« Via de Pepoli | Main | Nuovo Maserati o Ferrari  »

2007.07.18

Pontevecchio

Flli_maserati
Bologna自動車紀行の最後は、中心地から2-3km郊外にいったところ。(クルマには全く関係ないですが、勝手に自動車紀行と名付けました。)
さすがに徒歩ではきついのでバスに乗り、Pontevecchioに向かいます。この目的地、結論からいうとまたしても何も無い場所です。

実はこの何も無い場所、こここそMaserati兄弟がOrsi家に会社を売却してしまうまでの1919年から1937年にファクトリーを構えたPontevecchioなのです。
冒頭の一枚が当時の写真で、 Maserati兄弟がPontevecchioのファクトリー前で勢揃いしています。

Primamaserati4_g
この写真はMaserati.comで見つけたものですが、Pontevecchioのファクトリー内での8CM。1933年3月の写真で、後ろの建物がファクトリー。 1933年だから、ここにファクトリーを開いたAlfieriは既に亡くなったあとですね。

Eba853ee2cb4117bfe4eljpg
またこれは数年前、CORNESさんがフェアで配ったものですが、これもPontevecchioのファクトリー前での写真です。
(この写真、Kookieさんから拝借しました、事後承諾ですいません。さすがにPontevecchioファクトリーは戦前で写真、資料も少ないです。)

Img_5389s
(これが現在の姿、Via Pontevecchio、このあたりのはず)
そして意気揚々と何も無い通りを歩きます。現在でも数件、クルマ関係のcarrozzeriaがありその雰囲気を感じます。しかし、私が調べた住所(Via Alemanni 179 in Pontevecchio)は存在せず、結局、正確な跡地には到達することはできませんでした(現在、Via Alemanniという通りもありません)。
こちらの建物は完全に取り壊されているので、当時を思わせるものは皆無、メモラブルなものは何もありません。(実はMilanoからも近いVoghera、Alfieriの生地(Via Mussini 22, Voghera, PV)には誕生100周年の時にモニュメントが作られています。未確認ですが・・・)
通りを一回歩いて、「来たことだけに意味があるのだ」 と自分自身にいい聞かせながら、その場所を後にしました。


歴史と文化に感動する私なので訪れた訳ですが、現地に住んでいなければこんなこと、絶対にやりませんね。
まあ、記念ということで!


追伸
中心地のVia de Pepoliならまだしも、バスに乗って何も無いところにつれてこられる家族に取とっては、迷惑な話ですね、感謝です。
次回のBologna自動車紀行は、本当に動くクルマにしたいですね。
ここまでおつきあい頂いた皆様、ありがとうございます。

|

« Via de Pepoli | Main | Nuovo Maserati o Ferrari  »

Comments

marque さん、写真ぜんぜんOKです。それよりmarque さんのようにきれいの取れているかの方が問題です。
せっかくイタリアにいるのですから、こんな旅をしたくなりますよね。
最後まで楽しませていただきました。
2枚目の写真なんかを見ると今との違いを感じます。町工場ですよね。

Posted by: Kookie | 2007.07.18 at 12:44

Kookieさん
こんばんは。楽しんで頂けなによりです。
ただ個人的に、この話題を楽しむことが出来る方は、ものすごく少数で、さらにもの凄く濃い方だと思いますね。。僅か数人???
はい、町工場なんですよね。だってあのファクトリーのグランドフロアが工場、二階はMaserati一家が住んでいたみたいですよ。 

Posted by: marque | 2007.07.18 at 21:08

ファクトリー自体が既に無くなっている、って言うのは仕方がないな...って思えるんだけど。
でも、通りそのものの名前すら変わっている...これは、切ないなぁ。

「来た事に意味がある」...おっしゃる通りでしょうね。

だけど...ご家族の方にご同情申し上げます(^_^;)

Posted by: ghie | 2007.07.19 at 12:37

何ぶん随分と大昔ですからね。Via de Pepoliは中心街なので、そのお陰で今も残っているんでしょうね。
対してPontevecchioは郊外、よって再開発も行われますよね。
Pontevecchioとは、Ponte=橋,vecchio=旧い、という意味なんですね。このVia Ponteveccioのそばには鉄道があり、その鉄道の陸橋に由来して地名がついているのだと思います。昔ながらの時代を感じさせる陸橋もありました。
よって、このあたり。。。
これが今の限界ですね。もう少し調べればいくらでも到達できたと思いますが、、、
まあ、建物も無いし、そこを知っている住民がいたとしても亡くなっていたり、存命でも相当なお年寄りでしょうからね。
個人的には、これくらいでもう十分かなと感じています。

Posted by: marque | 2007.07.19 at 15:59

Ciao! Seg.marque!
Maserati Brothers no sokuseki wo tadoru tabi, nakanaka ii desune!
Rekisi wo kanjitutu, basyo wo kyoyu dekiru koto wa subarasii koto desu. Urayamasi kagiri desu.
Kono jidai ni modotte Maserati Brothers tono kaiwa ni majiritai omoi ga simasita. (smile)

Sunday no HAYAMA BBQ, tenki ga tyotto ayasiku natte kimasita.
Tanosimi desuga, tyotto sinpai desu.

Posted by: Architect | 2007.07.20 at 16:24

こんにちは、Architectさん
お久しぶりです。Bologna紀行=Maserati 兄弟の旅ですね。Modena紀行=Maserati=Orsi家の旅という感じでしょうか? 不思議な捉え方です(笑)
楽しく書いているので、読むと余計に羨ましいと思えるかもしれませんが、実際にには本当〜〜〜に何もありません。(マジです)
楽しんで頂けるなら、本望です!!

BBQ楽しまれてください、今回はレポートもよろしくでっす。

Posted by: marque | 2007.07.21 at 05:05

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/15772099

Listed below are links to weblogs that reference Pontevecchio:

« Via de Pepoli | Main | Nuovo Maserati o Ferrari  »