« 8CTF・・・ | Main | Pasquaまでの2週間 »

2008.03.21

macchina piccolina

先日、友人がコンパクトカーを購入しようと思うということで、「どう思う?」と質問を受けた。改めて、コンパクトカーに対する意識を振り返ってみると、ヨーロッパにきた1年でクルマに対する意識が大きく変わってしまったように思う。友人は、そんな感化された意見が欲しかったようで、結局勝手気ままに思うまま答えさせて頂いた。それがきっかけとなり、コンパクトカーに対して思うまま綴ってみようと思う。

もちろん趣味車を日常生活に使う場合も考えられるし、完全に切り離す人だっているし、クルマに全く興味のない人もいるので、これは完全に個人的見解でございます。あしからず・・・

1.位置づけ
日本と同様にイタリアのカントリーサイドではクルマは必需品ながら、完全に贅沢品の位置づけであって、お値段も結構高い。以前紹介したようにイタリアの消費税は20%と高率なので、高額商品は自ずと支払い金額も跳ね上がっていくのである。加えて、ヨーロッパの街というのは数百年前の中世の姿を留めているところも多い、つまり、クルマが通行することになる道路も細く入り組んでいるところが多い訳で、自ずとコンパクトカーの需要が高まるのである。

2.ガソリンについて
上述の理由に加えて、コンパクトカーは何といっても燃費がいい!
これも大きなファクターだと思う。日本ではハイオクガソリン=160円/L、ディーゼル=130円/Lくらいだが、ここヨーロッパでのガソリン価格はそんなモノではない。ガソリンもディーゼルも値段は同じで1.35-1.40ユーロ/L前後、つまり200円/Lもする訳で、少しでも燃費をよくしたいというのは当然の事。日本に比較して高速道路料金は安い(ドイツなんて無料だもんね!)けれど、ガソリン代は重くのしかかるのである。そこで登場するのがディーゼル。個人的にディーゼルは、古典的なイメージも良くないし、毛嫌いしていた。加えて、イタリアに来てからもディーゼルレンタカーを借りては「パワーないなぁ〜」なんて思っていたけれど、何回かレンタカーするにつれて、それは大きな間違いである事に気づいた。どういうことかというと、ガソリン車にしてもディーゼル車にしても小型車ばかりを借りているので、今までMASERATIなんて乗っていた身としては相対的に全てがパワー不足に感じるのでした。今では、パワー不足のコンパクトカーに慣れてしまい、燃費が良くて低速トルクがあり、ズボラな運転を許容してくれるディーゼルの方がお気に入り。(いい加減なモノです→ワタシ・・・)
(イタリアではBenzina=ガソリン、Gasoline=ディーゼル 知らないと間違って入れそうでややこしい!!)

3.駐車場
都市では、狭い道路に加えて慢性的に駐車場不足!よって自ずと安価なコンパクトカーは路上駐車されるのでありました(もちろん合法的に)。高級車やスポーツカーは当然の如く路上駐車されるようなことはなく、立派な庭の中に建てられたような駐車場に潜んでいます。対してコンパクトカーは、雨、風、雪、ホコリなどに吹き曝され汚れまみれ!走っているクルマだって汚れた車が多いし、クルマも痛み易いし塗装なんてツヤがなくなった車がゴロゴロいる。この姿が、私にいわゆる高級車とコンパクトカーの違いを思い知らせた最大の原因だと思う。

階級社会の中にきっちり根付いた車的階級社会。
この経験が、私にコンパクトカー=足車とみるようにさせてしまったように思う。
もちろん小さな車だって、スペシャルな車は多くあるし、大好きなんですけどね。。



追記
コメントでも記したちょっと気になるコンパクトカーをフォトスナップしてきました。

Dscf0205Toyota Aygo
日本では発売されていないVitzのワンクラス下のAygo、キュートなスタイリングで細部も抑揚がありなかなかいいのではないか?と思う。実はこれ、後述のCitroenC1, Peugeout107との兄弟車。先日のGeneva Salonでデビューした更に下のクラスのIQってのも気になる→ほとんどsmartの世界だけど・・・

Dscf0207Renault Twingo
新型の方のTwingo、旧型の面影は全く感じさせない。唯一、ドアノブくらいか・・・ こちらもコンパクトで良さそう。日産Marchとの関係はどうなってるんだろう?

Dscf0209Audi A2
既に販売不振で発売中止になってしまったA2。やっぱりドイツ車だから、ラテンのクルマと比べると安心感が違うんですよね。不細工だけどスペースユーティリティーに優れていていいと思うんだけど・・・
どうですか?

C1pinkoCitoroen C1
CitoroenのコンパクトカーC1、実はToyotaAygoの兄弟車。C1実は限定で若い女の子に人気なバックブランドPINKOとコラボレーションをやっている。白にピンクや、黒にピンクのダブルシェブロンで結構キュートなんだな。。。 おじさんの興味もそそる恐るべしPINKOオリジナル(笑)

|

« 8CTF・・・ | Main | Pasquaまでの2週間 »

Comments

スペシャルなコンパクトではないですが、私はnew FIAT500が欲しいです。きめてはもう100%見た目だけです。
でもセカンドカー的に買えるキャパがなきゃ手を出せないのでしょうね。あの車は。。。

Posted by: サンダーバードの恋人 | 2008.03.21 at 22:58

今、旧Twingoで十分満足していますが、Panda100HPとか、気になります。日本では100台ちょっとの限定ですぐに完売しちゃってますけど、、、

Posted by: iwao | 2008.03.22 at 06:58

アルファのちっちゃいのが出るようですね!
8C顔のヤツです、MiToとかいいましたっけ?

あれ、気になってます。
ボディラインはまるでクラッシックモダンなマセラティかな、と。
おひとつ、いかがですか(^_-)

Posted by: おおはずし | 2008.03.22 at 09:13

サンダーバードの恋人さん
ようこそ、いらっしゃいませ。new FIAT500かわいいですね。
人気でよく走っていますよ。レンタカー会社も導入したいそうだけど、間に合わないらしい。

iwaoさん
私はPandaよりTwingoのほうが好きですよ。新しいTwingoも魅力的でっす。形やコンセプトはかなり異なりますが・・・

おおはずしさん
8C顔のMiToですね。なかなか良さそうですね。ネーミングも数字じゃなくて最近のAlfaの傾向でしょうか? Brera、MiTo (Milano-Torino)、次はPortelloやArese, Magendaなんてでたりして・・・
おひとつ、欲しいものですねぇ〜〜 

Posted by: marque | 2008.03.22 at 16:24

僕の認識でも、コンパクト・カーはいわゆる「アシ車」ですね。
ただ...その「アシ車」の定義が何か?・・・と言う原点に戻ってしまうんですけどね。
ちなみに僕としては、可能な限りその「アシ車」にも自分自身の趣味性を加えたくなってしまう...と言う、アホな展開を見せてくれそうで(あぁ、本末転倒)

先日、New 500の試乗をしました。
ハッキリ言いますと・・・かなり、グラッと来てしまいました。
Panda&GrandePuntoに比べ、遙かに洗練されたデュア・ロジック。
どこまでもチープだけれど、それを逆手に取ったセンス。
僕なら、コイツのベーシック・グレードをホントに「ゲタ」として乗りたいなぁ。。。と、本気で思ってしまいました。

Posted by: ghie | 2008.03.22 at 21:06

ghieサン
まさにその通りで、私にとって「アシ車」の定義が大幅に変わってしまいました。今までは、趣味性の高いエンスーなクルマがお好みでした。しかし、今は信頼性が高く、小さくて経済性もよい、そしてたくさんモノが積めて、税金、保険まで安いという、極一般的なまともな感覚=そしてつまらない感覚に!そしてちょっとオシャレであれば完璧!!
個人的にはCitoroenC1, ToyotaAygo, RenaultTwingo, LanciaYpsilonあたりにディーゼルハイブリッドがあれば完璧なんだけど・・・贅沢かな?
スピードは出ないけど、慢性的に免許点数で苦しんでいる私にはそれくらいの方がよいかも・・・

Posted by: marque | 2008.03.24 at 05:48

コンパクトカー・・我が家にはちっょと古い3DrHBが2台、それも日本ではマイナーなBG型ファミリア。(ほとんど見ないなぁ)
1台はBG5Sインタープレイ(’92)、BG8Z GT-R(’93)、考えてみればどちらみファミリカーであってもDOHCの走りに振った足回り。GT-RはGr.Aのホモロゲモデル。完全に趣味性が勝ってます(笑)。さらに、これにユーノスロードスター(’91)があるので(爆)

全てアシ車です。

Posted by: イノウエ | 2008.03.24 at 23:23

イノウエさん
MAZDA党ですね。。。実は私も新しいDemioは興味を引かれたりする。
街でのスナップ、追加ULしてみました。よろしければみてください。
やっぱり、これらのディーゼルハイブリッド欲しいな〜〜(独り言)

Posted by: marque | 2008.03.25 at 06:15

そちらではほんと、車は贅沢品なんですね。田舎だと必需品で、女と車が好きじゃない奴はイタリアの男ではないみたいなことを聞いたりしましたが、そんな事情とは。
車を見ると階級が一目瞭然ですか・・・そう思うと日本の車事情は恵まれていますね。

Posted by: なかむ~ | 2008.03.27 at 08:27

なかむ〜さん、ご無沙汰です。
クルマをみると階級が・・・→日本のブランドモノ事情とまったく同じですね。昔から、日本では「中学生がブランドモノを・・・、欧米では考えられない」といった類いの話がありましたが、まさにそれですね。それぞれの階級に対応したreasonableなクルマ選びです。その点、日本はバラバラですね。だから私も奇異なクルマに乗れるんですけどっ!

Posted by: marque | 2008.03.27 at 16:34

街角ウォッチング、楽しませて頂きました。
ありがとうございます。

やはり、デザインされた福田さん、Zoom-Zoomなセッティングの立花さんなどと知り合えたことが大きいです。
RX-8、現行デミオのデザインは前田さん。前田さんは、かつてラリーストだったのですよ。今もサーキット走っている走れるデザイナーです。

Posted by: イノウエ | 2008.03.30 at 21:33

イノウエさん
お詳しいですね〜 デザインされた方の解説を新車発表会でやれば、クルマ好きにはたまらないんですけどね・・・・
そんなことは実現される日が来るのでしょうか?

Posted by: marque | 2008.03.31 at 19:58

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/40586804

Listed below are links to weblogs that reference macchina piccolina:

« 8CTF・・・ | Main | Pasquaまでの2週間 »