« イタリア自動車紀行-4 | Main | Rivisti da Giappone »

2008.05.21

イタリア自動車紀行-5

Img_0526_2

皆で散々楽しんだ自動車の部の最終日(その後、もちろん観光したのです!)に向かったのは、私の永遠のヒーローが眠る地、Imola Autodromo Enzo e Dino Ferrariでした。

元々クルマは好きだったのですが、フジテレビがF1を中継しだして以来ずっとその虜。そして多感な中学、高校生時代、私のモータリングダイアリーに大きく影響を与えたのが、絶頂期を迎えたAyrton Sennaであり、眠い目をこすりながら深夜のF1中継に熱狂したものでした。残念ながら、私はSennaの走りを自身で確かめることができませんでしたが、彼の死後、いつかは訪れなければいけないと思っていたタンブレロ、14年越しに訪れることができました。

皆と和やかな雰囲気で訪れたものの、ひっそりと佇む彼の姿を見たときには、私自身、今までの気分は消え去り目頭が熱くなってしまったし、同行のメンバーも口数が少なげ。そんな少々感傷的な瞬間、訪問であった。

個人的に、次は本当に眠る「サンパウロの丘!」。


その後はサーキット内でのイベントを楽しみ、Bologna経由で観光予定のトスカーナへ向かった。


これが、イタリア自動車紀行、最後のUL予定。
本当に簡単にしか述べませんでしたが、如何でしたか? 私自身イタリアに居ながらも、クルマ趣味人として一生の思い出になる素晴らしい旅でした。

|

« イタリア自動車紀行-4 | Main | Rivisti da Giappone »

Comments

本当に素晴らしく素敵な旅・・・楽しませて頂きました。
と、同時に。。。
その場に同行出来なかった自分自身が、悲しくもなりましたが・・・( ̄▽ ̄;)

さて・・・Senna。
結婚前に妻と心斎橋を歩いている時。
すれ違う通行人の会話が聞こえて来ました「セナ、死んじゃったって!」
思わず、その場に立ちつくした事を思い出します。
彼が今、もしも生きていたなら。
今の『F1』を、どう感じているのかなぁ。。。

Posted by: ghie | 2008.05.20 at 22:39

marqueさん
こんばんは。自分のBlogに出しゃばってイッパイ書いちゃいました・・・。coldsweats01 いまだに脳裏にたくさん焼きついております。忘れないためにもBlogに書いたんですけどね・・・。
でも早いもので、もうあれから1ヶ月経っちゃいました。実はこの体験病み付きになりそう・・・。しかしながら現実的には厳しいかもです。次回は100周年の時かな・・?

Posted by: RYU | 2008.05.21 at 00:15

ghieさん
はい〜〜、ghieさんのようなfreakには、きっと一生後悔ものですよぉ〜〜!!
もうこんな詰め込みパックはしません、次回はもっとゆったりと・・・
ほかのex-F1ドライバー言うように、同じく今のF1→PlayStationのように感じるのかも・・・

RYUさん
いえ、まだまだネタ残ってますから、どんどん書いてください。ほかにもいろいろたくさん残ってますでしょっ!?  私はほんの少しそれも簡単に紹介しただけですので・・・
病み付き>アテンドした私がいうのも何ですが、その気持ちわかります。来て頂いたおかげで、私自身が心から楽しませて頂きました。私の人生の中でもかなり上位に来る紀行でした! Grazie mille!!

Posted by: marque | 2008.05.21 at 00:41

ほんと、IMORAのセナのモニュメントの周りは空気が違ってますよね・・・。

Posted by: Bianco | 2008.05.21 at 00:43

Biancoさん、そうなんですよね〜〜
何となく雰囲気が異なるので、私も驚きました。再会できた興奮とともに感傷的な気分になりました。。

Posted by: marque | 2008.05.21 at 17:11

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/41230777

Listed below are links to weblogs that reference イタリア自動車紀行-5:

« イタリア自動車紀行-4 | Main | Rivisti da Giappone »