« Monza探訪 | Main | Dolomiti山塊 その2 »

2007.09.01

Dolomiti山塊

Img_5878
2回目のVACANCEに突入した私が、目指したのは北イタリア地方。

MilanoからAutostrade A4に乗り一路Vicenzaを目指す。途中Autostradeの道路脇に5cmにもなる氷がびっしりつもり、それと一緒に草木が散らばり、どうしたことか?と不思議がっていると、看板はなぎ倒され、トラック、コンテナが横転していることを目にする。「あっ、昨晩嵐があったのだ!」(欧米の嵐は日本の嵐と規模が異なる!!)。

そんなことにも驚きながら、今度はVicenzaから北上しBassano del Grappaを経由して、冬期オリンピックの舞台にもなったアルプス、Dolomitiの東玄関、Cortina d'Ampezzoを目指した。Trentino州はイタリアでも、スイス、オーストリアとの国境に位置するチロル地方、その人々はイタリア語と同時にドイツ語も話す事ができ、現地の看板も2カ国語併記される。またその街の雰囲気はすでにイタリアとは全く異なるものであり、チロル地方のそれ。石灰岩からなる断崖絶壁の美しい山々、緑美しい丘、サイクリスト、ハイカー、牧場、そしてアルプスの少女ハイジを思わせるような鈴をぶら下げた牛を至る所で目にするようになった。

今回の旅の足は、FIAT 500と並ぶ偉大なる大衆車PANDA、しかし同じPANDAでも新型のほう。1.2Lガソリンエンジンは思いのほか軽快で、メーター読みで 155km/hまで加速する。山に入ると少々力不足である事は否めないが、エンジン自体も軽く楽しいクルマであった。

Img_5881
これが初日、Cortinaへむかう峠の頂上、SAN VITO DI CADORE
正面には険しい岩肌の山塊が並ぶ。

Img_6031
2日目、dolomitiの峠のひとつ、Corvaraの頂上からサイクリストと共に

Img_6034
Corvaraから数km南へ下った一枚
蒼い空と、どこまでも続く険しい山

Dscf0256
続いてdolomiti渓谷で一番有名な峠のひとつ、Passo Pordoiに向かう途中で振り返り飛び込んできた典型的なチロル地方を感じさせる一枚

Img_6071
そして最後はPasso Pordoiから、ケーブルカーを使って上った山の頂上Sasso Pordoi、2950m!!
気温10度、石灰岩の山肌は、太陽光線の具合によて白く、朱く素晴らしい光景がどこまでも繰り広げていたのでありました。

今日はそのPasso Pordoiにある山荘風のホテルに宿泊中!
まさにVACANZA満喫!


追記
今回の旅の参考文献: 紅山雪夫著、イタリアものしり紀行
この「ドロミテ山岳地方」い習って旅しています。

|

« Monza探訪 | Main | Dolomiti山塊 その2 »

Comments

まさしく絵葉書の世界ですねぇ~こんなところを自分の車(かBike)で走れたら最高でしょう~憧れます。

で、Panda、いい色です。Pandaにするならこの色かなと思っています。100HPにちょっとトキメキを感じていますのでw

Posted by: iwao | 2007.09.01 at 08:28

おぉ〜!
相変わらず、プロ・カメラマンのごとき芸術作品にうっとりです...っちゅーか、ホントにうらやましい〜〜〜〜〜っ!!

でぇ、ドロミテ。
このコースは、我らがNew GranTurismo国際試乗会の舞台ではないですか?!
このコースを、某メイクスとは違い、ヒモなし・本気評価の評論家諸氏に大絶賛された走り...実際、どうなんでしょう?
どの程度のコースでしたか?
チョロッと教えて欲しいなぁ(^_^;)

ちなみに『Panda』。
僕もiwaoさん同様、100HPがチョイと気になってま〜す。

Posted by: ghie | 2007.09.01 at 10:57

晴れてて良かったですね~! 私はモンブラン、土砂降りでした。マッターホルンも頂上だけ曇ってたし…(涙)。

それから旧フィアット工場のテストコースを見学させてもらおうと訪ね歩いたんですが、ホテルの泊り客じゃないとダメだと断られてしまいました~(涙)。
http://yasulotus340r.web.fc2.com/Trip_2007_Italia-02.htm

Posted by: やす Lotus 340R | 2007.09.01 at 13:51

皆様おはようございます。コメントありがとうございます。

iwaoさん
絵はがきの世界です。同じイタリアでも都会や旧い街並とはまったく異なっています。イタリアとうよりは、スイスっぽいですが・・・
昨年9月に旅(一応仕事です)したスイスによく似ています。
Panda近所の街乗りには手軽で良いですね。ただ高速と山道はやっぱり、少々力不足・・・ヘアピンがものすごく勾配も急なので低速は辛いです。
色も(日本は判らないけど・・)いろいろあって楽しいですよ。

ghieさん
働き過ぎは毒ですぞっ!! 休暇の為の休みです。 
でっ、そのドロミテ、、GTの試乗コースとなった訳ですが、まだ試乗コースには到達しておりません。今日、通過する予定。
でもどこでも同じような素晴らしい景色と素晴らしいワインディングです。よかっただろうな〜〜〜
どの程度のコース?   たぶんghieさんドライブされたら終止、微笑みっぱなしだと思いますよ。。夜明けから、夕暮れまでドライブしても飽きないと思います。

やすさん
初日は雨も降っていたのですが、散歩タイムは幸運にも日が射していました。。
2日目、今日も快晴! 朝は肌寒くスキージャケットを羽織っています。今日もドライブと観光、楽しみます
LIngottoそうなのですか・・・知りませんでした。失礼いたしました、じゃあ私も行けないね・・・・・

参考資料追記いたしました。

Posted by: marque | 2007.09.01 at 16:01

いやー本当に素晴らしいにゃー♪
まるで絵葉書みたい(@_@)
こんなところで愛車を写せたら、良いだろうニャー♪

素敵なバカンスを!!

Posted by: hiro | 2007.09.02 at 00:39

ドロミテは世界100景みたいな写真集で紅葉の素晴らしい写真を見てから紅葉の季節に行ければと思っていますが、いまだに叶っていません。

Posted by: Taka | 2007.09.02 at 01:44

hiroさん
こんにちは!素晴らしい光景が360度広がっています。是非、一度訪れてください!
MUSTです。。

Takaさん
紅葉の季節、、、すぐじゃないですか。。
ちなみに私は標高2000に宿泊しましたが、朝は5度、昼は10度くらいでした。
しかし、dolomiti、また訪れたいという気持ちにさせてくれるところでした。おすすめです。

Posted by: marque | 2007.09.02 at 22:01

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16301915

Listed below are links to weblogs that reference Dolomiti山塊:

« Monza探訪 | Main | Dolomiti山塊 その2 »