« MostraScambioにいってきた | Main | 価格=Prezzo »

2007.11.20

Mercato dell' Antiquariato

Dscf0121
寒い寒い先週末の日曜日は特に大きな用もなかったので、妻と一緒にMilanoの中心地、Brera地区で毎月第3日曜日に行われているアンティークマーケット=Mercato dell' Antiquariatoに出かけてきた。
しかし・・・、散策の予定が思わずちょっぴり散財してしまいました。

もともとこのマーケットは妻が好きで、夏にも一緒に訪れた事があったのです。マーケットのメインはもちろんアンティーク製品、例えば宝石、食器、シルバー、絵画などその品も多岐に渡ります。その中で数店、アンティーク書籍や印刷物=ポスターなどを扱っているお店があります。その中のひとつを通り過ぎた私の目に入ったのは、FIAT, AUTO, MOTOという文字とクラシックなポスター!(これがトップの写真、一番右にFIATのポスターがあります。拡大クリックしてください)
「これは・・・・なにか面白いものがあるに違いない!」と思い、そのお店に寄り道する事になったのです。

Dscf0138
これがそのお店の片側。こちらには大量の書籍、その向こう側に絵画とともにポスターが並べられています。

Dscf0136
そこで私が目にしたのは、このような大量のアンティクポスター!(写真はFulvia)ポスターといっても、昔の広告を奇麗に額装したような簡単なものです。
FIAT, Lancia, AlfaRomeoなどは、多くの種類があり選ぶ方もまた楽しい。また特に戦前のものなどもあり、クルマそのものに加えてそのデザインもまた優雅なのです。このような選ぶ楽しみがあるのに対して、Maseratiをはじめとする希少なクルマはその品数も少ない。その中からまた見つける過程も楽しいのですが・・・・

Dscf0135
これが一点だけあったMaserati。Ghibliが描かれたこれは1960年代後半から1970年くらいのMaseratiイタリア向け広告
まだ広告主は、Officine Alfieri Maseratiになっています。

Dscf0133
その中でひとつだけ購入したのは、これ!!
結局、ポスターではなく僅か7x4cmほどのリトグラフ
1953年に描かれたものでMaserati A6-1500 PininFarinaです。なかなか秀逸な作品です。
ほかにも3500GTを始め、ほかいくつかのメークスがありました。

というわけで土曜日、日曜両日ともクラシックな週末を満喫したのでありました。

追記
Dscf0125
本当はこのように宝石などが並んだお洒落な通りなのです。
アンティーク市ではクルマ関係の品物なんて、新しく新品同様ですね。

|

« MostraScambioにいってきた | Main | 価格=Prezzo »

Comments

こういうのっていいですよね。
何が見つかるか楽しみで。
きっと目玉が出てきてすっごく得した気分ですぐに購入してしまうのでしょうね。

Posted by: Kookie | 2007.11.20 at 00:47

Kookieさん、お元気ですか?
この前の記事のMostraScambioなどとは違って掘り出しものを見つける事に喜びを感じますね。もちろんあちらにも掘り出しもはありますが、はなからクルマ関係ってわかってますからね。。
その類いの喜びは楽しく、見つけたときの感動はひと味違います。
おかげさまで購入しましたよ。。

Posted by: marque | 2007.11.20 at 06:56

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/17115840

Listed below are links to weblogs that reference Mercato dell' Antiquariato:

« MostraScambioにいってきた | Main | 価格=Prezzo »