデルを見つけることは出来なかった。
それ故、考えに考えた挙げく候補に残った車両は、カウンタックLP400
もしくは少々新しくF40!
私の嗜好からF40をGT部門車両として申請すると、渋々承認を頂き、今手元にやってきた。
このオリジナルボディー、どのように料理しますかね?


3301
3302

追伸
先日のGP後、帰宅しよーーーく観察すると、330 P4のフロントバンパーが2箇所破損、そして信じられないことに、左リアフェンダーが破損し無くなっています。いったい、どうやったらここまでなるの?

|

« 久々の洗車 | Main | Wonderful weekend in Kita-karuizawa »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 待望のニューマシン:

« 久々の洗車 | Main | Wonderful weekend in Kita-karuizawa »