« 行ってきました!Bolognaへ その3 | Main | calendario »

2008.01.14

assurdo

今日はまったくクルマ以外のお話を
まあ、冬なので完全にネタ切れです。


海外で生活をするということは、多かれ少なかれ苦労がつきものです。
私の場合、初めての海外生活がイタリアだった訳で、ご想像通り苦労話しの類いは山の様にあります。
そして、先日またまたCommune(市役所)に行ってウンザリしたので、その話でもしてみましょう。

以前にも書いたとことがありますが、イタリアの場合、入国後まず滞在許可証というものを申請します。これはいたって普通のことなのですが、ここからがイタリアらしく、許可証が発行されるまでに数ヶ月かかります(ちなみにこれは毎年更新)。

昨年4月にこちらにきて、すぐ申請しましたが・・・
一番最初の招集がなんと!今年の7月!!
2007/4-2008/4の滞在許可申請なのに、なぜに招集は2008年の7月!? さすがに適当さに慣れてきた私も、「有効期限が過ぎた許可証の呼び出しに誰がいくの?これって絶対におかしい」ということで、連絡を取りました。
すると招集日の日程が変更され、つい先日、9ヶ月かかってやっと滞在許可証が手元にやってきました。(実はこの間にも何回か、ウンザリするようなやり取りがある! それでも手元にやってきたので良しとしよう!もっと長期間待つ人もいるみたいだし、現に私の家族は未だに待っている。)
あ〜、ついつい本題に入るまでの導入編がかなり長くなってしまった。


次いで申請しなければいけないのが、住民登録。

この住民登録には、先に申請した滞在許可書を含め、日本の戸籍謄本などが必要になります。
これは予想された事であったので、出国前、イタリア政府公認の翻訳家に訳してもらい、外務省でアポスティーユ証明、イタリア大使館でも公認の鑑をもらっていたのです。(←これだけでもかなり面倒!)
そして、これを持参し意気揚々と住民登録のため市役所に出かけたところ、「有効期限の6ヶ月を過ぎているからダメ!」と言い張るのです。
「えっ、きちんと準備しているのに滞在許可書の発行に9ヶ月もかかっているのは、そちらの問題でしょ! そもそもスムーズに発行してくれれば、全てがこれでOKなはず。おかしい!」と抗議しても、窓口では結局何事の解決にもなりません。
(もぉ〜〜、おかしすぎます!イタリア!!怒!!!)
結局、まったく同じステップをやり直すように言うのです。
つまり、日本から新たに戸籍謄本を取り直し、新ためて日本大使館で翻訳してもらい、それを持参し市役所に出直すという訳です。もぉ〜〜信じられません!!!!
おまけに申請してから、本当に住んでいるかどうかチェックにくるため、、住民登録までに、ここでも2-6ヶ月かかります。(どうにかしてくれ〜〜!!!!!)

しかし、ここはイタリア!
諦めて、すべてを受け入れ退散しました。
(唯一の救いは、すでに家族の滞在許可申請で使用していたことでしょうか?)

それでも納得いかない私は、職場でこの経緯を同僚数人に話したのです。
ここでの対応が人それぞれ異なり、かなりおもしろかった。

ケース1:ミラノ市民(生まれも育ちもミラノ)
笑いながら、「いつものことだよ、それでもミラノはナポリなんかより100倍システマチックでいいよ! 極めてミラノはドイツ的だから!!」というのです。
この感覚も凄い。
そういわれてみれば、ナポリはゴミの収集もストップしているし・・・

ケース2:南イタリア出身の大学生
これも笑いながら「ようこそイタリアへ、それがイタリアだよ!」
といいながら、私の肩をポンポンと叩きます。
う〜〜ン、やはり南イタリアの感覚か??

ケース3:フランス人の同僚
「フランスは全ての書類は有効期限3ヶ月よ、私はいつも書類集めに奔走しているわ」
これも凄い。

ケース4:ミラノ市民(極めて優秀な同僚)
→私以上に怒っていた。。。

こんな感じで、人それぞれの感覚はこんなにも異なる事を実感したのでした。

それにしても、本当にウンザリです。
苦労はありますが、それでもイタリアは先進国だから、まだまだマシなんだろうなぁ〜〜。海外生活っていろいろ大変!!
とう訳で、今日は呆れた(=assurdo)お話でした。

あ〜〜、それにしてもいつになったら住民登録してIDもらえるのだろうか?
この調子だと、おそらくあと数ヶ月は住所不定ですな・・・トホホ。。。




PS
長文読んで頂きありがとうございました。笑ってやってください。

|

« 行ってきました!Bolognaへ その3 | Main | calendario »

Comments

日本人的には考えられへんねぇ~
でも、この国ではスーパーカー = GT-Rであって、
FERRARIやMASERATIは創れないのよねぇ~

Posted by: tombo | 2008.01.14 at 08:49

お疲れ様です。
お気持ち切にお察しいたします。。。
と言うか、国はちがえど、ここ中国も似たような話がやまほど、、、日本の生活に慣れていると、なんとストレスフルなことか。。。
中国って国は、法治社会というよりも人治社会で、法律はあっても運用は担当者次第、しかも「上に政策あれば、下に対策あり」。コネがモノをいう社会ですが、外国人である我々にそのコネもなく、しかも私は「日本鬼子」ですからね。

この国でも、外国人居留許可証の更新は毎年で、この許可の為に、外国人就業証も更新して、日本からは戸籍抄本取り寄せてと、、、また更新作業で入国管理局に行く度に1週間ほどパスポートを取り上げられて、北京から身動きできず。。。(この国は、パスポートがなければ国内線と言えども飛行機に乗せてもらえません。)
それでも、自分のビザは気をつけているのですが、昨年はやっちゃいました。。。家族のビザ切れ。。。
入管に詫び状書いて、怖そうな入管の管理官に説明して、、、一日かかって申請を受け付けてもらって、しかも公安に罰金5500元払わされました(ちなみに、北京の大卒の月給が2000元くらいですから、中国的にこれは高い)。

帰国したら、海外ストレス話で飲み明かしましょう。

Posted by: zagato90 | 2008.01.14 at 10:34

うーむ。。。気苦労が絶えませんね。

いつも、羨ましい。。。とばかり思っていましたが、実際に生活すると言う事の大変さも感じてしまいます。

この好い加減さ・ルーズさ・・・が、あの様な素晴らしいデザイン&感性を生み出す元になっているのかな???
だとしたら、日本メイドは絶対に追いつけない。。。はず?
日本に生まれ・育ち、本当に良かったなぁ、と思いながらも、寂しさも感じてしまう。

とは言え。
最近の日本、好い加減さでは結構なもの・・・に、なりつつあるかも?
それに加えて、デザイン&感性もダメダメだったら。悲し過ぎます。

Posted by: ghie | 2008.01.14 at 11:31

tomboさん
日本的にこんなことがあったら、お役所に厳しいマスコミは放っておかないでしょうね〜〜。日本を含め2ヶ国以上、生活の経験がある外国人はみんな「日本って便利だよね〜〜」って言ってます。
スーパーカー論議、イマジネーションとシステムは別問題ですね。きっと!!
このイタリアで、Ferrari F1があれだけ故障しないのは、俄に信じがたいのですがぁ。本気になると違うということかっ!!

zagato90さん
きっと痛いほど判って頂けるでしょう。
この種の話って、外国に生活した事ある人は誰でも経験する事ですが・・・日本とのギャップが大きすぎるのよねぇ〜〜
こちらは滞在許可証申請中は、国外にでれません。陸続き、狭いヨーロッパ、何と半年以上も外国に行けないっておかしいんじゃない?(まあEU圏内はパスポートコントロールがほとんどないし、シェンゲン国は基本的には大丈夫なんですけど。でも何かあったら問題ですし、IDコントロールの厳しい飛行機は怖くて乗れません。)
でっ、zagato90さんもやっちゃってますね。あらら。。。
私も気をつけます。でもその罰金額、完全に外国人向けですね。
ストレス話、一晩中終わらなそう(苦笑)

ghieさん
国外生活者、皆さん感じている事だと思います。基本的には楽しい事しか伝えていないませんが、正直、こんなのばかりです。マンマミーアの世界です。。
デザインは、文化、規則、伝統、全てを含めてなんでしょうね。
個人的な意見になりますが、日本にも、絶対的な数は少ないながらも感性は存在しているのではないかと思います。しかし、それを許す環境、それを表現する場がないのが日本かな?という気がします。そういう点では残念。
しかし、Yahooニュースの「新成人の半数が、日本の将来は暗い」と考えているとは・・・将来有望な若者のモチベーション低下。どうなるんでしょう?この先

Posted by: marque | 2008.01.14 at 18:39

やはり日本はちゃんとしている。じゃ「年金は」てなるとお役人の都合のようように何処の国もなるようですね。
スペインは、どうなんだろう。従姉は永住を決めたようで親をマドリッドに呼んでしまった。老後の外国生活、スペイン語話せないなのどうするのかな、もう引越しちゃったし。

Posted by: イノウエ | 2008.01.14 at 19:39

Buonasera marqueさん

イタリアの手続きは大変ですね。
ちなみに、marqueさんの居住地はMilanoですか。お役に立つかどうかはわかりませんが、日本にいたときにイタリア語の通訳をしていたmia amica giapponeseが、現在Milanoで働いています。何かお困りの際は、お手伝いできるかもしれませんので、その節はご連絡ください。

Ciao ciao!

Posted by: topo | 2008.01.14 at 20:25

こんばんわ。(日本時間)

いかにもイタリア的でいいですね。
なんかアジアの弟三諸国でビザとっているみたい。
その手の苦労を味わったことのない私にとって、
とても新鮮で興味深話題です。
(完全に他人事として楽しんでます。ゴメンナサイ)

無事ID取得の折には一緒に祝杯をあげましょうね。

Posted by: acero | 2008.01.14 at 22:18

こんばんは。

いかにもイタリア的なお話ですね。
日本人にとっての常識が常識でないお国柄ですし。
私の場合は米国の二重国籍で20歳の時に米国の永住権付の日本国籍と
なりましたが、留学中F1ビザ(学生用の長期滞在ビザ)で米国に
入国している友人達が、ナイヤガラの滝ツアーでカナダ側に渡れません
でした。申請中、国外に出られないのと同じですね。
事情を米国の役所と日本大使館に相談もしましたが、
一瞬でも国外に出ると戻る時にF1ビザでの再入国は
できない、と・・・。
こういう手続きってほんと大変です。観光は自由だけれど、実際に
長期で住む、となると色々ややこしいでしょうね。
がんばってください。

Posted by: Violet | 2008.01.14 at 23:56

イノウエ さん
こんばんは。そうおっしゃるとどこでも同じように感じますね。損するのは一般市民ばかり。何か腑に落ちない・・・
ところで、従姉さんのお話、凄いですね〜〜
私なら出来ません。食事を含めて、やっぱり私は日本人だ!と毎日思っています。私はとても母親を呼ぶなんてこと出来ないな〜〜、本当に凄い。

topoさん、Ciao,ciao
先進国の中では大変な方ではないかと思います>イタリア
でも下を見ればいくらでも出てきそうですから!!(と思って慰めてます)
ご友人のお話、ありがとうございます。実は仕事は英語only、イタリア語の習得が悪くて困ってます。マセ友達には「お前はいつになったら、イタリア語を話すんだ!」って言われる有様です(苦笑、、、でも仕事の後、勉強するほど気力が続かないんですよねぇ)

aceroさん
>いいですね
って・・・  いえっ、よくないですって!!!
笑ってないで、同情してくださ〜〜い。お願いっ
>無事ID取得の折には一緒に祝杯をあげましょうね。
祝杯あげるために、お待ちしております。
Benvenuto Italia!! オーーーー楽しみ楽しみ。。

Violetさん
日本の常識は、どこにいっても通用しないですね。
>再入国はできない。
そうなんですよね〜〜。
シェンゲン国はまだしも...スイスに一旦入って、から再入国しようとすると、牢獄行きなんて話を本当にききました。
日本は島国なんで、こういう感覚はあり得ないので、余計に驚きマッス!!

Posted by: marque | 2008.01.15 at 06:13

お疲れ様です。
日本を離れると日本の良さがいっぱいわかるものですよね??marqueさんも帰国の頃にはイタリアかぶれになっていたりして・・・・

私が仕事を一緒にしたイタリア人は本当に理解不可能・他力本願・自己責任ゼロの人でした。ミスを人のせいに必ずする。いくら言い合いしてもまったくの無駄であって・・むしろ私にとってはマイナスな精神面でした。同じ人間とはいえ育った環境が違うとこうも人間が違うのかと思いました。

marqueさんの回りの方は私がであった人程ではないと思いますが・・・極めて優秀な方なんて marqueさん以上に怒ってくださったんですよね。そういう方とお付き合いするのが同じ感覚でいいですね。

4月からイタリア語の学校通おうと思っていますが・・・
(ほんとにやるのか不明・・・いつも始める始めるっていってるのでぇ・・)
ちょっと考えどころですわぁ・・ほんとはフランス語がいいのですが、フランス語は子供の頃からやってないと発音が無理。イタリア語ができればスペイン語も多少わかるとかで一石二鳥かなと・・あれ?逆だったかな?
スペイン語ができるとイタリア語がわかる??

これからも違う世界話聞かせて下さい。
滞在はいつまでなのでしょうか??

Posted by: つぶ小豆 | 2008.01.17 at 23:48

こんばんは
私は決してイタリアかぶれにはならないと思いますよ。自身が几帳面なほうなので、帰国する頃には丁度いい具合になることを期待してます。
いろいろ人も居ますが、絶対時間に遅れないような人から、まるでダメダメいろいろな方がいます。根本的な生活習慣、環境などことなりますが、やはりパーソナリティーが大きいのでは!?
語学は私も苦労してますよ。ラテン語、いわゆるフランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語のどれかを知っていれば、ほかの言語を習得するにはかなり有利になりますね。たとえ英語を知っていても、ラテン語には英語にない部分が多いので苦労します。
英語って基本的にはシンプルな言葉ですよ。素晴らしい!!

Posted by: marque | 2008.01.18 at 05:27

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/17687938

Listed below are links to weblogs that reference assurdo:

« 行ってきました!Bolognaへ その3 | Main | calendario »