« 古き良き時代 | Main | Autounion and Ickx in Monaco »

2008.06.18

Nuova da Touring Superleggera

Img_8365

雨の月曜日、久々にMilanoの街中へ外出.
わざわざ雨の中、出かけてきたその目的は、Maserati A8GCS Touring Berlinetta.

4月のVilla d'Este, Concorso d'Eleganzaで、新生Touring superleggera srlから発表されたMaserati A8GCS Touring Berlinetta. その場では偶然にも発表を目にすることができ、その素晴らしいスタイリングに驚かされたものです。(その様子はこちらこちら)それから2ヶ月、先々週のMonzaで知り合ったTouringの関係者から、月曜日に行われるというイベントの招待を頂いた。

会場に到着すると、雰囲気ある建物の中庭にひっそりと置かれたA8GCSと対面! 
改めてじっくりみてもやはり格好いい! 一見して近代的な印象をもつが、そのスタイリングはロングノーズ、ショートデッキという古典的なそれ。迫力あるフロント、短いフロントオーバーハング、ボリューミーなリアと何とも形容し難い魅力的なスタイリングなのである。
そしてGranSportがベースなので比較的コンパクト、是非とも何台か作ってほしいと思う。

Rimg0211
これがフロント
イタリア車によくあるように、写真ではイマイチという意見を良く聞きます。
しかし、実物をみると印象は180度変わる! 本当にアグレッシブ!!

Img_8380
こちらがリア
リアデッキは比較的高い.
現代風にアレンジされたBoraniホイールも似合っていると思う。

さて皆さんの印象は如何ですか?
(写真を拡大してみて、感想お待ちしています)

|

« 古き良き時代 | Main | Autounion and Ickx in Monaco »

Comments

Powerd dal tridenteながら、スーパー久々なTridenteネタ!
ははっはっ...

Posted by: marque | 2008.06.18 at 06:11

Maseratiって面白い会社ですねー。
こういう唯一無二、他が絶対まねできないものを作ってくれますね。モダンとレトロの融合が天才的です。ぜひ実物を見てみたいものです。

Posted by: なかむ~ | 2008.06.18 at 08:29

うぁっ~annoy
これですか・・・、例のA8GCSのイベントって!!
で・・、ここはMilanoの何所あたりですか??
凄く合っています。


これでZagatoとTuringが出たから、残りはFruaとVignaleが揃えばFuori Serieの復活ですね!!

Posted by: RYU | 2008.06.18 at 22:02

なかむ〜さん
お久しぶりです、お元気ですか?
これはMaseratiが作ったものではないんです。
詳しい話は聞いていないのですが、Carrozzeria TouringがつくったDesign Studyかと・・・  しかしTridenteがついているのでMaseratiには認めてもらっているはずですし、TouringからMaseratiへの提案なんでしょうね。お互い評判を気にしているのではないでしょうか? 感想伝えておきますね。。。

RYUさん
はい、これがイベントです。
本当はですね〜、イベントというよりコングレスって感じでした・・・ 
コンセプトカーや飛行機、ヨットのスライドを持ち寄って、「あ〜でもない、こ〜でもない」っと話し合ってましたね。専門家が多かった。
場所>真ん中です。
全ての建物は中庭があるので、その中はどこも雰囲気のある光景なんですよねぇ〜
FruaとVignaleかぁ〜〜、、、Vignaleはまだしも・・・Fruaはどうかな?


皆様、という訳で、感想くださ〜い。
しっかり感想を伝えて反映しておきまっす!!

Posted by: marque | 2008.06.19 at 00:29

感想=欲しいっ!!

。。。じゃ、ダメっすよね?( ̄▽ ̄;


と、真面目な僕に戻って(オイ)
正直に言って、とてもカッコ良いと思います。
フロントからの眺めは、最新版Maseratiに通じるモノを感じるし(何せ第一印象は、コイツのベースはGTだと確信しましたモン)リアに至っては、とてもグラマラスで存在感バリバリ。
ある意味、ShamalやGhibli IIを彷彿とさせる?
サイドビュー・・・GSベースですから当然ですが、どこからどう見てもMaserati。
そして何より、そのサイズ。
GTが最新Tridenteの時代、このサイズはとても貴重ですよね。
確か、ホイールベースもベースのGSより短縮されてましたよね?

ただ・・・僕が一つだけ感じる問題は。。。
現代風にアレンジされたと言う、その『Boraniホイール』です。
モチーフとしては良いと思いますし、オマージュ的にも格好のパーツですよね。
でも、そのワイヤーから覗くのが、ビッグローター&対向キャリパーって言うのが...あくまでも僕個人としては、違和感を感じちゃうんです。

な〜んて言う、細かい事はどーでも良く。
絶対絶対、コイツは世に出て欲しい逸材っ!!
ってーのが、僕の感想です。

Posted by: ghie | 2008.06.19 at 11:12

>感想=欲しいっ!!
これが一番Touringとしては嬉しいんじゃないかな〜 そのまま受注書まで送付してくれるのではっ!!

>最新版Maseratiに通じるモノ
大いに同意!! 私も同じ意見でフロントは近年のQP以降との繋がりを感じます。じゃあ、A8GCS と言う名前はどこから来たのか? ただのネーミングに対するオマージュ?なの・・・  我々には響く素晴らしい名前だけど名付けの理由は何なんでしょうね。。。

>『Boraniホイール』
私も最初見たときは、、、正直「えぇ〜〜」って感じでした。しかし見慣れてきたのか、私の中で消化できたのか・・・今回は逆に「これもアリ」かなと変わっていました(←ゲンキンなものです)
と同時にこれにはカラクリがあるのです。
実は、親会社、ファンダーが同じなのです。それゆえワイヤーホイールを使っているんだと思います。Boraniでも普通のホイールがあるので、オーダーされる際はそちらを頼むという手もあります。

ghieさん, grazie mille!!

Posted by: marque | 2008.06.19 at 18:11

I somehow dont agree with a few things, but its great anyways.

Posted by: System Forex | 2009.12.20 at 05:40

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/41567304

Listed below are links to weblogs that reference Nuova da Touring Superleggera:

« 古き良き時代 | Main | Autounion and Ickx in Monaco »