« Amici | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その2 »

2008.04.22

休日はMilano

Img_7903

週末は、久々に晴れ渡り気温もグングンと上昇、まさに心地よい春の天気となった。
先週末はModenaでModena terra di motoriというイベント、またPista di FioranoでもMaserati Clubのイベントが行われたので、もし参加していたならとても気持ちよかったのではなかろうか。しかし、今回私にしては珍しくクルマイベントをお休みしMilano散策の旅を満喫した。

実は先週4/16から4/21まで、世界でも最大級の家具展示会=MilanoSaloneが行われMilano fashion weekならぬ、Milano furniture weekで盛り上がっていたので、週末はそこを訪れた。「MilanoSaloneはRHO Fiela Milanoというとても大きな展示場で行われ、全てをみるに1日では不十分、そしてその規模と混雑で夕方にはぐったり疲れきってしまう。」と聞いたので、畑違いな我々はその雰囲気を感じるてみるために、一般入場可で入場料もかからないSatellite(展示のほんの一部)を訪れた。
一般展示場もかなり混雑していたが、流行に沿った世界各国の作品は興味深かった。Milano furniture weekから想像できるように、FuoriSaloneといわれる展示が街の至る所で行われ、あちらこちらで商談が行われていたり、コンセプトモデルが展示されている。その最も盛んなPorta Genova近くの街角を訪れ、その活気に再び驚いた。
しかし、私にとって一番良かったのは、翌日曜日に訪れたUniv of Milan=旧Sant Maggiore病院跡のキャンパスで行われている展示(トップ写真)。素晴らしい快晴のもと、ゆったりした雰囲気で展示品のソファーに座ってコーヒー(無料)を楽しめる。やっぱり門外漢だとこんなものですね(笑)

そんな週末を満喫していました。

PS
このシーズン6日間で25万人もの人がMilanoを訪れるそうです。
普段イタリア語onlyなMilanoの街から、英語を筆頭に様々な言語が聞こえてきます。→驚いた!! 
そしてMilanoSaloneに日本語HPが存在する事にも驚いた!!日本の方も多かったです。

|

« Amici | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その2 »

Comments

ミラノは見本市があるとホテルを抑えるのが大変そうですね、旅行代理店の人が結構厳しいかもと言ってましたが、これのことかな?こんな天気が続くことを祈ってますが、トリノの友人は寒いからセーター持って来いとメールをくれました。

Posted by: おやじ | 2008.04.22 at 06:36

おやじさん
ホテル>そうらしいですよ。ホテルの値段も2倍!って感じだそうです。
昨年F1シーズンにきた友人は350ユーロ/day x3days(すげぇ〜〜!!)払っていました。私にはとても泊まれません。
再び、月は雨・火は曇り、そして寒い(セーター必要です)!! しかし天気予報によるとそれ以降は晴れそうですよ。。

Posted by: marque | 2008.04.22 at 17:00

salone行きたかったですが、イタリア家具は資本金がかなり必要なので脱サラしたばかりの僕には到底無理でライバルも多いので、アジア家具からやろうとしています(^^;
1月のアパレルの時もそうですがsaloneの時にはミラノのホテルの値段も上がりますよね!

来月あたまにもしかするとRimini周辺で食事できそうですかね??(メーデー)

Posted by: Taka | 2008.04.23 at 14:48

Takaさん
家具も!! 守備範囲が広いですねぇ〜〜
5/1にRimini近郊の村に宿泊します。そこでタイミングがあえばと伺っていますが・・・ 場所の都合もあるので当日昼頃には食事の件、連絡いただけますか?

Posted by: marque | 2008.04.23 at 16:30

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/40955798

Listed below are links to weblogs that reference 休日はMilano:

« Amici | Main | NOVECENTO A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その2 »