« ARESE | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE »

2008.03.09

Piazza Doumoの散歩

Img_7663

Coppa MIlano-Sanremoラリーの参加車がPiazza Doumoに集まるというので、 昨日の夕方、出かけてきた。

Coppa Milano Sanremo自体の歴史は古く、1906年に第1回レースが開催されている。
当時は400kmという距離から、スピードレースというよりはむしろ耐久レースの性格が強かったようだ、その後は文字通りスピードレース、現在はタイムレースとして続いている。
初日はMonzaで集合しAutodoromoを走行後、MilanoのPiazza Doumoで車両が展示されるので、そこに出かけてきたという訳、その後は観衆の前で1台1台紹介されていた。

トップ写真は、Doumo前に並べられたAlfaRomeo
AlfaRomeoがスポンサーとなっているので、参加車両もMuseo Storicoから数台参加していた。

いつもの如く私は、気になる車両を個人的に観察し楽しんできたという訳。
では数枚ですが、フォトギャラリー

Img_7650
これは数年前、日本にもきていた空飛ぶ円盤、1952 DiscoVolante Spider
いつみても独創的で美しい

Img_7655
1966 Ferrari 275GTB
中央に入ったブルーラインとバンバーレスでレーシーな雰囲気、ロールバーも入っていた。きっとサーキットも走っていた車両なのであろう。
Ferrari好きなもんで・・・

Img_7678
1952 AlfaRomeo 1900 Coupe Pininfarina
珍しいAlfaのprototipo、昨年のVilla d'Esteにも展示されていたとオーナーから伺ったが、記憶にない・・・(汗) すごい車両バカリだと、ついつい忘れてしまうのが良くないね・・・
一見、PFらしくみえないがリアホイールアーチのラインはまさしくPFのそれ。
各車両はDoumoを囲んで、このように並んでいる。

Img_7705
1953 Ferrari 212 Inter
Pininfarinaによってデザインされたボディーをまとい、個人的に好みのツートンで最高にオシャレ。残念ながら、Doumoで展示されていたが、トラブルによってスタートしなかった。

Img_7657
展示車両の中にはこんなのも
Gallardo POLIZA
正直、このGallardoが一番観衆を集めていた。皆さん、判り易い最新のスーパーカーがお好みの様子。

ほかにも珍しい車両が数台あったけど、今回のHITは、AR 1900 Coupe PFとFerrari 212 Inter PFでした。偶然にも2台ともPF!!


追記
Maseratiは1台もいませんでした、残念。

|

« ARESE | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE »

Comments

このラリーは有名ですね。100周年記念のミニチュアカーのアルファロメオ1750GSを購入しましたよ。
写真はこちら ↓↓
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2007/01/_1750_alfa_rome_0db0.html

275GTB、シルバーにブルーのライン、素晴らしい色使い、さすがイタリアです。日本人には出来ないと思います。

ランボのパトカーは日本でも有名でミニチュアカーも市販されていますよ。

Posted by: イノウエ | 2008.03.09 at 01:41

いつも拝見するばかりでスイマセンtyphoon
今はまだまだ勉強中の身。
しかしながら、イタリアって日常的にこうしたイベントが開催されているように(ってイメージ先行?)、marqueさんの日記を拝見していて強く感じます。
歴史と伝統が重んじられるっていうのは、どちらかというとスクラップアンドビルド型(特に住宅など)が多い日本人にとっては、学ぶべき点が多いと思います。まぁ、これが成熟した社会なのでしょうねsun

Posted by: おおはずし | 2008.03.09 at 09:06

イノウエさん
こんにちは、blogにもコメントさせていただきましたが、Milano-sanremo記念ミニチュアカーなんて存在するのですね。
275GTBのカラーリングはなかなかよく素敵でした。
どこの世界でも面白いコレクターがいて、パトカーのみのモデラーってのがいるのですね。昨年、そのモデラーのブースに行く機会があったのですが、新旧あらゆるPOLIZIA仕様パトカーばかり、、いやはやここでも驚かされました。

おおはすしさん
その通りで、大きい小さいはあれど、毎週のようにやってますね。とくに3-6月、9-10月は大ラッシュです。そのかわりバカンスの夏と寒い冬は完全になくなります。型に関しては、何れにしてもその土地の文化かなと、、、スクラップアンドビルド、これが既に日本の文化ですね。でも資源がない日本、いつも大変ですね。

Posted by: marque | 2008.03.09 at 16:44

う~ん

ただ唸るだけです・・・

marqueさんの数々のイタリアレポートを見る限り、

日本のクラシックカー・イベントは、

ただの幼稚園児のお遊びですな・・

Posted by: Dr.Quattro(Veritas) | 2008.03.09 at 18:05

こんにちは、Dr Quattroさん
母集団としての台数が多いので、台数も多くなるようですね。
しかし、その中でキラリと注目するクルマは同じかと・・・

こちらは面白いヒトがたくさんいます。
Prototipoマニアとか、Pininfarinaマニアとか・・・
個人的にPrototipoマニアには興味津々ですね。

Posted by: marque | 2008.03.10 at 05:41

凄いクルマばかりですね!
美し〜♪

DiscoVolante Spider、日本のラフェスタ・ミッレミリアでも見ましたが
やっぱり生まれ故郷での佇まいはしっくりきますね。
後ろのDuomoが似合う事、似合う事。

Posted by: yuqui | 2008.03.13 at 22:26

yuquiさん、
おひさしぶりです。
Doumo前は趣があって、まさにイタリア〜〜って感じですね。
今年はMuseoから、どんな車両が海を渡っていくのでしょうね?? Alfa乗りにとっては大きな楽しみですね。。報告お待ちしています。

Posted by: marque | 2008.03.14 at 15:37

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/40429305

Listed below are links to weblogs that reference Piazza Doumoの散歩:

« ARESE | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE »