« Campioni del Mondo 2000 | Main | Rivisti d'Italia その2 »

2007.09.21

羨望のUK

Descriptio8766
(写真はBarchetta.cc

憧れのGoodwood、いつか行きたいと企んでいます。

Goodwoodには、大きく春のFestival of Speedと秋のRevivalがあるが、私的にはなんといってもRevivalのほう! Gentleman driverが往年のマシンを振り回し、そしてエントリーカーのレパートリーに富むのは、世界的にもモータースポーツ発祥の地であるUK Goodwood Revival!、ほかにLeMansCalssic、MonacoHistolique、MontereyLangnaSecaあたりじゃないのだろうか。

Monaco以外は、何れにしても遠征旅行になってしまうので(Montereyは大きな遠征だっ!)、これらの観戦はヨーロッパに住んでいる間のMustだと心の中で思っています。

ところが、、、ここには様々なイタリア的事情というのがありまして・・・

イタリアに入国後、この地に住むには滞在許可書というものを申請するのですが、、、テキトーといいますか、遅れに遅れるイタリアといいますか!? 
入国後5ヶ月を経過した今現在、それが手元に届いていません。その間は基本的に海外への渡航が禁止されるという訳の判らない規則がありまして・・・・(基本的には母国へのみ、それも直行便での渡航なら可)、故にイギリスへ行けないんですね。。。(まあシェンゲン条約加盟国のフランスやドイツは大丈夫なんですけど)

参った。

今年も規則が大幅に変わり(ちなみに毎年変わる!大きくか小さく変わるかは運次第)、役所も混乱に陥っているらしく、1月に申請した人が9月に降りたという友人もいます。挙げ句にこれは1年ごとの更新なのですね。(滞在許可書をもっていない期間の方が長いという訳の判らなささ! これがイタリアの役所なのだ。)

という訳で、指をくわえてみるGoodwood!!


Descriptio8911
素晴らしきMaserati brothersが手がけたMonopostたち


Descriptio8919
こちら、Enzoの魂が宿るracing prancing horse
これらはShell Histolique Challengeでも、一応観戦できる。 上のMaseratiもそうだが・・・


Descriptio8680
イングランドの雄、AstonMartin
AstonGreenが美しい!


という訳で、今年も写真観戦になってしまった。
羨望のUK
「トホホ・・・」

|

« Campioni del Mondo 2000 | Main | Rivisti d'Italia その2 »

Comments

相変わらず...すっご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!
...って、今回は写真が!だけどね。

正真正銘、ホンマモンのMaseratiだっ(Maserati兄弟制作、と言う意味で)しかも、こんなに並んでるぅ?!
ホント、あら!ビックリ!!
それしか言葉が出て来ません(^_^;)

それにしても...イタリア。
愛すべきイタリアは、どこまでも...やっぱイタリアなんですねぇ(T_T)

Posted by: ghie | 2007.09.21 at 00:12

ghieさん
はい、そうなんです。だから旅行で訪れるのが一番で、住む国ではないと思うのですね〜〜。まあ、住んだから言えるんだけど。。。。
どこの国でも同じですが、異国の地に住むという事はいろいろ苦労あります。ふぅ〜〜

ところで、、、イギリスの良いところは、文化伝統を重んじるところにあると思います。たとえば、クルマ=車両に関しては、LeMans, Montereyでも集まるのです。ところがっ、、、、 AstonMartinの車両の保管所をみてください。あの時代を感じさせるところがイギリスの良さだと思うんですよね。。対してイタリア勢は簡易テントの下で、よろしくないけど・・・・・
いずれにせよMustです!!

Posted by: marque | 2007.09.21 at 02:01

私もGoodwoodにはいつか行ってみたいと思っています。でも子供が学校に行っているうちは…。しばらく先のことになりそうです。

Posted by: やす Lotus 340R | 2007.09.21 at 10:34

私的には、北海道や沖縄へ行く感覚なんですが・・・
行くのはいいが帰って来れないと、イタリア→英国→日本→イタリアと、時間もお金も、そして何といっても手間がかかりそうです。
これがイタリア、まあこんなもんですね。
日本はあまりにも全てが凄すぎて、イタリア人的普通な感覚でも、私には到底普通には思えません。
便利な世の中を知ったら後戻りできませ〜〜〜ん。

と言う訳で、羨望のUK=Goodwoodなのです。

Posted by: marque | 2007.09.21 at 22:29

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16514649

Listed below are links to weblogs that reference 羨望のUK:

« Campioni del Mondo 2000 | Main | Rivisti d'Italia その2 »