« Vacanzaその1 | Main | NEW MACHINE 『R8』 »

2008.08.14

Vacanzaその2

R0010408

さて、その翌日は家族の希望に沿ってRoma観光!
初めて屋根の開いた市内観光バスというものにのりましたが、見所満載なRomaの街を観光地ごとに回ってくれるというのは至極便利だった。
お決まりのForo Romano, Colosseo, 真実の口, スペイン広場, トレビの泉, Vacican広場などを周遊し、家族も満喫していた。
個人的にこんな観光の仕方は、今までに体験したことの無いものだったがあまりに楽でびっくりした。


しかし、私にとって夏のRomaの印象は?
→SUPER HOT and SUPER CROWDED!!
(やっぱり暑いのと混んでいるのは苦手なよう)

R0010446
だってね、、、写真のトレビの泉なんて・・・・
人の泉って感じですよ。




時間は飛んで、母と別れた後に向かったのはRomaから北に1時間ほどに位置する街、Orvieto

R0010468
Orvietoの街は凝灰岩の岩壁の上に位置するのですが、丁度Autostradaを走っていると、その街がそびえ立つ様子がよくわかりRomaからの帰路に寄り道しようと思っていたのです。
Orvietoを有名にしているのは、その周囲の街で造られる白ワイン、そして街の大きさに対して、あまりにも立派なゴシック建築のDoumo。
本当に立派で旧市街も小さな通りで雰囲気も抜群、昼間からENOTECAの住民になり、Orvietoをenjoy!!


R0010491
その夜はまたまた移動して、Perugiaへ
妻の希望によりPerugiaにある通称CHOCO HOTELに滞在したのでした。
これがホテルのロビー、世界各国のチョコが並んでいて、森永の板チョコもあった!
しかし、何故か夕食は中華料理(笑)


駆け足観光はUmbriaをあとにして、Toscanaへ

R0010523
次はUmbriaとの境界に位置し、山の中腹の小高い丘にある街、Cortonaです。
エトルニア文化に代表されるToscanaの街と同じく、ここも城壁に囲まれた小さな街。ここでは典型的なToscana料理を食し大満足!


R0010553
その次は、映画「Life is beautiful」の舞台となったArezzoの街へ
この映画のイメージが強い妻は、Piazza Grandeに立ち大満足の様子。
しかし、映画のイメージとは少々かけ離れていたのか? 満足と同時に少々ショックも受けていた。


そしてやっとMilanoの自宅に帰ってくる。
全行程1300km、ちょっと疲れました。

|

« Vacanzaその1 | Main | NEW MACHINE 『R8』 »

Comments

おつかれさまでした!
ローマは正直ワタシも苦手です。(笑
というか、イタリアはやっぱり断然
地方がイイ!と信じて疑いません。
観光地は色々仕方ないのでしょうが・・

なんにせよ、いいお天気でよかった
ですね!^^(でも暑かったかな??)

Posted by: coniglia | 2008.08.18 at 22:45

天気はよかったですねぇ〜〜、少々暑すぎるくらい。
やっぱり地方ですよね。。深く納得です。

Posted by: marque | 2008.08.19 at 16:54

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/42161904

Listed below are links to weblogs that reference Vacanzaその2:

« Vacanzaその1 | Main | NEW MACHINE 『R8』 »