« TITLE CHANGE | Main | Desired New »

2007.08.18

Rivisti

今週末はMonterey weekend!!
今年はFerrari60周年、それはそれは凄い盛り上がりだろうと思われるが、海を隔てているのでの仕方ない。イベント、オークションとも気になるが続報に期待したいところだ。

今日は大型書店に出かけてきたので、その様子をMaseratista向けにレポート。
ここはイタリアなのでイタリア語の雑誌(Rivista)が多いのだが、大型書店にはドーバー海峡を隔てたイギリスから渡ってくる英国雑誌が多くある(さすがヨーロッパ、距離的に近いだけある)。正直言うとイタリア語雑誌よりも数は多いくらい!さすがクルマ伝統文化の国、GP発祥の国ということを感じる。
そんななかから、Maserati掲載雑誌(イタリアでなく英語なんだけど)を2冊ほど取り上げてみようと思う。(もろにローカルネタです)

Doumo近くのVittorio Emanuelo II通りに面する大型書店に入って、まずイタリア雑誌コーナーよりも先に英語雑誌コーナーに向かう。


Sep07_cover_225
そこで私の目に飛び込んできたのは雑誌「classic cars
なんとメインフューチャータイトルは「IT'S MASERATI TIME」、思わず手に取らずにはいられないような嬉しいタイトル。

Sep07_maseratis_225
大きく取り上げられていたのは、永遠の憧れ初代Ghibli, Bora, そして新世代Ghibli. 内容はDriving impressionなのであるが、旧い街並に並んだ3台はこの上なく美しい。Bravo, Bravo!!
元々Ferrariなどに比べるとMseratiは知名度も低く、車種も少ない。しかし、長い歴史とそのレーシングヒストリーから考えると、Ferrariに比較して過小評価されすぎてきた。そんなMaseratiが、今こそチャンスという内容。最後にはBuyer'sガイドなるものもあって、各車種の相場も記載されていた。
個人的にも、Maserati各車の相場を追ってきたつもりだが、現代のQP, GranSport, GranTurismoの勢いを反映して軒並み価格が上昇していて驚いた。
まさに「IT'S MASERATI TIME」なのであろう。
皆さん1台、如何ですか?(と煽る)
(個人的な意見ですが、Ferrariの値のあがり方はあまりにも超越していてなかなか手が出ないんですよね。それがFerrariの凄さ!! なんですけど。。。)


Car0907
次いで、「car
英国の「car magazine」である。
ここでは7月に行われたBolzanoでのGranTurismo国際試乗会の模様が詳細に述べられている。そのimpressionは日本の各紙でもご覧頂けるので省略。

098107_masergt
それにしてもドロミテの景色は美しい。こんな所をMaseratiで走ることができれば、さぞ心地よいであろうと思われる写真のオンパレード!
あぁ〜羨ましい。

000000greatestmaserati
そのGranTurismoの試乗記の後には面白い企画があった。ライターの独断と偏見によるMaserati批評である。各車をそれぞれGood, Bad, Uglyと位置づけてランクしているのだ。個人的には「このライター、全くわかっちゃいネェー」という感じであったが、このライターの感じ方だけは楽しむことが出来た。「まあ、そんな感じ方もあるのね」と。。

ほかにも「Evo」イタリア版の表紙はMaserati GranTurismoなどなど。
こんな異国地での雑誌の楽しみ方もある。

結局、場所が六本木hillsのTSUTAYAがMilanoに変わっただけ、雑誌が日本語から、英語・イタリア語雑誌になっただけで、やることは同じ。
つくづく懲りない私・・・

(写真は各社のweb より)

|

« TITLE CHANGE | Main | Desired New »

Comments

彼の地...英国では、Maseratiの知名度って低いんですか?
知りませんでした。
まさか...とは思いますが、伊太利亜ではそんな事ないですよね?

それにしても雑誌...『IT'S MASERATI TAIME』こんなタイトルで迫られちゃったら、手に取らない訳には行きませんよね。
古城の前に佇む、Maseratiもホント良いなぁ...走行中のGTの写真もカッコ良いし...。

個人的に、そのライターのMaserati批評...気になりますねぇ(*^_^*)

Posted by: ghie | 2007.08.18 at 09:20

ghieさん、こんにちは
あっ、知名度ですがFerrariに比較してってことですよねっ!そりゃ、世界中でそうですよね。一般的なイタリア人もやっぱりFerrari→好き、Maserati→好きじゃない、Lamborghini→好きじゃないみたいですよ。感覚的には日本と同じです。Maserati買う人はエンスーということだそうだ。
心に響くタイトルと、心をくすぐる個人的批評、気になるでしょ〜〜 うまいこと記事つくるものだなっ!て感心しました。
ついつい手に取ったり、自分のクルマ探しちゃうもんね。

Posted by: marque | 2007.08.18 at 15:33

Ciao! Seg.marque
Maserati no kiji ga keisai sareteireba, suguni te wo dasite simaimasu.(smile)
Nakana sono Writer no comment wa omosirosou desune!
Demo donna kokuhyou de arouto, Maserati nori dattara hukitobasu kotoga dekimasu. Honto no tanosimi-kata wo sitte iru kara ne!
Demo naiyou wo itido haiken sitai mono desu.

Posted by: Architect | 2007.08.18 at 16:18

今日は、いつも拝見しています。
貴重なイタリア車情報を、リアルタイムで知ることができ
楽しんでいます。(時々深すぎて分かりにくい時もありますが・・・)
今回のClassicCarのような雑誌(日本版旧車雑誌)いいですね!
私でも、すぐ手に取ってしまうと思います。
また、時々お邪魔します。

Posted by: Indy | 2007.08.18 at 17:16

Architectさん
こんにちは〜。人の感じ方がそれぞれなようにジャーナリスト、ライターの好みも千差万別ですよね。だが、そんなことはどうでもいいのです。
好きであったら、楽しめたら!! それが超自己満足的クルマ趣味生活の基本ですから(笑)

Indyさん
リアルタイムという訳でもないのですが、趣味人としてヨーロッパ自動車趣味生活で楽しみたい、楽しんだところ、興味の対象をそのままリポートしています。
それで楽しんで頂ければ、my pleasureです。
雑誌の内容は、そのまま日欧のクルマ文化の違いを反映していると思います。こちらには個体の数も多いし、面白いクルマや希少なクルマがやはり多くあるんですよね。だから自然と濃い内容になってしまうのでしょうね。
私もこんな雑誌は羨ましいです!

Posted by: marque | 2007.08.18 at 19:13

300Cの件、ありがとうございました。
イタリア在住なのですね。
私の現在のイタリア車は、バイクのBetaのみです。

イタリアの内容が一杯でとても楽しいですね。
時々、訪問させて頂きます。
宜しくお願い致します。

現在、日本にある新型FIAT500は1台のみ、
先日は見るチャンスを逸したので次はどこで見えるかな?
という状況です。

Posted by: イノウエ | 2007.08.18 at 19:23

イノウエさん、こんにちは
boloには随分前から、時々訪れ、楽しませて頂いていました。
もともと伊太車との生活をありのまま描いておりましたが、今はイタリアでの自動車趣味をありのままという様になってしまいました。
FIAT500は、偶然にも走っているところを数回遭遇しました。ディーラーの営業者か?既にデリバリーされたクルマか?判りませんが、あっと言う間に街に溢れるようになるのでは!?と期待してます。
内装デザインが評判ということなので、じっくり拝見してみたいですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: marque | 2007.08.18 at 21:30

私のblog、ご覧になっていたのですね。
備忘録なblogで申し訳ないです。

本場イタリアでの自動車生活blog、楽しみにしています。

今日はCCVの石川さんが主催しているジープの機能美展(今年で13回目)を訪れてきました。

今後とも宜しく御願い致します。

Posted by: イノウエ | 2007.08.19 at 18:13

marqueさん、マイミクありがとうございました(^o^)
さてもさても「いまマセラティが旬!」みたいなタイトル、日本では見たことも聞いたこともない・・・しか~し、CG8月号、NAVI8月号等々でグランツーリスモの寸評を拝見していると、けっこうな評価を得られているようで、なぜか我が事のようにうれしいものですね。
では、またMCJ会報での寄稿文、楽しみにしております(^o^)/~

Posted by: おおはずし | 2007.08.20 at 14:32

イノウエ さん
blog毎日更新してくださるので、いつ覗いても新しい記事が発見でき新鮮です。
今後とも、楽しみにしています!!

おおはずしさん
私も日本の雑誌を気軽に読みたいです。やっぱり外国語で読むのは気軽によめず、肩が凝ります。
ここ数年欧米の景気がいいことから、軒並みクラッシックカーが値上がりしています。その中でもMaseratiは伝統と歴史があるにも関わらず忘れられた存在だったのですね。ところが、お買い得であったそのMaseratiも値が上がり始めた。今が旬、最後のチャンスだよと!QP成功後のGranTurismoデビュー、今後は加速して上昇することが予想されるので尚更なのでしょうね。
寄稿してますが、こちらはバカンス。秋まで中休みですね。おおはずしさんも、面白いことありましたらmonthlyでレポートしてくださ〜〜い。

Posted by: marque | 2007.08.20 at 20:45

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16152639

Listed below are links to weblogs that reference Rivisti:

« TITLE CHANGE | Main | Desired New »