« 日本から | Main | 2°TROFEO MASERATI CLUBから »

2007.06.04

またまたToscana

Dscf0029s
この一週間、仕事でToscanaにいました!

最高のロケーションながら、天気が今一、正直かなり寒かった。
しかし、道路とその雰囲気は最高、再び丘陵地帯を駆け巡ったのであります。
唯一例外は、Toscanaなのに食事がイマイチ! 昼・夜とイマイチなイタリア料理を食べ続けることには カ・ナ・リ 参りました。
食事がその時の印象に大きく影響を与えることを身をもって体感。

今回のクルマはレンタカーでもなく、同僚のクルマ。
シートに座った瞬間から「結構ヤレテいるな〜」と思ったのですが、メーターをみると、なんと素行距離18万キロ! クルマに興味のないイタリア人(=私の同僚)が大きなメンテをしているはずもなく、ダンパーは抜け抜け、あまり元気がない。
こんなことを言うと同僚に怒られてしまいますが、いつも新車同様なレンタカーのありがたさを身をもって体験したのです。やっぱり新しいクルマはクルマ本来の性能を発揮し心地よい。

私の愛車は、今年で43歳!老いずいつも新車の性能を発揮できるようメンテしてあげなければと思った瞬間でありました。

|

« 日本から | Main | 2°TROFEO MASERATI CLUBから »

Comments

こんにちは。
予期も悪きも満喫されているようですね。
観光で行って『不味かった』では無念でしょうけど、
何しろ暮らしているわけですから悪き部分もサラッと笑い飛ばせる。
リアルなレポート、これからも楽しみにしてますよ~(^^)

Posted by: acero | 2007.06.04 at 17:49

ごぶさたしております べべらです。たのしく拝見させていただいております。ちょっとだけ気になりコメントします。イタリア人がクルマに興味がないという部分です。marqueさんの実体験による貴重な感想だと思われますがホントですか?ヒジョーにさびしく感じました。イタリア人の感性に共鳴しドカやマセを敬愛してきましたがそれは一部のフリークのみの思い込みなのでしょうか?イタリアにおけるマセやドカは単なるセールスのための幻想なのでしょうか?

Posted by: B | 2007.06.04 at 23:41

Aceroさん
満喫というよりは・・・
出張を面白くユーモアにレポートしたといった具合でっす。
正直、トスカーナでこんなところあるの? と周りの方も言っておりました。お陰で帰宅後、その足で中華街に参りましたよ!!

Bさん
舌足らずでした。
”イタリア人がクルマに興味がない”は、そんなことありません。もちろん大好きです。
ただ日本と同じく、クルマに興味のある日本人とクルマに興味のない日本人がいるように、イタリア人でも興味のない人はたくさんいます。
私の同僚は、たまたまクルマに興味のないイタリア人だったという訳です。
これでOK??
ところで・・・Merakは如何ですか???進んでいます?


<雑談1>
昨日、ちょっと質問があったのでFerrariStoreを訪れた際、「おまえは何乗ってるの?」って、聞かれました。悔しくも「残念ながらFerrariは持ってない!」と正直に答えましたよ〜〜〜。その次には「俺はスクーターだけどなっ!」て返されましたがっ。
<雑談2>
クラッシュしたPC、10日間の放置(正確には出張で触らなかっただけ)を経ても復活しなかったのですが、今日、突然正常に動き出しました。I dont know why?
同僚には「Vacationが必要だったんだよ!」と言われる始末。PCもイタリア化してしまったようです。何でだろ・・・・? 結果オーライだからいいのですが。
<教訓>
バックアップは頻繁に!! 冷や汗かきました。

Posted by: marque | 2007.06.05 at 00:06

さっそくのお返事ありがとうございます。八丁堀の○というお店でたっぷり浮世の泡とチリワインを堪能したためついつっかかってしまったようで自戒しております。イタリア人(クルマ好きか否かにかかわらず)のマセ感に関していまいち不明だと感じております。(ヒストリックな面でもon time なものでも)イタリア文化とマセラティの関係性における現地のリアルなリポートを今後も楽しみにしております。私、イタリア近辺はローマ、ヴァチカン、モナコしか行ったことがないのでメディアにないパーソナルな情報は大好物です。サッカーとマンマの味の追求もお願いします(笑。ドマーニ、ドマーニ。。。

Posted by: B | 2007.06.05 at 00:31

あ、失念しました。Merakに関してです。挫折といいますか川の流れのように紆余曲折と申しましょうか日本的情緒と申しましょうか、結局のところ夢に終わりました。今はビトゥルボスパイダーを愛でております。今世においてまたマダムと巡り会うことを信じて。

Posted by: B | 2007.06.05 at 00:44

どうも、私も○というお店で泡を満喫したいですね〜。

私の私見ですが、
イタリア人の熱狂度は、日本人より上をいきます。というより日本人がクールなんだと感じます。FとMに関しては日本と同じでしょうか?当然、MよりFのほうが有名で台数的にも多く目にします。しかし、両方ともやっぱり特別な車には変わりないようですよ。
FORZA FERRARI!! FORZA MASERATIの世界に違いありません。
モナコいいですね。私も来年は訪れたいと思っています。GPもいいけど、その1週前の観戦を既に計画しています(はやっ!!笑)
Merak挫折ですかっ!? 残念。。。 どなたかレストアしてくれないかな。

Posted by: marque | 2007.06.05 at 21:15

Ciao! Seg.Marque
Toscana wa utukusii mati desune.
Okuti ni awanai osyokuji no genin wa nandesyou?
Ajituke? Sozai?

Kuruma mo soredake norarete ireba honmou de syoune!
Boku mo 100,000km wa norikonasitai desu! (smile)
Subarasii kuruma wo nagaku notte otukiai sasete itadakitai mono desu.
2posti no youni!!

Posted by: Architect | 2007.06.06 at 13:27

Ciao, Architectさん
お口に合わないのは大量の人数を同時にこなさなければいけない大きなホテル、レストランのせいでしょう!
もう少し美味しければ、、、、楽しめるのに・・・・ トスカーナなのに何故???

長く乗って、その車が旧車になるまで乗りこなそう!! と私も思います。
Ohhhh I miss 2posti...

Posted by: marque | 2007.06.06 at 18:08

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/15292990

Listed below are links to weblogs that reference またまたToscana:

« 日本から | Main | 2°TROFEO MASERATI CLUBから »