« S. Peregrinoへ | Main | 石畳 »

2007.06.14

Road Show

Img_5172s
 New Maserati Coupe, GranTurismo

 先週、Romaをかわきりに顧客へのPresentation、RoadShowが始まった。今週はそのRoadShowがMilanoにやってきたことから、私もお邪魔してきた。

 仕事を終え、Milanoの中心地からほど近いArea56へ向かう。受付を済ませ、往年のモチーフ=A6GCS Pininfarina, 250Fが流れるビデオゾーン、そしてGranTurismoのロゴが散りばめられたフロアへの入り口をくぐると、そこにはMaseratiブルーのライトに照らされた白いベール。その下にはGranTurisomoが鎮座していることを想像させる。アテンダントから手渡されたスプマンテを手に取り、心を落ち着かせるため深呼吸する。

Img_5151s
 ところが、改めて周りをみると、そこにはBirdcage75,が飾られている。落ち着かせるどころかその時点で私は完璧にノックアウト。思えばBirdcage75は奥山氏がチーフだった頃、JasonCastriota氏によって生み出された作品。氏はこれで一躍有名になった。そしてGranTurismoはそのJasonCastriota氏の作品、本人も「Birdcage75のエッセンスを取り入れた」という。これで同じ会場に飾られているのも納得がいく。写真では何度も拝見したが、実際にじっくりと眺め、そのエレガントさに改めて感動した。
 フロアを一通り見た頃、急に照明が落ち発表に相応しい音楽がスタートする。間もなく白いベールが上がり、GranTourismoが私の目の前に現れた。格好いい! クール、エレガント、アグレッシブ、全ての言葉が当てはまる。一瞬にして虜になってしまった。と同時にMaserati SpA CEO, Roberto Ronchi氏のスピーチが始まる。スピーチの終了と同時に参加者全員がGranTurismoを取り囲み、クルマを眺め歓談、すでに参加者全員の心をとらえたよう。会場に飾られていたせいか大きくなったサイズも特に気にならない。私も運転席におさまり、時計など、これまでのモデルとの違い驚きながら楽しんだ。

 なんと素晴らしい発表なのか?こんなイタリアが心の底から羨ましくなった。

|

« S. Peregrinoへ | Main | 石畳 »

Comments

ずっとイタリアに居るじゃないですか~。
私たちより遥かにイタリアに接近しているMarqueさんがもっと羨ましいです。

Posted by: RYU | 2007.06.14 at 08:35

Ciao! Seg.marque!
Urayamasii.
Italy dewa maisyu Maserati Event ga aru kanji desune.
Sore wo tanosimarete iru marque san ga urayamasii desu.
GranTurismo, yappari kakko yosaso desune.
Seg.JasonCastriota no design nanodesune. Tyumoku simasu.
Senjitu CS-TV de tamatama Birdcage75 ga soukou siteiru yousu ga houei saretemasita. TV ni kugiduke ! (smile)

Posted by: Architect | 2007.06.14 at 11:26

羨ましい限りです。
私も、イタリアで見てみたいです。

Birdcage75って本当に走るんですね!
モックかと思っていました。
本当に羨ましい!

Posted by: Indy | 2007.06.14 at 13:13

羨ましい限りです。
私も、イタリアで見てみたいです。

Birdcage75って本当に走るんですね!
モックかと思っていました。
本当に羨ましい!

Posted by: Indy | 2007.06.14 at 13:15

良いですねぇ、イタリアの演出!
日本の発表の何倍も感動はでかいでしょうね。

なんか日記が羨ましすぎて、医学の研究に行かれてるとは想像しがたいのですが・・笑

Posted by: Taka | 2007.06.14 at 20:43

今年の夏もイタリアに行くことになりました。こんなすばらしい体験はできそうにありませんが…。

Posted by: やす Lotus 340R | 2007.06.15 at 01:05

RYUさん
こんばんは。イタリア在ですが期間限定ですから・・・、客観的にも私はやはり日本の目ですね。

Architectさん
クルマ文化が異なるのか、毎週のように大きなイベント、小さなイベントと様々あります。本当に驚くくらい!! Maseratiだけでなく、今年はFerrariの60周年なので尚更イベントが多く感じますね。昨年は知りませんが・・・・(笑)
Birdcage75はもともとMC12が元になっていますからね。昨年か一昨年、Goodwood Festival of Speedで前CEOのKalbfel氏が走らせました。

Indyさん
本当に素晴らしいデザインですね。Birdcage!! (GTがトッピクでしたが、、トピずれ?)
GTも見慣れてきたせいもあり、かなり格好いいです。

Takaさん
イタリアに限らず、欧米の演出は素晴らしいですね。
Takaさん、ご存知でしょうがMilanoといっても綺麗なところから、汚い所まであります。よってこのGapがなかなかいいですね。
そして母国での発表会がこんなにも(文化的に)贅沢とは! 正直、これがイタリア式な普通だと思うのですが、あまりにもの違いに驚いています。まあ適当さという文化の違いにも相当驚いていますが。。。
一応、言い訳しますと、クルマは全て趣味で週末とAfter5です。
ここヨーロッパでは日本と異なり、全ての人が比較的ゆったり仕事をこなし、夕方には帰路につきます。おかげで時間的には日本よりも、大幅にゆとりを感じています。もちろん週末は完全オフ(日本で週末も働いていた私はかなり嬉しい)。もともとBlogも、ありのままのクルマ生活レポートで、自分がどれほどバカでクルマに時間を割いているのか?というコンセプトで始めました。その間に、私自身がイタリアに渡ることになり、クルマ趣味に関してはレポート的状態と化しています。あまりにも趣味人には贅沢な環境ゆえ、いろいろ思われる面もあるかと思いますが、楽しみにしてくださる方がいるのなら、そのままレポートしてみよう!という初期のコンセプトで書いています。長くなってしまいましたが、仕事もちろんやってますよ〜〜。
という訳で、今後ともよろしくお願いいたします。
Takaさん仕事でいらした際は、声をかけてください〜。

やすLotus340Rさん
今年もイタリアですか!楽しみですね。クルマイベントも目的であれば、探せば何かあるかもしれませんね。お近くにいらっしゃる機会がありましたら、声をおかけください。

Posted by: marque | 2007.06.15 at 05:27

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/15427864

Listed below are links to weblogs that reference Road Show:

« S. Peregrinoへ | Main | 石畳 »