« Road Show | Main | 2POSTI e 4PORTE »

2007.06.17

石畳

Dscf0101s

ここヨーロッパでは石畳が多い。

ドライブしていても、突然バタバタともの凄い振動とともに石畳の上を走っていることを実感するし、歩道から眺めていても、ドタバタと動くタイヤをサスペンションと車体が受け止めている姿をよく目にする。
こんな道を毎日走っていると、クルマもそりゃ痛むよね。ボディー剛性が高くなきゃ駄目だということがよくわかる。一昔前、ヨーロッパ車はしっかりしていて、日本車はふにゃふにゃなんて形容された時期があった。もちろんしっかりしたことにはこしたことがないが、日欧のクルマの違いって環境によるものが大きいのでは? ヨーロッパ車がダートを走っていると同然な石畳に鍛えられれば、その結果、当然のごとくしっかりしたボディーが出来上がる訳だ。対して日本はすばらしく整備された道ばかり。クルマに対する環境・文化の違いから生まれてくる差だったのでは?と思う。

視点を変えヨーロッパ車の中で比較すると、ドイツ車がしっかりしたクルマの代表、対してイタリア・フランスのラテン車が柔らかい代表になるのだが・・・・ これって、どこから生まれてくるのであろうか?やはり、アウトバーン? しかし、イタリアだってスピード天国度は結構なもの、山だって多く存在する。しかし実際にドライブしてみると、ドイツ車とラテン車のボディーの差は歴然としているのだ。ラテンのクルマはボディー自体がサスペンションなのか?

話はそれてしまいましたが、石畳、クルマに限らず人間も石畳の上を歩くと疲れます。風情はありますが・・・・・

|

« Road Show | Main | 2POSTI e 4PORTE »

Comments

marqueさん、いつもいつも素敵なレポート、ありがとうございます。
画を切り取る視点と言い、文章と言い、ホント素敵です。

でぇ、石畳。
以前から思っていた事ですが、やはり欧州車の生まれ育った環境、高速走行・石畳・グランドツーリング...等々が今の彼の地のクルマを決定付けていると。
ただ、その同じ欧州車の中でもお国柄、って言うのかなぁ?...違いが出るのでしょうね。

Posted by: ghie | 2007.06.18 at 00:23

こんばんは。
シトロエンのハイドロ・サスペンションを創り上げたのも
この石畳と聞いています。
スカイフック・サスペンションのような、乗り心地らしいですね。
環境による車の変化として、電気系、オーバーヒートしにくい
日本車というのも、日本の風土による物らしいですね。

Posted by: Indy | 2007.06.18 at 03:22

ghieさん、こんにちは
まず一言。
いよいよですね〜〜!! 今週は落ち着かない1週間になりそうですね。
ヨーロッパの高速は極めて平均速度が高いですからね。MaseratiなどのGTが本領発揮できる環境かも。
これはまじめな性格のドイツ人、楽しいラテン人、まじめだけど面白みに欠ける日本人、すべてクルマに当てはまってます。お国柄=パーソナリィー?
こちらではイベントがありすぎて、取捨選択に悩みます。先週末はFerrari60周年のストリートサーキットイベント、Maseratiではあの450Sを始め7台も出場するイベントがありましたが、お疲れ気味でともに欠席。
久々に週末はゆっくりしました。おかげさまでF1満喫です。

Indyさん
石畳が生んだハイドロ!気づきませんでした。
さすが!!ハイドロオーナーなら視点も異なりますね。
指摘されるとそうですね→日本車。
湿度高い、梅雨、暑い。このあたりの対策は万全ですね。大してヨーロッパ車はこのあたりの容量がどしても不足している。これぞ!環境が生んだ大きな産物ですね。

Posted by: marque | 2007.06.18 at 04:17

marqueさん
はい、確かにハイドロ・オーナーですがアンチです。
サスもハイドロではありません。ブレーキのみです。
あまり細かく書くと、C統のオーナーに叱られますので
コメントは控えます。
生まれた国の車は、その国の環境に適合しているんですね。
そのうち世界基準の環境適合車というのができるんでしょうか?
その昔、地球の果てまで走れる車というコンセプトで
ポルシェ959なる車もありましが、4500万くらいでしたか・・・
世界環境基準適合車は、いったいいくら位になるのでしょう?

Posted by: Indy | 2007.06.19 at 00:27

Indyさん
あ〜〜そうでしたか。。。勉強不足ですいません。
ブレーキだけでしたか。逆にトラブルの要因が少なくてよいかも(失礼)
世界環境基準適合車、私は欲しくないかも。。
面白みのない機械的なクルマのように感じます。それよりは欠点があるくらいの方が楽しいかな!?←マニアです(笑)

Posted by: marque | 2007.06.19 at 07:06

Ciao! Seg.marque
Honto ni utukushii matinami desu.
Isi-datami ga sono rekisi wo kanji sasete kuremasune!
Tokorode kono Isi-datami demo Maserati ya Ferrari wa Hasiru no desuka?
Tokyo demo QP dewa sakete simai masune!(smile)

Posted by: Architect | 2007.06.21 at 12:59

Architectさん
私も雰囲気があるのではないか!と思うのですが、イタリア人に言わせるとMilanoの街並は、戦後のものばかりなので美しくないそうです。やはり彼らは田舎の伝統的な古い街並がお好みみたいですよ。
こんな道でももちろんMaserati, Ferrariも走ります。普通に街の大きな幹線道路でも突然、石畳になっているところがあるんですよね〜〜。
たしかにQP IVでは避けたくなる気持ちわかりますね。私はもっと緩い前期型に乗っていましたから(笑)

Posted by: marque | 2007.06.21 at 18:47

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/15458385

Listed below are links to weblogs that reference 石畳:

« Road Show | Main | 2POSTI e 4PORTE »