« Behind 5.619 sec in Monza | Main | 60 anni Ferrari Concours d'Elegance »

2007.06.28

Fighting Bull

Dscf0126s

今日は珍しいイタリアの切手を紹介しましょう。
私自身は筆不精なのですが、妻が手紙と切手が好きでして・・
たまたま日本へ手紙を出すのに0.85ユーロの切手を買ったら、Lamborghiniの切手が出てきた。有り難いことに私を驚かせるために購入してきてくれました。
「そういえばこの切手、コメントをくださるKookieさんがblog上で話題にされていたなぁ」と思いながら、「これが実物か!なかなか格好いい!」と感じました。

一方、日本では好きな写真で切手を作ることが出来ると聞きます。私もいずれBestShotPictureで切手でも作ろう!と思いを巡らせます。


ところで、ほかにもイタリアらしい切手、トスカーナの避暑地、ジェラート、インテルの優勝記念、とくに最後はイタリアらしい。

|

« Behind 5.619 sec in Monza | Main | 60 anni Ferrari Concours d'Elegance »

Comments

Ciao! Seg.marque!
Kanari kono Lambo no Kitte ni kyoumi arimasu.
Lambo no kuruma ja nakute Symbol Marque ga design sarete iru no desune?
Kondo gokikoku no sai ni 1-mai onegai simasu.(smile)

Boku wa QP no Kitte wo tukuri masitaga , kondo wa MCJ de Maserati no kitte wo kikaku simasyou!!
Iroiro na Maserati ga atte omosiroi to omoimasukedo.

Italy de te ni ireru Lambo no Kitte, urayamasii kagiri desu!

Posted by: Architect | 2007.06.28 at 20:47

ご主人思いの素敵な奥様ですね!
喜んでくれるのが、奥様はうれしいのだと思いますよ!
本場イタリアでのMaserati切手見つけてください!

Posted by: Kookie | 2007.06.28 at 20:52

Architectさん
リーフレットのようなかたちで、パンフレット付きのものをあるようです。
高かったらしいですが・・・・・・
Architectさん、QP切手つくられていましたよね。使われていますか?反応は如何ですか? あの記事をよみMCJ切手なんて面白いな!と私も感じました。
やりましょう〜〜〜。

Kookieさん
現在のところ、Maserati切手は発見できておりません。Ferrariの古いのはあるようですよ。妻曰く、私の秘密の切手屋さんだそうです。

Posted by: marque | 2007.06.29 at 03:02

ご無沙汰です!
なかなか趣味心をくすぐる切手ですね。
日本の切手もオリジナル作成出来るようになって、
私もいつかMaseratiオリジナル切手を作ろうかと
おもいつつなかなか絵になる画像が無く・・・
プロの方に撮って頂いたのを切手にしてしまっても
なんだか著作権で心に引っかかるしで、
結局そのままです。


Posted by: acero | 2007.06.29 at 22:26

aceroさん
ご無沙汰してます。切手もMaseratiが絡むともうだめですね、重症なaceroさん。。。
あまり手を広げすぎないようにね!!

プロに頼まなくても素晴らしい写真とれますよ〜〜〜。かなり確率は低いですが。。。
だからたくさん撮影するしか道はありません、撮りまくれ〜〜。
こればっかりは自己満足の世界ですから。まあ、これも楽しい。

Posted by: marque | 2007.06.30 at 01:08

marqueさんのBlogで牛の話題って珍しいですよね。実はランボもいけるくちですかー。
私は幼少の頃、カウンタックかBBかみたいな時代があって(あったかそんな時代?)断然ランボ派でしたので、実は結構ランボ好きだったりします。それにしても最近のカウンタック、ミウラの高騰はすごいみたいですね。

Posted by: eiji | 2007.06.30 at 01:38

そんなことありません。
実はSantagataは私の憧れの聖地のひとつです。
幼少のころありましたね、そんな時代が! 白状してしまいますと、BB or Countach、もちろん後者でした。ただとる年とともに嗜好も変化し、現在はTrident派という訳です。実はFも大好きなんですけどね。
ちなみに私がたどり着いた嗜好in Lamboは、Miuraよりも古い350GT, 400GTなんです。現代ならコンパクト、そして激過激なGallardo大好きですよ。我がまま言わせてもらうと、Concept Sがお気に入りです。
はやく訪ねなきゃ。

Posted by: marque | 2007.06.30 at 05:34

ランボの話題ですが、今年3月、350GTVを見る機会に恵まれました。その350GTVはオーナーの手によりエンジンが搭載されていました。
余談ですが、日本は世界中で一番ランボがある国だそうです。
(本国にないモデルも日本にはあるそうで、ディアブロ・イオタGTRは3台とも日本にあります)

Posted by: イノウエ | 2007.08.18 at 19:43

羨ましいです。
あの素晴らしいスタイリングも格別ですね。350GTVは1963年のTurin Motor Showデビューで、Maserati Mistralと同じだから、私にとっても凄く覚えやすいのです。
たしかショーはエンジンレスでしたね。スペースの関係かなにかで・・・・
現在は自走できるのですね!驚き〜〜!その情熱に脱帽です。
私も350GTZは拝見したことありますが、個人的には断然GTVです。

日本が一番って本当ですか??
アメリカじゃなくて!!Lamboは、OrangeCountyやMontereyとかでは凄いことになってますよ。知らなかったなぁ〜〜、それも驚きです。

Posted by: marque | 2007.08.18 at 21:11

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/15571710

Listed below are links to weblogs that reference Fighting Bull:

« Behind 5.619 sec in Monza | Main | 60 anni Ferrari Concours d'Elegance »