« 転換期 | Main | DOUMOの脇に・・・ »

2007.04.06

驚き

013_1

ミラノ・マルペンサ空港で私を待ってくれていたのは、Lanciaの旗艦、Thesisでありました。

ただし、日本のThesisと大きく異なるのはディーゼルであったこと。ヨーロッパではMB, BMWのSクラス、7シリーズにもディーゼルが用意されるのは当然のこと、Thesisにも当然の如くディーゼルが存在します。
イタリアの旗艦がお迎えとなって気分悪いはずがありません。新たな地で意気揚々と後部座席に腰を下ろし、ミラノの街へ出発!!

そこには驚きがありました。
1) AT
MTが主流なイタリアなのに、高級車とはいえイタリア車なのに・・AT
2) 素晴らしいディーゼルエンジン
今まで小排気量ディーゼルエンジンばかり体験した私にとって、出来は良いが高回転まで回らないエンジンは少々もの足りず、峠ですぐオーバーレブしそうになります。つまりディーゼルにはエンジンが回る時の心の高ぶりを感じられない。ところが、今回は高級車ゆえ、ディーゼルエンジンの低回転時のマナー、その素晴らしさに感動
3) 絶妙なATとの組み合わせ
ATの組み合わせが、ディーゼルエンジンの良さを協調させ、そのフィールは本当に素晴らしい。
4) アルカンタラのシートがまた素晴らしい!
そんな単純な驚きでしたが、ディーゼルエンジンへの印象がガラッと変わりました。
やはり食わず嫌いはいけませんね。

|

« 転換期 | Main | DOUMOの脇に・・・ »

Comments

そろそろ更新しなければね〜〜!
ただし、ミラノでは未だネタ無しです。

Posted by: marque | 2007.04.06 at 06:02

LANCIAもいいでしょ?フラウに車の内装をやらせたのはLANCIAですからねぇ。THESISもマセのV8が載れば欲しいです。
マセラティ・クーペはイタリアでも殆どカンビオコルサですよ、GTは殆ど無いです。

イタリアは自分の日本の車を持ち込もうとすると、その車の新車価格と同じ値段の税金を課すらしいですね、中田選手が右ハンドルしか運転できないというので、日本で持っていた右ハンドルのポルシェを持ち込もうとしたら余りに税金が大変なので諦めたというのがあったらしいです。

Posted by: たか | 2007.04.06 at 14:27

Thesisよかったですね〜〜、安楽なAirport Limousineでした。
クルマのお話、ゲッ!! そうですか・・ ほとんど不可能なお話ですね。。 

Posted by: marque | 2007.04.06 at 22:50

こんばんわ。大変ご無沙汰しております。
ついに行ってしまわれたのですね~。色々とお世話になりました。
marqueさんとの出会い=2ndビトルボツーリングを思い出します。「あのスゲエBlogを書いているのはコノ人だったのかーっ!」でした。
そちらでも楽しく過ごされることでしょうし、DAYには帰ってくるわけですから(?)、また楽しいお話が沢山聞けることですし・・・
それはそうと、その日光の写真ヨカッタですね~。思わずプリントしまくってしまいました。
高速道路を走行中のクルマをよくもまー見事におさめたものです。天晴!だって窓から尻まで出てましたもんね。命懸け報道カメラマンのようでした^^
私もがんばって更新します(←すっかりサボリグセが身につきました)

Posted by: eiji | 2007.04.06 at 23:45

どうもご無沙汰してます。eijiさん
Biturboツーリング楽しかったですね〜。
写真撮影になると余計に飛ばすんだから!!>皆さん、タチが悪いです(笑)
また日光の写真はプロの撮影で勉強になりました。こちらでも暇ができたら写真撮りに行きたいですね。(実はイースターの週末で、全てがストップして暇なんですけどね。)

Posted by: marque | 2007.04.07 at 17:02

イタリア特派員開始ですね。
楽しみにしています。

EUはディーゼルばかりですね。生活用の車と趣味の車がはっきり分かれているようですが、日本もハイブリッドなどでそうなって行ってしまうのでしょうかね?

Posted by: cozi | 2007.04.08 at 12:53

coziさん
クルマ関係のイベントに出かけたり、またクルマな友を見つけないとちょっと辛い・・・ですね。
LeMansもディーゼルが走る現在、レースの世界にも波が来るのでしょうか?
悪夢じゃ・・・!!

Posted by: marque | 2007.04.09 at 02:59

パワーフルな車に慣れてしまうと、バランスが良くてとか上品でとか、何かないとただトロい車はつまらないですね。小さな車は便利ですが、単なる生活道具で愛着が湧くようなものは中々無いですよね。

Posted by: cozi | 2007.04.09 at 12:07

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/14574776

Listed below are links to weblogs that reference 驚き:

« 転換期 | Main | DOUMOの脇に・・・ »