« 安さにつられ・・・ | Main | マニアとフツウのはざま »

2007.01.22

QP V Automatica

3_serp_g
Detroitで正式デビューを飾ったQuattroporte Automatica、最初の70台がModenaを後にしたようだ。

これはヨーロッパ諸国のディーラーへの受け渡しの一貫として行われたイベント、さすがにModenaのPizza Grandeにこれだけ並ぶと壮観である。
ところで、QP Automaticaはトルクコンバーター式トランスミッション搭載にあたりエンジン直後にミッションを置いているようだ。トランスアクセルだったDuoSelectと比べて、大きな変更がされている。それだけの投資をしてでも、Automaticaを世界で販売していこうという力強いメークスからのメッセージであろう。
(写真はMaserati.comより転載)

|

« 安さにつられ・・・ | Main | マニアとフツウのはざま »

Comments

こちらでは初めまして。
よろしく(^_^)vです。
Quattroporte V ATは、MDSのドライサンプとは違い、ウェットサンプになっているそうです。
これはトランスミッションの位置変更に伴う、やむを得ない措置の様で...。
恐らく、その為にヘッドも赤→青に変更されたんじゃないかなぁ...と勝手に解釈しています。
そうは言っても、MDS程ではないけれどATモデルでもF:Rのバランスは未だにR加重になっている...と聞いていますが、どうなんだろう?

Posted by: ghie | 2007.01.22 19:29

ghieさん、はじまして
ちょっと驚きました。
ウェットサンプとは、、、、ミッション位置の変更も含め、もの凄い変化なんですね。
エンジン特性も変化しているのでしょうね〜
しかし、このクラスを好む方達は、やはりトルコンATでないとダメなのですね・・
個人的には、Campiocorasaですが!
たしかATでも、41:51ではなかったかな?

Posted by: marque | 2007.01.22 22:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference QP V Automatica:

« 安さにつられ・・・ | Main | マニアとフツウのはざま »