« やっぱこれでしょ! | Main | 冬空の下 »

2007.01.14

high speed driving

32000701122_1
金曜日、東京世田谷GPの帰路、3200GTを運転してもらいました。
その方は、若い頃からサーキットを走られ、自身もCoupe GT、6MTに乗られている自動車愛好家。

私は助手席に座り、high speed driveを満喫することに!

はっきりいいまして、私の3200GTは普段レーシングスピリットを感じさせるようなドライブをされず少々欲求不満気味。そんな方にドライブして頂くとなっては、
このクルマの真のポテンシャルを知るにはとてもよい機会。
助手席に座ってすぐ、3200GTに魂が宿り、活き活きと動きだします。獰猛なエキゾーストサウンドを奏で、素晴らしく軽快に身をこなし、4輪の接地感、滑り感を助手席から堪能。
運転する者かわると、クルマも激変します。

Maseratiのポテンシャルの高さを体感した夜となりました。

|

« やっぱこれでしょ! | Main | 冬空の下 »

Comments

私も3200GTが好きで運転させてもらった事がありますが、
やっぱり人のクルマなのでそこまでスピードは出せませんでした。
オーナーの運転で250キロの世界を体験しました。
異次元の空間で最高でした。
関係ないけど、私の携帯番号の末尾は3200です。
もちろん3200GTを意識してですよ☆

Posted by: yuqui | 2007.01.14 at 23:15

yuquiさん、おはようございます。
3200GTでの異次元体験凄いですね。私も体験したいものです。
あとはアクセルレスポンスさえ、普通なら最高なのですが・・・

Posted by: marque | 2007.01.15 at 08:24

marqueさん ご無沙汰しております。

私も昨年末、3200GTとXJSv12とで気持ちが行ったり来たりしとりまして
全然趣向の違う車だけに最後の最後まで悩んだんですが
結局あの12気筒は今しか乗れないと思いジャガーにしちゃいました。。。
しかし、今でも街で3200GTを見掛けるあのカッコ良さに目を奪われてしまいます。

先日、私がジャガーを買ったお店で、'71 ギブリ スパイダーを見せてもらいました。
36年前のクルマとは思えないほどイイ状態のギブリでした。
RHDは、世界で1ケタ台と貴重なクルマとの事で久しぶりに目の保養になりましたデス。

http://www.widsjapan.com/used/used.html

Posted by: 8man | 2007.01.15 at 10:48

人の車で遊ばさせていただいちゃいました。
ありがとうございました。

4200とは違った軽快感があり、3200の良さを改めて実感しました。
惜しむらくは靴がもう少し細ければ・・・

でもこの日はモデルカーと実車で二回楽しめました。

Posted by: cozi | 2007.01.15 at 11:01

8manさん
ごぶさたですね。XJS V12はblog拝見させて頂いておりました。とても通な選択で、気持ちは共感致します。本物のJaguar製V12ですから!! 楽しまれてくださいね! XJSはETCでも走っていましたが、クルマの性格的にも、乗れば心が大らかになれそうですね〜。
ところで・・・・
RHDのGhibli Spyder、丁度昨日、我々Maseratistaの間で話がでた個体です。偶然ですね。
写真は初めて拝見致しました。ありがとうございます。

coziさん
こちらも楽しめました。
当日の問題は、シューズでしたね。
しかし、1/24と1/1、お互いクルマ趣味楽しみすぎですね(笑)

Posted by: marque | 2007.01.15 at 11:47

お互い遊び過ぎないように気をつけましょう。

Posted by: cozi | 2007.01.15 at 12:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/13475401

Listed below are links to weblogs that reference high speed driving:

« やっぱこれでしょ! | Main | 冬空の下 »