« Terra di Motori | Main | 朝の散歩 Milano編 »

2007.10.11

Terra di Motori その2

Img_6507_3
つづき、最終日。

翌日曜日はMaserati SpAのファクトリツアーとMirandoraまでのドライブ、そして車輛展示。皆で宿泊したホテルから一団となりショールームに移動し全員集合する。ここでは一昨年、Maserati Clubの機関誌を飾ったTridenteに再会(これがトップの写真)。

Img_6526
ショールーム内を探索するとNew GranTurismoのグリルモニュメントを発見し、思わず写真に収める。

その後、ショールーム前で珍しいクルマをまたまた発見!ついつい吸い寄せられていった私であった。
そのクルマとは!?

Img_6539
Lamborghini Urraco
個体も珍しいが、私的にはなんといっても色がいい! マルーンという珍しいカラーで思わず一目惚れしてしまった。
如何です?皆さんも一瞬浮気性になりませんっ?(と同意を求める。)
後ろは420、珍しい!!


次はModenaから20-30km離れたMirandoraの街へ向かう。みんなで走るModenaのカントリーロードは何とも言えない至福の瞬間。これがイベントの醍醐味!

Mirandoraの街に到着するとそこにはMaseratiあり、Ferrariあり、Lamborghini, Alfaromeo, DeTomasoなどが展示され、それはそれは壮観な光景が繰り広げられていた。

Img_6579
これが我々の車輛!
壮観に遥か彼方まで一列に並ぶ、それは凄い光景であった。

Img
そんな中にどこかで見た事のある1台!?
GrigioなMaserati Mistral

Img_6571
展示されたDeTomaso
左はDeTomaso 2000 Competizione、Ghia入りしたGiugiaro氏の処女作、もちろんOne-off。右はPanteraのレーシング。その間に立つ人物はAlessandro DeTomaso氏の息子であるSantiago! こんなところにさらっと登場するのがイタリアらしい。
私は会う事が出来なかったがFerruccio Lamborghiniの息子さんも会場にいたようだ。

Img_6582
これは私の好きなLamborghini 350GT

Img_6564
AlfaRomeo 155V6 Ti
実は私がイタリア車に入るきっかけをつくった1992年DTMマシンなのです。何年越しかの再会!


こんな右を見ても左をみても驚きの週末を満喫したのでした。

|

« Terra di Motori | Main | 朝の散歩 Milano編 »

Comments

Urraco、いいですねぇ~ときめきます。(^^) 2+2のLamborghiniというのが素敵。クリーンなボディデザインも好みです。その派生モデルである Silhouette、Jalpaも好きですが、Urracoの特徴的なリアデザインとか、好みです。ちなみに以前にJalpaの中古を真剣に考えたこともありました。(爆)

Posted by: iwao | 2007.10.11 at 07:45

こんにちは!
PCがパンクしたおかげで、IEからSafariに換えたら、日本語入力できるようになりましたので、これからは母国語です。といっても前も日本語をローマ字にしただけでしたけど(笑)。
さてMASEARATI三昧というかイタリア車三昧の日々を送られてますね!。実際の美しいデザインには感動されていることでしょうが、どれをとっても歴史に名を残す名車です。ものづくりを大切にしている国のことだけあって、見習わなくてはいけませんね、日本も。
奥山さんの「伝統の逆襲」を探しているのですが、未読のままです。
石畳の上のミストラルも絵になってます。言葉に表せない美しさを感じます。美しいものを見ていると幸せな気持ちになります。

(やっぱり日本語入力は楽です!笑)

Posted by: Architect | 2007.10.11 at 14:14

iwaoさん
Urracoいいですよね〜〜。クリーンでコンパクト、それなのに2+2。
色も含めて、かなりの通な雰囲気が漂ってました。あのウェッジシェイプがかまらなくソソラレルんですよね。。

Architectさん
日本語になってしまったのですね。あのローマ字、なかなか好きだったのですが・・・・スローにしか読めないので心を和やかにしてくれます。
私のblogは良いところしか書いてませんので、三昧生活と思われますがかな〜〜り苦労も多いです。さすがイタリア!!というような感じ↓↓ クルマだけをとれば三昧ですがっ(笑)
しかし、デザイン、造形美に対する姿勢は凄いですね。私のようなその道の素人にとっては、文化の違いとしか表現できません。スケール、スタンスが全く異なります。いつも驚かされます。

Posted by: marque | 2007.10.11 at 17:35

marqueさんこんばんは。
いやぁ~大満喫じゃないですか!
ウラヤマシイ!!
ところで420って私初めて知りました。
要するに日本では2.8で430、
本国は2.0だから420ってことですか?
それにしてもUrracoは文句なしかっこいい。この色も最高ですね。色は違うけど日本でもどこかでUrracoにプライスボードがかかっていた気がします(府中だったか)。
浮気しちゃいそう(お金があれば・・・)

Posted by: acero | 2007.10.11 at 19:52

aceroさん
ご無沙汰しております。はい、クルマはご覧の通り三昧でございます。
イタリアは一昔前までは2L以下ばかりでしたね。Merakもそうだし、BITURBOも、この420もね。。。
このUrracoの色、こないだのPebbleBeachでオークションにかかったex-MacQueenのLussoを思い出させます。 あっ、行っちゃってください。

Posted by: marque | 2007.10.12 at 00:24

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/16726703

Listed below are links to weblogs that reference Terra di Motori その2:

« Terra di Motori | Main | 朝の散歩 Milano編 »