« NEW MACHINE 『R8』 | Main | ZAGATO三昧 »

2008.08.16

Modenaの名門「Campana」

R0010565

MCJの友人からCampanaネタをリクエストされたので、久々にMaserati関係で!
クルマから遠ざかってますしね。


私のマニアックblogを訪れてくれるかたなら、きっとご存知であろうModenaの名門「Carrozzeria Campana」

昨年、Ferrariが創立60周年を華々しく祝ったが、実はCampanaの創立もFerrariと同じく1947年、つまり同じように創立60周年を迎え、今年は61年目にあたる。
Camapanaの創立者のひとり、Onorio氏はお元気で5月にMCJの友と訪れた際、暖かく我々を迎えてくれた。

トップの本は創立60周年を記念して編集されたCampanaの歴史本、開いてみるとCampana創立当時の姿から、これまでに担当したMaserati, Stanguellini, DeTomasoをはじめとする多くの車両が紹介され、近年Campanaでレストアされた数々の有名な個体のレストア前、途中、そして完成後の写真などが掲載されている。つまりCampanaの創設から現在に至るまでの歴史を始め、仕事内容、その作品群までが網羅されているのである。
表紙は創立者であるOnorio Campana氏がMaserati A6GCS PFをレストアしてるところ。


R0010566
丁度、創立50周年のページを開くと、MCJメンバーには親しみある車両が紹介されている。そう、Ghibli Campanaが工場から出た際にとられた記念写真。(あぁ〜格好いい!)




さて今回はCampanaの工場内の様子など・・・を紹介してみよう。

Img_0094
現在、CampanaはMaserati社の下請け的な存在として協力体制にある訳だが、訪れた5月当時、本社工場ラインにはほとんど流れていなかったGranTurismo-Sが数台あった。その詳細を尋ねてみると、これらは既にプロトタイプではなく、プロダクションモデルであり、ジャーナリスらの取材で試乗した個体のメンテナンスだとのこと。
さりげなく後ろには400GT!!

Img_0092
もちろんクラシックモデルに関してもOne-off、レーシング、プロダクションモデルなどのレストアもしているので、写真のように250Fのジグやほか300Sのシグなどが壁にかけられている。

Img_0107
工場の片隅にはミニチュア版250F, 420M Eldorado

Img_0129
そして最新作のA6GCS、これら全てOnorio氏の手によるもの!
昨年9月に訪れた際にはA6GCSは未だボディー製作途中だったので、今回初めて完成した姿を目にした。これらをたたき出してしまうのだからびっくり仰天!素晴らしい出来映え。

Img_0102
工場の外にはGranTurismoデビュー前の架装車やクラッシュテストに使われたGT, QPがゴロゴロ。特に架装車はスクープ記事などでご覧になったかたも多いはず!
(私もGTデビュー前に検討していた)
http://marque.air-nifty.com/blog/2007/02/new_coupe_2_c76e.html



Img_8092
最後に通されたのが、私も初めて足を踏み入れたOnorio氏のオフィス
写真がOnorio Campana氏、とても元気!!
オフィス内には数多くのデザインスケッチや写真が飾られている。感嘆しながらスケッチをチェックしていると・・・有名なものから、みたことの無いようなものまで様々・・・


Img_0136
これはP FruaによるMonteverdiのスケッチ


Img_0135
そしてこれはP FruaによるIndyのデザインスケッチ
Maserati IndyはVignaleデザインといわれているが、Vignaleが、Fruaを始めMichelotiなどとも関係が深かったことから、Indyデザイン決定にあたりこのFruaのスケッチが影響した可能性があるのかもしれない。


Img_0131
そしてこれが工場玄関のロビー
様々なモニュメントが飾られているので、ここで一緒に撮った記念写真を
と思ったら、カメラマンに徹していたため一緒に撮った記念写真がないっ!!

という訳で超マニアックなCampana編、いかがでしたか?
あ〜〜書いていたら、また行きたくなってしまいました。

|

« NEW MACHINE 『R8』 | Main | ZAGATO三昧 »

Comments

あ・・・、懐かしいですね~。
Onorioさん直筆のサイン、この本は我が家の宝です。

Maseratiの真骨頂はここにありです。
だから行かなと損をしますよ~。(笑)Tridentフリークの方は・・・!
ね・・、marqueさん!

Posted by: RYU | 2008.08.15 at 22:59

一緒に同行しましたRYUさん、こんばんは!
既に懐かしいですね。私も同じ考えで、我々のようなフリークはこういうところこそ面白い!(←既に変!)
しかし、慣れというものは怖いもので益々マニアックなものを求めたくなります(贅沢厳禁であります。)

Posted by: marque | 2008.08.17 at 04:53

こんにちは、
Campanaは当然ながら前から気になっていたのですが、
こちらではパーツの注文等は受け付けて頂けるので
しょうか?
maseratiショップ的なものはあるようなのですが
今ひとつなんだか????
で、アメリカのmieになってしまうのです・・・・
本場から購入できれば最良なんですがねぇ

Posted by: おっし~ | 2008.08.18 at 12:55

おっし~さん、こんにちは
MOTO MASERATIは快調ですか??

質問の件にお答しましょう。
パーツ注文はOKで、問題なく受け付けてもらえます。ただしパーツ番号はきちんと伝えなければなりません。
ただ値段は? ユーロ高な今、価格はどのように推移しているのでしょうか?価格面はわかりませんが、MIEでもCampanaでも手に入れば問題ないと思います。
Webのぞきましたが、やはり電話でもメールでもだして聞かないとダメだと思います。MIEがどのようなのか判りませんが、間違いなくアメリカのようにシステマチックではないでしょう(イタリアですから!)


Posted by: marque | 2008.08.18 at 17:17

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/42176181

Listed below are links to weblogs that reference Modenaの名門「Campana」:

« NEW MACHINE 『R8』 | Main | ZAGATO三昧 »