« SCUDERIA FERRARI F2007 | Main | bicicletta »

2007.01.17

冬空の下 その2

Img_2858
実は先週末のツーリング、ちょっとしたハプニングがありました。
実は、2postiがオイルを噴いたのです。

それは、快晴のもと東名高速で港北PAへ向かう道中におこりました。
「今日は快晴で気持ちよく、クルマも調子いいなぁ〜」と呑気に思っていると、突然フロントのボンネットの隙間から白煙! バックミラーも白煙でボウボウ!(後ろにつかれていた方はさぞびっくりしたことでしょう。すいません)
しかし、エンジンの調子が悪い気配は感じず、計器に目をやると、特におかしなところはなし。ひとまず路肩にクルマを停め、ボンネットを開けるとエンジンブロックとヘッドの間からオイルが・・・・・。 
当初、ガスケットが飛んだのかと思ったが、冷却水に異常はなく、継続的に漏れている気配も感じない。ひとまず、再び運転席に腰を下ろし、目的地へ向かったのでありました。ツーリング中は気をつけていたものの、新たなオイル漏れはなく特に異常も感じません。

ツーリングの帰路、主治医に症状報告と対策のため、寄り道。
結局、原因ははっきりせず、そのままクリーニングの後、乗って帰ってきましたが・・・・

どうなのでしょうか? これも旧車の醍醐味? 笑いましょう。


追伸
主治医のところで、懐かしいQP IVと対面、つまり私が乗っていたQP IV!
やっぱりGandiniによる QP IVはいいですね。

|

« SCUDERIA FERRARI F2007 | Main | bicicletta »

Comments

ん~、何だか不気味なオイル噴出ですねぇ~
原因があっての結果だと思うのですが、、、、(謎)

でも、私の様にガソリンじゃなくて良かったですねっ!
雨の真冬、、たまたまラッキーで燃えませんでしたが、、
実はヘッドカバーの結晶塗装が剥離するほどに漏れてました・・

旧車は燃えますから・・・・、ご注意ください! (笑)

Posted by: tombo | 2007.01.17 at 17:20

tomboさん、こんにちは
最近、楽しみすぎているmarqueです。
高速でちょっと調子に乗ってしまったんですよね。高回転で負荷をかけすぎたようです。
ただオイル漏れはガスケット付近であることは確か・・。いつか対策せねばなりません。
主治医とは、「もう少し様子をみましょう」ということに!
周りの先輩は、「たまにはそんなことあるよ」と涼しい顔。小心者に旧車はつかれます。
ツーリングは楽しかったものの、「いつこわれるか?」という不安で、精神的疲労はかなりなものでした。

Posted by: marque | 2007.01.17 at 17:41

無事に帰路につかれたときはこちらもホッとしました。
私も何かと不安を覚えながらドライブしています。
堂々と乗りこなせるようになるまでは、
まだまだ当面時間がかかりそうです。

消化器一本、是非お持ち下さい♪

Posted by: 94'ghibli | 2007.01.17 at 18:19

不安を抱えてのドライブはよくないですね。肩こりマス(笑)
我々もまだまだ、初心者ですから。。。まだまだ情けないものです。

消化器、1本で大丈夫かな? もう1本くらい用意しておこうかな。

Posted by: marque | 2007.01.17 at 22:52

うーん謎ですね。
はっきりするまで不安でしょう。

とりあえずは、予備のオイル一本と消火器一本積んどきましょう。
誰かのフラミニアみたいに路肩で炎上という可能性は少ないと思いますが・・・

Posted by: cozi | 2007.01.18 at 11:57

そうなんです、謎なんです。
とばしていた事は事実なのですが、、、、

炎上しないこと、願っています。煙自体はオイルがエキゾーストにかかったためなのですが、、、う〜〜ン、謎です。

Posted by: marque | 2007.01.18 at 15:14

寒い内はエキマニにオイルがかかっても燃えませんよ!(多分)
私もCo2消火器を調達しようと模索しております。粉末消火器は消化後が大変らしいので・・・・

最近では、ストレスを感じるクルマ遊びって何なの~?? と自問自答しております。。

Posted by: tombo | 2007.01.18 at 22:25

CO2消化器いいですね。私にもご教授下さい。
ストレスの感じる車選び>それも車の楽しみ方だったりする。
ただ共感してくれる人は少ないように思います。

Posted by: marque | 2007.01.18 at 22:55

二酸化炭素消火器でgoogleと沢山でてきますが、
http://www.gear-m.co.jp/bousai/lineup/lineup09.html
あたりが老舗かな~と思ってます。

Posted by: tombo | 2007.01.19 at 13:08

う〜〜ん、結構たかいですね。
普通の消化器なら、もっと安いのに・・・・
お知らせいただきどうもです。Grazie mille!!

Posted by: marque | 2007.01.19 at 16:50

高いのですが、もしもの時のその後が・・・・
友人のDinoがキャブの吹き返しでエアフィルターに着火したことがありまして・・。
さいわい、ガレージ前だったので常備していた粉末消火器で直ぐに消し止められたのですが、
その後のキャブを含めたお掃除には大変な出費だったみたいです。。。

おまけに、一度噴出しだすと止められないタイプだったらしく、、付近一帯がピンクの粉で薄化粧・・・
誰かが119番して消防車まで・・・

実売価格はもう少し安いと思いますよ~

Posted by: tombo | 2007.01.19 at 17:32

そうですね、もしもの時の保険ですからね!
車両保険に比べればやすいものですね。
私も購入致します。

Posted by: marque | 2007.01.19 at 18:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/13494246

Listed below are links to weblogs that reference 冬空の下 その2:

« SCUDERIA FERRARI F2007 | Main | bicicletta »