« Dolomiti | Main | またまたイターリア!! »

2008.09.11

Dolomiti 自転車編

R0010718

さて今日は自転車編

Dolomitiをドライブすると本当に多くのサイクリストに出会うことになる。
それは当然のことでGiro d'Italiaの山岳コースといえばDolomitiエリアなのである。クルマ好きがMonzaやImola, Fioranoに憧れるようにサイクリスト、ヒルクライマーにとって憧れがDolomitiなのである。
(自転車に関しては、中高生の頃よくTour de Franceなどをみていましたが、今はあまり詳しくない。よって私の記憶はデルガト、レモン、キャプッチ、インデュラインあたりで止まっていて・・・ 勿論イタリアの英雄パンターニも知ってますし、癌を克服したアームストロングも名前は存じておりますが・・・ 以下、間違っていたら指摘してください。)

ヨーロッパでの自転車競技の人気はとても高い、ヨーロッパで一番人気なのは断然サッカー、その次に自転車などが上がってくるくらい人気もあるし、競技人口も多い。そして、やっぱりクルマと同じで、職場の自転車好きに聞くと、「キャプッチは友人だよ」という具合に垣根が低いのである。
あ〜羨ましい、ヨーロッパ!!

R0010699
宿泊したPasso Pordoiは、過去に多くの名勝負が繰り広げられたサイクリスト憧れの場であるらしく、朝早くから夕方までサイクリングやトレーニングで訪れる人が途切れない。峠の頂上にはイタリアの英雄Fausto Coppiの銅像が誇らしげに建つ。当地ではよく判らず、Campionissimo(チャンピョンの中のチャンピョン)なんて書かれていたし、みんな一緒に記念写真を撮っているので「ヘェ〜」なんて思っていたが、 調べてみるとGiro d'Italiaを5度、Tour de Franceを2度、ほかにもGiro di Lombardiaや世界選手権を制覇したイタリア自転車界伝説のような人なのであった。


R0010788
これは土曜日の午前中に遭遇した風景。
もの凄い大人数でヒルクライムトレーニングを行っていた。カメラを向けると喜んでポーズをとってくれたりもする。皆、とても話しやすく親切。
よく判らないくせいに、やっぱり機械好きなためかフレームメーカーやディレイラーに目が行ってしまう。こういう姿を目のあたりにすると、根性もないのにロードバイクに乗り、この地を走ってみたいと思う私!(まあ、思うのは自由ですからね・・・)


R0010690
こちらは宿泊したホテルに休憩でよったサイクリストのマシン、よく判らないけど格好よく見えるし、格好いい!


T15_plan
ホテルのオヤジ(まさにそんな感じ)に聞くと、「今年はPordoi峠を下った街、Arabbaをスタートして、Pordoi峠を通過、その後に多くの峠越えるコースであった。Giro d'Italiaの前になるとトレーニングキャンプでここにも選手が泊まっているよ!」とのこと。(これが今年のコース)


R0010802R0010869
道路にも応援の落書きあとが残って雰囲気出てます。
そしてクルマで追い越してゆく!!



繰り返しになるが、景色が素晴らしいので、クルマでも、バイクでも、自転車でも何でも心地よいだろうなと思う、そんなDolomitiなのであった。

|

« Dolomiti | Main | またまたイターリア!! »

Comments

以前、コルティナでレンタルサイクル借りてガルデナ、セッラ、ポルドイは走りました!最高の景色で名勝負を繰り広げられたことを思うと感慨深いものがありました!ディアブロことキアプッチが知り合いというのも凄いですねー!
お恥ずかしながらポルドイ峠は何度か行ってるにもかかわらずチマコッピのモニュメント存在知らずフォトないんですよ!もともとサイクリストではなくてイタリア車からイタリア好きになってパンターニの活躍で自転車に乗り始めた私なので自転車もまだまだ勉強不足なのです!

Posted by: corse4 | 2008.09.12 at 12:17

coese4さん
走られたんですねぇ!!よく判ります>感慨深いこと!!好きなら誰でも走りたくなるような所ですものねっ。
こちらヨーロッパの人は、ちょっとマニア道をいっていれば自転車でもクルマでもすぐ有名人と知り合いなんですよね。やっぱり文化が根付いていることを思い知らされます。それで厚かましく紹介してもらったりしてますけどね...(LUCKY!!)、そうするとドンドン横の繋がりができるので尚楽しいのです。(LUCKY!! x2)
クルマ好きには自転車好きも多く、ロード上がりの人も多いですよね。

Posted by: marque | 2008.09.12 at 16:31

本当は自分の自転車で走りたかったですが旅にあの大荷物を考えると・・・マセ好きにはイタリアのカンパニョーロの部品は刺激的な名前のホイルが多いですよ!ギブリ、シャマル、ボーラ、カムシン・・・どこかで聞いた名前ですよねー(笑)

Posted by: corse4 | 2008.09.12 at 18:37

corse4さん
それは私も含めて誰も同じはず!!
やはり普段使い慣れたmy machineで飛ばしてみたいですよね。
早速CampaのWeb覗いてみました。面白すぎるというより驚きました。刺激的zzz!!! なぜこんな名前になったのだろうか?それに興味がわいてしまいそう。

Posted by: marque | 2008.09.13 at 00:35

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/42441262

Listed below are links to weblogs that reference Dolomiti 自転車編:

« Dolomiti | Main | またまたイターリア!! »