« Rivisti d'Italia | Main | Dolomiti山塊 »

2007.08.29

Monza探訪

Img_5691_2
先日のblogでも取り上げたが、F1はchampion争いが佳境に入り次は待望のItalia GP!!

今週から2回目の夏休みを頂いている私は、MonzaのItalia GP前合同テストをが訪れてきました.(イタリアでは皆2-4週間の夏休みは当たり前、私はまだ1週間しか取っておらず、同僚、もちろん上司からも変な奴!と思われています.こんな長〜〜い夏休み生活に慣れた後に、日本に帰ることが出来るのでしょうか?:独り言)

既に4度目のMonza(やっぱり近いとよく通う)になりますが、これまではイベントで来たため、いつもグランドスタンド、第1シケイン、パドックなどの近いところばかりでウロウロ.
今回はテストなので、気分的にもゆったり。「一度じっくり見てみよう!」と考え、自転車を持参しました.
(やっぱりサーキットで自転車はメチャクチャ便利!)


Img_5686
当然の如く、いつものようにグランドスタンド観戦からスタート.
全チーム参加のFIA合同テストなので、まず最上段に座り各チームのドライバーをチェック.
McLarenは脅威の新人Hamilton, FerrariはRaikkonen, Williamsは・・・・おっ!Nakajima !!と嬉しいサプライズ、そしてSuperAguriは?と最後方のpitをみると・・・残念ながらSatoではなくRossiter・・・・ ではSpykerは? ピットこそ存在したものの確認できませんでした。
ここはいつもの景色なので、早々と退散し次に向かいます。


Img_5700
次に向かったのは、第1シケインと並ぶMonzaの追い抜きゾーン、Variante Ascari.
森を抜けてきたF1マシンが旧オーバルコースのトンネルを抜けた後、フルブレーキングする絶好のスポット.
ここで、しばし休憩し、周りのみんなと同じく写真の撮影会. それがトップ写真のRenault, Piquet Jrであり、上のRaikkonen. 
もちろん撮影後は、その走りも観察. 
改めて思うが、「F1は、もの凄い減速!信じられないような速度!!でコーナーを駆け抜けてゆく!!!」


Img_5727
そして次は第1シケイン=Prima Varianteを目指す。
ここでスタンドを選んではいつもと同じなので、少々迷いながらも別のルートを探す。
すると、なんと!!旧オーバルコースに到達、念願のオーバルコースへ足を踏み入れた。歴史と文化に感動する私は、「ここでAscari, Fangio, Mossが戦っていたのかぁ〜〜」と改めて感動!  「それにしても凄いバンク!」 とんでもないところでレースをしていたものです。
バンクをホームストレート方向に向かうと、Prima Varianteに到達することは判っていたので、バンク上を遡って行くと・・・・


Img_5737
居る居る! バンクの頂点に座ってPrima Varianteを覗いている連中がっ
私も同様にバンクの頂点に腰掛け、特等席から走りを観察。
マジ!特等席です。近いし、ブレーキングゾーンゆえ、走りの違いが手に取るように判る。
ブレーキングでの攻め方、縁石の引っ掛け方、TCSの利き方、音によるものだけど、シームレスシフトか否かの違いなどなど・・・・
この日のTop timeはHamiltonが記録した模様だが、その走りは納得、誰よりも攻めていました。
それにしてもテストなのに凄い人! 後ろの人垣を見てください。


Img_5723
ついでSeconda Variante, Curva di Lesmoをコースに沿いながら通過。
本当に一周全て自転車でコース脇を回ることが出来、F1マシンのブレーキング、加速など全てを堪能、音と匂いと雰囲気に酔いながらの贅沢なサイクリング!
再び旧オーバルコースの下を潜ってVariante Ascariを目指す。
これが上記の写真、Ascariへのブレーキングポイントに向かうBMW, Heidfeld、本当に「あっ」という間に減速してしまいます。
そのままAscariを経由し、最終コーナー ParaboricaをF1マシンと一緒に通過し、ピットロードまでたどり着きました。

いやぁ〜〜、本当にコースに沿って一周できるのですね。驚きました!

ところでテストを見に来るようなマニアックな人は、BEST観戦スポットをよく知ってます。(決して観客席でない!)
また指定席チケットが売れ残る理由がよくわかりました。観客席以外で、ものすごく良い観戦スポットがゴロゴロ存在するのです。(今年は指定席を取ってしまいましたが、来年以降はマニアック組と同じく自由席にして節約だな!!:独り言)

自転車なしでは経験できない貴重な体験でした。
日本のどこのサーキットよりも詳しくなった気分です(笑)。


さて次はitalia GP!
FORZA FERRARI





<お願い>
一斉お願いで大変申し訳ないのですが、皆様のblogリンクさせて頂きました。
不都合のある方はお知らせください。
よろしくお願いいたします。

|

« Rivisti d'Italia | Main | Dolomiti山塊 »

Comments

Ciao! Seg.marque!
Sasuga honba kara no Report desune.
Rinjoukan ahureru hun-iki ga tutawatte kimasu.
Kono Monza deno Test-run wa jissai no Race to onaji-kurai ni
omosirosou desune!
Sikamo Italy desukara Ferrari no jimoto.

Kotosi wa Hamillton issyoku no kanji ga simasuga, Team deno naihun wa ittai dounatta no desyou?

Mata jikkyou-Report wa tanosimini sitemasune!!

Posted by: Architect | 2007.08.29 at 13:50

Architectさん
こちら時間でおはようございます。
本場ですね〜〜、やっぱりF1が身近にあることを感じます。デモなどではない、回転数リミット無し、本気のドライブ!ですからね。音、オイル、金属の焼けこげる匂いを堪能しました。
テストはマニア向きかも。。。私もマニアックですが、実は機械系は全くの素人でなにも判っていません。雑誌や耳学問ばかりですので、詳しい方と一緒に訪れれば、それはそれは濃い時間を過ごせることができるとおもいます。

反論:やっぱりFerrari一色です。だってFerrariリタイアしたら帰りだしますから!!
championship以上にTifossiには、Ferrariが宿っています。

心配事:個人的な意見ですがMcLarenのスパイ疑惑で2レース出場停止や、ポイント20+20点=合計40点剥奪などの裁定がでるのでは!と懸念しています。
すると丁度McLaren, Ferrariの均衡がとれますからね。FIAのやりそうな事だ〜〜。
個人的には、このままだとFerrariは厳しそうな勢いなのでAlonsoに頑張ってほしいと思ってます。最近、彼はいろいろ愚痴いってますが、昨年もプレッシャー下では同じくチーム批判してたので、いつものことでしょう。 まあチームでの居心地はよくないようですが・・・・

Posted by: marque | 2007.08.29 at 16:14

こんばんわ。
いや~ソレにしても雑誌を見てるみたいに美しい写真です。
夏休みが2回とは羨ましい。私なんて1回も取ってない・・・ナンデヤネン!

Posted by: eiji | 2007.08.30 at 22:33

eijiさん
鮎、羨ましいです。
鮎って日本でしか聞いた事ないですからね。 というより日本料理が羨ましい。
日本はF1というと日本グランプリ、もしくはデモしかありません。ところがこちらは、GPに加えて、histolic GP, テストなどなどF1発祥の地に居る事を感じます。身近なんですよね。こちらにいる間に楽しみたいと思います。
休み→取ってください!!
既に私はこちらの感覚、日本人は働き過ぎ!でっす。

Posted by: marque | 2007.09.01 at 01:30

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16273015

Listed below are links to weblogs that reference Monza探訪:

« Rivisti d'Italia | Main | Dolomiti山塊 »