« またまたイターリア!! | Main | Dolomiti 電車編 »

2008.09.16

Dolomiti クルマ編

R0010842

今日は本blogのメインテーマ、Dolomiti クルマ編



昨年に引き続きCoppa d'Oro delle Dolomitiに!

Coppa d'Oro delle Dolomitiは戦後間もなく行われたレースで、現在はその復刻版としてCortina d'Ampezzoを中心に周辺のDolomiti山塊を訪れるタイムラリーとなっている。素晴らしい景色を眺めながらのラリーなのでとても憧れるが、その光景とは裏腹に高低差1500m以上を走破しなければならず、実際にドライブする側となってはクルマに厳しいラリーなのであった。

もちろんこの季節に行われていることも知っていたし、タイミングが合えばと何となく思っていたのは事実。Misurina湖を訪れた帰り、そこが通過経路になっていることもわかっていた。たまたま道沿いの広場でチェックポイントを準備しているところを偶然通過したのでスタッフに聞いてみると、あと一時間ほどでチェックポイントに到着するというのでBarに入り待ち伏せしてみることに。

Barでcafeして一時間弱、0号車がやってきたので、こちらもカメラ片手にチェックポイントへ!



R0010834
これなんだか判りますか?
私は想像もつかず、ドライバーに「これなんていうクルマなの?」と尋ねてしまいました。
その後、自分の目でエンブレム確認!
まぁ、イタリア車以外はよく知らないので・・・・
正解は↓








































R0010837
CITROEN SPORTでありました。

R0010845
これは珍しいCisitalia202SMM Nuvolari Spider (1947)
その特徴はリアのフィンと二つに別れたフロントウインドーらしい。

R0010855
これまた・・・?
FIAT 1500 Barchetta (1949)とあるが・・・
Ferrari創設前の第一号車AutoAvionに面影がどことなく似ている。

R0010848
VERITAS RennSpost2000 (1951)
戦前のBMW328を利用して戦後に作られたVERITAS、当時直接のライバルはFerrari 166, Frazer Nash LM, OSCA MT4であったようだ。


イタリア車好きなんだけど・・・非イタリア車を紹介してしまった。
ほかにも魅力的なイタ車や、ちょっと格好悪そうな車もありましたが・・・星の数ほどあった戦前、戦後のブランドは到底フォローできず。
40台ほどの車両が到着した時点でホテルに退散。
バカンスゆえにリラックスです(笑)





R0010789
ほかにもPasso Pordoiの頂上で気持ちよく走るFerrari328にも遭遇!
カメラを向けると向こうもその気になって減速までしてくれたりして・・・
イベントも楽しそうだけど、もう少し気楽にゆったりしたいなら、これも良い選択。


R0010911
帰りにはAlfaRomeoのミーティング編隊に紛れて走行し、現代車に乗りながらクラシックな雰囲気も満喫させてもらいました。

 
次は電車編に!

|

« またまたイターリア!! | Main | Dolomiti 電車編 »

Comments

羨ましいですねーコッパドロミテ!あの美しい山並みとヒストリックカー!昔の写真ですとモノクロのフォトなのでしょうけれど現代のフォトは美しい色合いと山の険しさのコントラストが素晴らしいですねー!CITOROEN SPORT BARCHETTA(1961)イタリア人のエントラントで去年のトロフェオヌヴォラーリにも参加されてました!エンブレム見てずーっとロータスかと勘違いしていました!
ところでアリタリアやっぱり今度の今度はダメなんですかねー?現地ではどんな感じなんでしょうか?イタリア国内乗り継ぐのにアリタリア考えているのですが、この調子だといつストップされるかわからないので悩んでます?

Posted by: corse4 | 2008.09.16 at 14:54

こんにちはcorse4さん
いつもコメントありがとうございます。このラリー、昔はこれでスピード競技ですから、とても大変であったと思われます。ガードレースのない峠道、谷に落ちて行った人もいたのではないでしょうか? 
それにしても美しい景色、いろいろラリーはありますがこれだったら出場してみたいなぁと思いますね。CitroenSport、エントラントリストをみるとASSIクラブになっているので常連さんですね。間違いなく同じ車両と思われます。
今週末はNuvolariが開催なんですね、あ〜見学するべきか悩ましい。NuvolariはMMと同じく300台以上だから相当規模も大きいのですよね〜。いつも行くまでは面倒だなぁ〜と思っても、行くとそれなりに楽しいので・・・ 春と秋はイベントが多く取捨選択に悩みます。

アリタリア、デモの様子がTVで放映されたりしていますが、こちらもどうなるか判らない状況です。お役にたてずすいません。しっかし、エアラインのストライキやトラブルで足止めされるのはストレスフルですからねぇ〜、トラブルフリーの旅を願っています。

Posted by: marque | 2008.09.16 at 19:58

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/42458994

Listed below are links to weblogs that reference Dolomiti クルマ編:

« またまたイターリア!! | Main | Dolomiti 電車編 »