« Villaの芝生から | Main | 不思議なConcorso »

2007.04.25

Villaの芝生のTridente

最後はこのblogのコンセプト通り、Maseratiから。
今年、会場内には出展車が3台、デモカーが1台と合計4台展示されていました。

Img_3984sMaserati A6G2000 Zagato
MaseratiA6Gの中でも一番多いZagato、素晴らしく綺麗に仕上げられており素晴らしかった。
Img_3885s言わずとしれたGS Zagatoのオリジナルです。

Img_4030sさて次は群と新しくなり
Maserati MC12Corsa かな?
とんでもなくリアのオーバーハングが延長され、周りはカーボンだらけのディフューザー、リアウイングと迫力満点。
Img_4038sそれでいて恐ろしいのは、ナンバーが付いているところです。まったくどこでこんなレーシングカーを乗るんだろうか?
それにしても大きなギアボックス、デフが大胆に露出しています。

Img_3873sGhibli SS Spyder
大変人気の高いGhibliの中でも、稀少なSpyder
側にはCarozzeria Candini親子がおりましたので、彼らによるレストア作品。色も淡いメタリックグリーンでとても優雅。

Img_3895sAlfaRomeo 6C 1750 GS
戦前のAlfa 6Cは他にもボディーが異なり4台。同じシャシーにもかかわらず、様々なスタイリングなのは、戦前の真骨頂。
全てのクルマがピカピカ!!

Img_3927sAstonMartin DB4 C と DB4 GT Zagato
同じDB4でもTouringとZagatoではこんなにも異なる。
指定の位置に並べる前、仲良く庭園の真ん中でDuoとなり撮影会。
Zagatoのラインは流麗。

そんなこんなでVillaの庭園を満喫した先週末でありました。

|

« Villaの芝生から | Main | 不思議なConcorso »

Comments

すごい!すごい!すごい!本物が見たい!
いいなぁ、Maserati。

Posted by: なかむ〜 | 2007.04.25 at 21:03

羨ましすぎてコメントできません!
車文化のレベルが違いすぎますよねぇ~

Posted by: tombo | 2007.04.25 at 22:01

うー凄すぎ!!!
marqueさん、羨ましいっす。
イタリア。。。行ってみた~い♪

Posted by: hiro | 2007.04.25 at 23:41

なかむ〜さん、tomboさん、hiroさん
本当、クルマ文化の違いは大きいですね。ただ不思議なのは特にヨーロッパは小さくて汚れ放題の車ばかりなのに・・・面白い。
春のイタリア(Mille MIglia, Villa d'Este)と、夏のCalifornia MontereyはMustですよ!
特にMontereyはクルマ趣味人にとって最高の週末、数人で旅したいです。金・土・日、夜はオークションと全て満喫できます。ただ問題なのは家族同伴の場合、白い目でみられること。その点、イタリアの方が食事やほかの楽しみが味わえるかもしれません。
2005, 2006のフォトアルバム追加しました。お楽しみ下さい!!

Posted by: marque | 2007.04.26 at 01:48

何て素敵なイベント!
香しい緑の中、麗しいクルマ達。。。

羨まし過ぎです!

淡いメタリックのギブリスパイダー、カッコいい〜〜!!

Posted by: yuqui | 2007.04.29 at 00:19

yuquiさん
ご無沙汰です。是非、イベントを理由に遊びに来てください。
皆で一緒に行きましょう〜。楽しいですよ。。

Posted by: marque | 2007.04.29 at 03:04

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/14829540

Listed below are links to weblogs that reference Villaの芝生のTridente:

« Villaの芝生から | Main | 不思議なConcorso »