« 羨望のUK | Main | 日本からのお土産 »

2007.09.23

Rivisti d'Italia その2

Dscf0220

仕事の帰り、Edicola(=新聞雑誌売店)に寄り道しました。
その目的は!懲りずに雑誌購入です。で、私が手に取ったのは「Auto d'Epoca」でした。

その特集は「FERRARI STORY 1947-2007」、これは購入せざるを得ません。
内容はもちろんFerrari60周年記念イベントから、Montezemolo氏へのインタビュー(悲しいが、もちろん判らない・・・)、ほかにも多くのイベントが報告されていた。

もちろんFerrariの記事はFerrariで凄いのだが、ここで私の目に留まった記事は、Piacenzaで行われた「Vernasca Silver Flag」。
なんと公道を、Lancia Storatos, Alfa Tipo33(もちろんCorsa)を始め、Porsche917, 956, Lotus 49, 330P4, Cobra, Bugatti T35までが走るヒルクライムという、車種もメチャクチャなら、時代もなんでもあり、こんな感じのイベントなんです。
私もクルマおたくの端くれとなっては、来年こそは見学に訪れないと!と思わせるイベント。
こんなことが行われるのが凄いです>イタリア!!

ところで・・・・

この雑誌、後半は様々なイベント参加者からのレポートが掲載され、そのイベントがどうであったか?じっくり判るようになっている。その途中には質問コーナーなるものも設けられて、これもなかなか興味深い。
ここで驚いた事がふたつ。

Dscf0221

まずひとつめは、イベントレポートに「Coppa della Autostoriche」が掲載されている。どこかで聞いた事あるな?と思った方はビンゴ! 軽井沢で行われているそれです。たしかAutostoricheも、本家イタリアのイベントと兄弟関係に属するイベントだったと記憶しているが、こんなマニアックな雑誌に登場するとあっては、「日本の自動車文化も益々発展しているな!」と嬉しく思ったのでした。(別に親でもないのですが・・・)
次いでふたつめは、その質問コーナー「Perche?」(=why?)、答える方が豪華なんです。私はMaserati関係しか判らないのですが、Maseratiの生き字引、ErmanoCozza氏が答えていたり、AdolfoOrsi Jr氏が答えていたり、イタリアでは普通なのかもしれないが、私にとっては大きな驚きだったのです。

言葉が適当でも、こんなイタリア雑誌の楽しみ方、面白いとおもいません?


追記
また私がバカンス前に参加したイベントが紹介されていました。読むとしっかり名前がクレジットされています。驚くと同時に次に参加するとき、皆が覚えてくれていて非常に助かります。

|

« 羨望のUK | Main | 日本からのお土産 »

Comments

「Vernasca Silver Flag」、これ楽しそうですねぇ~見てみたいです。ワンメークもいろいろ勉強になったりしますが、ごった煮の方が単純に見ていて楽しめますね。
海外の雑誌も面白そうなのがたくさんあるようですが、自分の場合、ほとんどが写真を楽しむだけ、、、w

Posted by: iwao | 2007.09.23 at 08:19

iwaoさん、
でしょ〜〜! これは心をそそられるイベントだと思います。
博物館もいいけど、やっぱり走らないとねぇ〜〜(はっきりいって、走らないと面白さが半減します。)
エンジン音、オイルの匂い、回転の高鳴り、これが最高です。
雑誌は、写真でも楽しめちゃいますね。お陰で立ち読みは英語雑誌+イタリア語雑誌と、日本よりも冊数が増えましたっ。
購入も本当は英語が良いのですが、イベント情報は当然イギリスのばかり・・・・結局、イギリスは行けないですからね。。

Posted by: marque | 2007.09.23 at 21:29

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16529480

Listed below are links to weblogs that reference Rivisti d'Italia その2:

« 羨望のUK | Main | 日本からのお土産 »