« Retromobileは・・・到達できず | Main | Rai Sport »

2008.02.19

campanga

Img_7443s
先週はRetromobileに行けなかったので、週末はGrandPuntを操り、Milano郊外のVigevano、そしてちょっと離れたMantovaを訪れました。

もともと今回Mantovaを訪れるつもりは全くなく、次に日本から訪れる知人が、Mantovano Volante=空飛ぶマントバ人、Museo Tazio Nuvolariを訪れたいという希望があったので、インターネットでホテル探しをしていたのです。そんな時に妻が気に入ったB&Bを見つけてしまったので、即予約しMantovaを訪れたという訳。

しかし、今回の旅の目的であるB&Bから、前日の夜になってオーバーブッキングで部屋はないという知らせが・・・ 「それじゃ〜行く意味が無いじゃない」と嘆く声も聞こえたが、仕方が無いので、紹介されたカントリーサイドのB&Bに宿泊しました。
結論から言うと、そのB&Bが「大当たり!」、思わず日本からくる友人のために次のブッキングもお願いしてしまったほど。

どのようだったかというと、もともとこのあたりは農業、酪農が盛んな地域で、街の中心地から10分も走れば辺り一面は畑や牧場だらけの田園地帯なのです。カントリーサイドに建つB&Bへ向かう一本道で撮影したのがトップの写真、これでどれくらい田舎であるか判ってもらえると思う。
その田園の真ん中にひっそりと建ち、僅か2 部屋しかない隠れやみたいな感じのB&Bで、部屋は納屋の上にあるような感じのところだけど、奇麗にセンスよくまとめられ、とっても静か。おまけに今回が初めての日本人をもてなすとのことで、人情味あふれるオーナーのもとで、優雅な週末をリラックスしたのでした。
夕食もオーナーの友人がやっているというアグリツーリズモを紹介された。ここでも初めての日本人ゲストということで、とてもよくしてくれ、Lambursco Mantovanoと共にMantovaの郷土料理を「もぅ食べきれない!」というくらいまで堪能。

思いもよらず、エコノミックで素晴らしい体験をさせてもらいました。
市街に宿泊するのは簡単だけど、こんな田舎では、思いも寄らないようなことと巡り会い、びっくりできるのが面白い。こんなのもおすすめです。


ピクチャーギャラリーは以下へ

Img_7432
イタリア最長のPo川のほとりで夕暮れを眺める。マジで田舎。

Img_7441
これがB&B。一見、田園地帯に建つ普通の家。
暖かくなったら、家の前で蜂蜜もとれるそう。

Img_7422
滞在した部屋の窓からみた光景、永遠と広がる畑・畑・畑


PS
個人的には、イタリアは都市より、断然マイナーな田舎のほうが面白いと思っています。

|

« Retromobileは・・・到達できず | Main | Rai Sport »

Comments

あっ、Museo TazioNuvolariには訪れていませんので・・・
一緒に楽しみましょう。

Posted by: marque | 2008.02.19 at 18:30

いいですね。
カントリーロードを駆け抜けたい。
イタリアンの咆哮を響かせながら・・・

まあ普段は田んぼの真ん中をマセで走ってますけどね。
そこに養蜂場もありますし。。。(笑い)

でもやっぱり地中海の風を感じながら走りたいですね!

Posted by: alessasndro | 2008.02.19 at 20:14

まず、一言だけ突っ込ませていただいていいでしょうか。
campagnaが正解です!

Museo Tazio Nuvolari、懐かしいです。小さなmuseoですよね。
私は行ったときに受付の女性と仲良くなって、その“田園”にサイクリングに連れて行かれました。町から一歩出ると、ホッとするような風景が広がっていて、サイクリングコースがあります。Mantovaは平坦な町なので、自転車も結構走っていますね。でも、サイクリングとは名ばかりで、翌日は筋肉痛になるぐらいハードなものでした…。

Posted by: topo | 2008.02.19 at 20:31

とにかく。
写真の美しさに、感嘆!

そして。
そのシチュエーションに、羨望!!

さらに。
そこに行けない状態に、嘆息!!!

Posted by: ghie | 2008.02.19 at 22:24

下見ありがとうございます。
これで誰が行くかばれるね。。
しかし・・、もう天国に行くような気持ってこのことかな?楽しみ!!

Posted by: RYU | 2008.02.19 at 22:54

alessandroさん
普段は田んぼの真ん中・・・ 私、田舎育ちなのでよく判ります!というか想像できます。 
が・・・全然違うんですよねぇ〜雰囲気が!! これは地中海の風によるマジックなのか?不思議なんです。 
こんなところMyMaseratiだったら最高だろうなぁ〜〜


topoさん
campagna正解には、激しく同意です。本当に心地よいですよね。
妻もcampagna派なので、「喧噪のミラノに帰ってきた」っていってます。
Museoはまだ未体験なんですけどね、訪れるときを期待しています。
Mantovaのパンフレットの中のひとつに「サイクリングで街を訪ねよう」というのがあります。当然、私もすすめられましたよ→サイクリング!
しかし、クルマ生活なのでありました。運動不足になる訳だ・・・


ghieさん
そんなこと言わずに、美しいところに自身を置き、リラックスされてください。
A dopo in Italia!!


RYUさん
という訳で、Mantovaの宿は予定とは全く異なるカントリーサイドになってしまいました。激安ですが、満足していただけると思います。
心配なのは皆さんのお腹です。大食漢にしていらしてください。

Posted by: marque | 2008.02.20 at 00:51

素敵なところですね〜!

わずか3枚の写真でそれが伝わって来ます。
いいな〜!行って見たい!
郷土料理も興味津々、美味しいんでしょうね〜!

Posted by: yuqui | 2008.02.20 at 13:57

yuquiさん、クルマの調子は如何ですか?
タイトルにもしました。campagna=田舎が、今回のキーワードです。
ちょっと知ってくると田舎がよくなっちゃうんですよね。
たまには、こんなのもレポートしてみますね〜

Posted by: marque | 2008.02.20 at 18:01

クルマ、今のところ調子良くて気持ち悪いです(笑)
嵐の前の静けさのようでコワい。。。

campagna=田舎、いいですね〜☆
イタリアに限らず、ヨーロッパは田舎が楽しいかも!
レポート楽しみにしています☆

Posted by: yuqui | 2008.02.20 at 23:57

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/40177504

Listed below are links to weblogs that reference campanga:

« Retromobileは・・・到達できず | Main | Rai Sport »