« August 2007 | Main | October 2007 »

2007.09.30

1/43

Img_6421

日本は富士SpeedwayでF1 GP初開催で大盛り上がりの様子。
私にとっては極東GPは観戦時間が朝早く辛い。今日の予選は7時から、明日の決勝に至っては何故か?いつもより30分早く行われるので、スタートはなんと6時半!(ヨーロッパの時差を考えると、普通遅くするでしょ!?)
こちらは、未だ夏時間のため7時前にならないと明るくならないんです。夜明け前からF1観戦とは・・・・
肝心のGPは、予選結果からMcLaren速し!Hamilton速し!! 決勝は天気の番狂わせもありそうなので、残り3戦、多いに盛り上げてほしい。

と前置きが長くなってしまったが本題の「1/43」へ。


土曜日の昼から、Milano Novegroで行われた「Hobby Model Expo」なるものに行って参りました。要するにミニカーの展示会ですな。
まぁ〜〜〜行って驚きました。何に驚くかって、、、それはそれは凄い混雑!!
ホビーなので、クルマ、電車、飛行機、戦車などのミニカーから、スロットカー、ラジコンまでなんでもあるのです。子供もそれなりにいるのですが、それよりもいい大人の多いこと、多いこと!(私もそうだが・・・・)
みんな真剣に電車やクルマのミニチュアカーをみて、友人達でウンチク話を披露したり、店主に駆け寄り値引き交渉したり、またあるものはカメラでミニカー全車種撮ったりしていました。

私の目的は・・・

Continue reading "1/43"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2007.09.27

日本からのお土産

Img_6396

只今、日本から知人が遊びにきている。
そこで私がお土産としてリクエストしたのは、雑誌「pen」が特集した「フェラーリの正体。」 9月1日に発売されたものを取り置きしてもらい、わざわざ持ってきてもらったのだ。本当に懲りないです。
(私のblogを訪れるマニアックな方々は既に目を通されていると思います。というか・・・・購入しようと思っても既に売ってないですよね。)

ところで、、雑誌・書籍に対する嗜好が、昔と比べて変わった。

Continue reading "日本からのお土産"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.09.23

Rivisti d'Italia その2

Dscf0220

仕事の帰り、Edicola(=新聞雑誌売店)に寄り道しました。
その目的は!懲りずに雑誌購入です。で、私が手に取ったのは「Auto d'Epoca」でした。

その特集は「FERRARI STORY 1947-2007」、これは購入せざるを得ません。
内容はもちろんFerrari60周年記念イベントから、Montezemolo氏へのインタビュー(悲しいが、もちろん判らない・・・)、ほかにも多くのイベントが報告されていた。

もちろんFerrariの記事はFerrariで凄いのだが、ここで私の目に留まった記事は、Piacenzaで行われた「Vernasca Silver Flag」。
なんと公道を、Lancia Storatos, Alfa Tipo33(もちろんCorsa)を始め、Porsche917, 956, Lotus 49, 330P4, Cobra, Bugatti T35までが走るヒルクライムという、車種もメチャクチャなら、時代もなんでもあり、こんな感じのイベントなんです。
私もクルマおたくの端くれとなっては、来年こそは見学に訪れないと!と思わせるイベント。
こんなことが行われるのが凄いです>イタリア!!

ところで・・・・

Continue reading "Rivisti d'Italia その2"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.09.21

羨望のUK

Descriptio8766
(写真はBarchetta.cc

憧れのGoodwood、いつか行きたいと企んでいます。

Goodwoodには、大きく春のFestival of Speedと秋のRevivalがあるが、私的にはなんといってもRevivalのほう! Gentleman driverが往年のマシンを振り回し、そしてエントリーカーのレパートリーに富むのは、世界的にもモータースポーツ発祥の地であるUK Goodwood Revival!、ほかにLeMansCalssic、MonacoHistolique、MontereyLangnaSecaあたりじゃないのだろうか。

Monaco以外は、何れにしても遠征旅行になってしまうので(Montereyは大きな遠征だっ!)、これらの観戦はヨーロッパに住んでいる間のMustだと心の中で思っています。

Continue reading "羨望のUK"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.09.19

Campioni del Mondo 2000

Dscf0143
先日のイタリアGPでMonzaを訪れた際、パドックの側にMonza郵便局が臨時の窓口を併設していました。
私はなにも感じることなく通り過ぎようとしたのですが、切手、郵便マニアな妻に呼び止められ、その臨時郵便局に立ち寄る事になりました。

もちろん会場がMonza F1ですから、売られている切手はクルマ関係!
以前紹介したLamborghiniを始め、新たなFIATのシンボル500、そしてなんとあのAlberto Ascariの切手、そして2000年に21年ぶりにFerrariが獲得したF1の記念切手がありました。
妻の情報によりますと、ここイタリアでは密かな切手マニアがいまして、記念切手は結構な人気があるとのことです。(日本と同じですね。)
そこで妻が選択した記念切手はトップ写真のSchumacherメモリアル、Campioni del Mondo 2000でした。21年ぶりに獲得したFerrariのchampionship、格好いい!!
昨年引退したばかりで実感が湧きませんが、Schumacherはその後、Ferrariで連続して5回もchampionshipを制したFerrari史上最高の伝説のドライバーなのです!! この切手にMonza郵便局オリジナルスタンプを押してもらって、新たなF1 GranPremio d'Italia 2007メモリアルバージョンの出来上がり。

Continue reading "Campioni del Mondo 2000"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2007.09.17

250F to MC12


近頃、JM FangioのF1 Campione del Mondoを記念して、1957 CELEBRATING AN UNFORGETTABLE CHAMPIONSHIP, 2007 WITH A PASSION THAT LOOKS AHEADというWebが誕生したばかりですが、YouTubeで見逃せない映像を発見!

その名も “Jeremy Clarkson tests out the Maserati MC12″

しかし、最初の始まりが酷い。BITURBOが・・・・・
これには目をつぶって頂き、250F, MC12のドライブをご覧頂ければと思います。
なかなかなものですよ!!

Continue reading "250F to MC12"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.09.15

Modenaに その2

Img_6284

長くなってしまったので、その続き。
思いのほか友人宅のコレクション見学が長引いてしまったので、その日はModena近郊のホテルに泊まり、ほかの予定は後回しに。

翌日起きると大雨、観光も予定していたのですが出かける気にならず、この時間を使ってCarrozzeria巡りだけ敢行してきました。
いつものCandini, Campana, そしてチーズを買いにPanini Museoまで!

Continue reading "Modenaに その2"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2007.09.13

Modenaに

Modenamap
夏休みの後半、9月始めにModenaを訪ねた。
それはTROFEO MASERATI CLUBで親しくなった友人のコレクションを見せてもらうため。Modena近郊の友人宅はAutostradeを降りてから、20kmほどの典型的なイタリアの田舎街、道中まわりはのどかな田園地帯ばかりで、このEmilliaRomagna地方が、Terra di Motori(エンジンの街)と同時にイタリアの食の宝庫であることを思い知らされた(食事もマジ美味しい!!)。

ほどなく彼の住む街に到着し、電話をいれ迎えにきてもらいます。
5分後に現れた彼は、久々の再会を「よく来てくれた!」と嬉しそうに迎えてくれた。彼が経営する会社の職場を訪れ、しばらく雑談の後、「今日は私の情熱を披露するよ!」と、彼のコレクションをみせてもらうことに。個人的に「おもしろいクルマが見れればよいなぁ〜」と単純に思っていたのですが、結論をいってしまうと彼の情熱には恐れ入りました。彼のコレクションはクルマそのものに限らず、あらゆるクルマ、バイクに関するもの全てにまで及んでいたのです。

Continue reading "Modenaに"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2007.09.10

速かった・・・

Img_6375
先週末は日本からの知人とともにItaliaGP観戦
Ferrariを応援するが、McLaren速かった!あれでは勝てませんね。

結果はご存知の通りなので、ちょっと変わった側面からitaliaGPレポート。

ティフォシからの人気は当然Ferrariドライバー、Raikkonen&Massaに対する声援はもの凄い。一方、最大のライバル、McLaren, Alonso&Hamilton,加えてRonDenisに対してはブーイングの嵐。とりわけポイントリーダーHamiltonがモニターに映る度に嵐は一層増していた。

しかし、この日のMcLarenにFerrariは完敗。ピットストップ作戦でRaikkonenがHamiltonの前にでた時ですら、盛り上がり度はイマイチ、、、、その後、RaikkonenがPrimo Varianteでさされた時には声も無くなった。

それでもゴール近くになると、観客席から皆ゾロゾロと動き出す。そう、向かうところはひとつ、コース乱入への窓口。ゴール後は皆フェンスを乗り越えて表彰式へ一直線、これはいつもの通りで大盛り上がり。
しかし、帰路はFerrari完敗のためか皆さみしく帰路に就いているように思えた。

Ferrariは正念場のレースを勝てず、シーズンの行方はMcLaren勢の一騎打ちの様相。残りはチームメート同士の神経戦、楽しくなってきました。
ただ、、、、ここitaliaでFerrariが負けるレースの雰囲気はこんなもの、気持ち的には少々不完全燃焼なGPでした。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2007.09.08

MASERATI DA CORSA

Img_5812
先週の事になってしまったが、Bassano del Grappaを訪れた目的の一つはMASERATI DA CORSA AL MUSEO DELL’AUTOMOBILE “BONFANTI-VIMAR”
Maserati SpA, Maserati Clubが協力し、JM FangioのF1 championship制覇50周年を記念した展示イベント。

JM Fangioといえば5度のWorld champion、それぞれのメークスで素晴らしい活躍をしたのだが、Maseratiでは250Fを操ったことで有名。しかし、展示には250Fは無かった・・・・・。ただ正確には案内板は残されていたので、どこかへお出かけ中だったと思われる(きっとGoodwood Revivalでは?)。

Continue reading "MASERATI DA CORSA "

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2007.09.05

CiroMenotti

Img_6240
久々にCiroMenotti訪問してきました。

今回はほとんどアポ無し!訪問で、ちょっとショールームを覗いてきただけです。
やっぱりワクワクしますね、自分の愛機が生まれた場所を訪ねるのは!!
詳しいことは後回しにして、数枚の写真を紹介します。

トップ写真は、ご存知ニューショールームに、新しいヘッドクォーター
もう皆さん、ご存知ですよね。。。


Continue reading "CiroMenotti"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.09.04

Coppa d'Oro delle Dolomitiを訪れた

Img_5974
実は夏休みにいくつかクルマ関係のイベントを抱き合わせました。
そのひとつが「Coppa d'Oro delle Dolomiti

イタリアでは毎週のように、大きなものから小さなものまでクルマイベントがあります。
Coppa d'Oro delle Dolomitiは、Dolmiti山塊、峡谷周囲を走るタイムラリーイベントです。参加者も素晴らしい絶景を眺めながら走ることができ、天気もよかったことから、極上の瞬間であったことであろうと容易に想像できます。

走りを観察するのもよいのですが、いつもの如く初日のスタート前、集合場所にお邪魔しました。もうすでに何回目か忘れてしまいましたが、改めてクルマ文化の違いに驚き、見慣れないクルマも多く新鮮に感じます。ここでは、またまたアマチュアフォトグラファーと化します。そんな中でエントリーリストには、日本からの参加が3組、遥々このために来られるとは驚いたと同時に、エントラントの方も心から満喫されたのではないでしょうか!今後の日本クルマ文化の発展にも多いに期待です。

さて肝心の車両(完全な個人的嗜好)を何台かピックアップし紹介してみます。

Continue reading "Coppa d'Oro delle Dolomitiを訪れた"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.09.02

Dolomiti山塊 その2

Img_6091_2
Dolomiti山塊は1回で終わりの予定でしたが、ghieさんのリクエストによりDolomiti雑感

もともと7月の猛暑に堪えられなかった我が家は、「夏休みは絶対に涼しいところに行こう!」と決意し、イタリアのアルプス、Dolomiti山塊行きを決意したのでありました。
ところが・・・・8月に入ってMilanoは涼しくなってしまった。
しかし、素晴らしいワインディングと絶景が繰り広げられるDolomitiは、憧れのひとつ、また全てのイタリア人は、DolomitiをBellaと称し絶賛する。

DolomitiでGranTurismoの国際試乗会が行われていたのは、ghieさんをはじめ皆さんご存知の通りで、試乗会はBolzanoを起点としAutostradeでの高速走行、Dolomitiでのワインディングなどが含まれていた模様。おそらくDolomiti山塊の西側を使われたのだと想像します(おもいっきり予想です、あしからず・・・)。

私はDolomitiの東玄関、Cortina d'Ampezzoから入り、まずSasso Pordoiに行き、そこから山塊を時計と逆回りに周回するコースを選択した。つまり試乗会であろうコースを最後に通過するルートである。しかし、この山塊のワインディングはどこをドライブしても楽しく、美しい景色が360度広がっている。その中でいくつか写真をピックアップしてみる。


Continue reading "Dolomiti山塊 その2"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.09.01

Dolomiti山塊

Img_5878
2回目のVACANCEに突入した私が、目指したのは北イタリア地方。

MilanoからAutostrade A4に乗り一路Vicenzaを目指す。途中Autostradeの道路脇に5cmにもなる氷がびっしりつもり、それと一緒に草木が散らばり、どうしたことか?と不思議がっていると、看板はなぎ倒され、トラック、コンテナが横転していることを目にする。「あっ、昨晩嵐があったのだ!」(欧米の嵐は日本の嵐と規模が異なる!!)。

そんなことにも驚きながら、今度はVicenzaから北上しBassano del Grappaを経由して、冬期オリンピックの舞台にもなったアルプス、Dolomitiの東玄関、Cortina d'Ampezzoを目指した。Trentino州はイタリアでも、スイス、オーストリアとの国境に位置するチロル地方、その人々はイタリア語と同時にドイツ語も話す事ができ、現地の看板も2カ国語併記される。またその街の雰囲気はすでにイタリアとは全く異なるものであり、チロル地方のそれ。石灰岩からなる断崖絶壁の美しい山々、緑美しい丘、サイクリスト、ハイカー、牧場、そしてアルプスの少女ハイジを思わせるような鈴をぶら下げた牛を至る所で目にするようになった。

今回の旅の足は、FIAT 500と並ぶ偉大なる大衆車PANDA、しかし同じPANDAでも新型のほう。1.2Lガソリンエンジンは思いのほか軽快で、メーター読みで 155km/hまで加速する。山に入ると少々力不足である事は否めないが、エンジン自体も軽く楽しいクルマであった。

Continue reading "Dolomiti山塊"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »