« September 2008 | Main | November 2008 »

2008.10.28

AUTO E MOTO D'EPOCA

R0011886

Padovaで行われるMostraScambio、AUTO E MOTO D'EPOCAに週末訪れた。

Webにも、The most important VINTAGE CAR AND MOTORBIKE exhibition in italyとあるが、それくらい規模が大きい。一緒に訪れた友人は13年前にもここを訪れたことがあるらしく、当時は本当に小さかったとのこと。その間にどんどんと規模は拡大し今やイタリアで最重要な展示にまで成長したようだ。事実、イタリア以外からの出展社も多く、外国人訪問客も散見した。

訪れてまず感じたこと「魅力的すぎてまっすぐ歩けない!!」 

つまり、あまりにも面白いもの、珍しいクルマがゴロゴロ展示されているので、ついついその展示や商品にトラップされて数10mもまっすぐに歩けないのである。本当に面白くて、こちらで「あ〜」、隣で「へぇ〜」、またまた「格好いい〜」などど驚き、友人と蘊蓄を語りながら会場を散策し、合計300枚もの写真を撮影した。

全部紹介したいような写真ばかりだが、そこから超個人的に厳選し2回にわけて紹介してみたいと思う。
今日はメーカー、Carrozzeriaのオフィシャルブースから、次回はクラブ展示ブースや、一般展示ブース、お店から紹介してみたい。


さてトップ写真はデザインCarrozzeriaとして唯一ブースを設けいていた新生Touring Superleggera
2008年に復活したゆえに気合いが入っているのだろう。現在Touring Superleggera社を所有するのはZeta Europe BV group、グループ会社にはスポークホイールで有名なBorrani、そしてレストアやコンセプトカー作りなどを担当するCarrozeria GranTurismo、これらの作品が一緒にブースに並んでいた。

まずはCarrozzeria Touringのラスト作品となった1966 Lamborghini FlyingStar II
フロントエンドのデザインは良かったが、リアスタイルがワゴンのように見えてしまったデザインは、結局Ferrucio Lamborghiniの目に叶わず350GT, 400GTシリーズを継続生産することになった悲運のLamborghini.シルバーグレーのようなエクステリアに黄色いヘッドライト、エッジが効いたボディーラインとエレガント!
最近Lamborghiniに接する機会が多い(1, 2)が、改めてLamborghiniというブランドは、その生い立ちから、デザインのコンセプトもエポックメーキングであり、素晴らしいブランドであることを再認識させられる。


Continue reading "AUTO E MOTO D'EPOCA"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2008.10.24

Collezione Giugiaro

R0011628

TRILOGIA DELL'AUTOMOBILEの見学を終え、満足感に満たされながらTORINO観光に出かけたのですが、ゴールデンウィークエンドはまだ終わっていなかった!!

街中を散策していると、ひとつの通りにインダストリアルデザインから始まり、MOTO、クルマのコンセプトドローイング、1/5ほどのクレイモデルが展示されていたのです。
コンセプトゆえ、その奇抜でユニークなアイデアもありなかなか面白い。つい先ほどまで「モーターショー30年」を楽しんだつもりだった私は「おもしろいなぁ〜」と呑気にみていたのでした。クレイモデルやドローイングをみていると、Giugiaroのロゴまで入っている!「あれっ」と思いよーく見てみると、この展示は40周年を迎えたItaldesign Giugiaroと30周年を迎えたIstituto d’Arte Applicata e Design (IAAD)を記念したものらしい。

そして、その通りを進んで行くと最後にはCollezione Giugiaro!!

中央には、G Giugiaroがデザインを初めて50周年を記念して造られたGG50, MustangConcept, Lamborghini Cala, NAZCA C2, AlfaRomeo Breraを始め多くのモデルが並んでいた!
これら全て先日のTORINO観光ツアーで見損ったものばかり、一度はみてみたいと思っていたモデルが突如として目の前に現れ、モーターショー30年に華を添えたのであった。

あ〜偶然とはいえ、最後にこんなサプライズ!
本当に凄いゴールデンウィークエンド! こんな週末、またやってくるのだろうか!?


Continue reading "Collezione Giugiaro"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2008.10.20

DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その3

R0011260

前回、終了を延期してしまったので、今回はゴールデンウィークエンドの第3弾!!

DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILEの3回目、未来のクルマがテーマ

モーターショー30年な週末で書いたが、入り口を入ってまず目に飛び込んでくるのは1970年のFerrari Modulo、左を向くと内燃機関発祥19世紀頃の乗り物、対して右を向くと得体の知れない物体(後述)。自動車登場から100年の歴史がこのフロアに濃縮されているのであった。

<再び注意>
これから見学に行かれる方は感動が薄れるので、ここでSTOP!!


先に進まないようにしてください。

Continue reading "DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.18

DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その2

R0011500

さてさて、ゴールデンウイークエンドの第2弾!!

前々回の投稿で「モーターショー30年な週末」と書いたが、この展示と題名となっているDREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE、その最後にはdal 1950という言葉が加えられている。これは1950年からの夢のクルマという意味。
前回は展示に中から、60-70年代のItalian Carrozzeria全盛期のコンセプトカーを紹介したが、それでは30年いや50年にまだまだ足りない。第2弾は近年のコンセプトカー、夢のクルマに焦点をあててみたい。

実は私自身、60-70年代のItalian Carrozzeriaコンセプトカーを見終えた時点で、これまでに書籍でしか見たことのないようなものばかりで、まさに夢心地!
しかし、そこから更に足を進めると、近年のコンセプトカーがずらり、天にも昇るような光景がそこには存在していたのだった。

<再び注意>

これから見学に行かれる方は感動が薄れるので、ここでSTOP!!

先に進まないようにしてください。


Continue reading "DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE その2"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2008.10.16

DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE

R0011392

さて、ゴールデンウィークエンドの第1弾!

NOVECENTOの時
にも紹介したが、TORINOは今も昔も、イタリア自動車産業の中心。FIAT500を製造していた旧Lingotto工場跡近くにはTORINO自動車博物館=BISCARETTI MUSEO DELL'AUTOMOBILEがあるが閉館中。しかし現在、旧TORINOオリンピックスタジアムで期間限定のTRILOGIA DELL'AUTOMOBILEという展示をNOVECENTO, VEROCITA, DREAMという3つのテーマにわけ行っているのだ。
そして今回訪れたのは、最後の展示になるDREAM,
この言葉を聞くだけでItalian Carrozzeriaのコンセプトカーがテーマであろうと想像が付き、絶対に見逃してはならないと、実は今年のはじめから思っていたのだ。

どのように繰り広げられているのであろうか?と思いながら、いささか興奮気味にTORINOに向かう。
そしてその入り口ですぐModuloにノックアウトされたことは前回のとおり。その後の展示はあまりにも凄かったので、第1弾はItalian Carrozzeriaの黄金期、60-70年代(トップ写真)にフォーカスをあてて紹介してみたい。

<注意>
これから見学に行かれる方は感動が薄れるので、ここでSTOP!!
先に進まないようにしてください、珍しく写真を多く使ってます。


Continue reading "DREAM A TRILOGIA DELL'AUTOMOBILE"

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2008.10.15

モーターショー30年な週末

R0011264

先週末は、日本のゴールデンウィークならぬ、ゴールデンウィークエンドでした。

土曜日は朝からF1日本GPをTV観戦し、その後は、Triennale Design Museumで貴重な写真が掲載されたパンフレットをもらい、それで楽しんだ。(→先のQ. これは?(教えて!) とくにコメントで多くの議論をかわすことができました。)

日曜日も当然の如く、朝6時半!!からF1日本GPの決勝観戦、Hamiltonの横柄なスタートに驚愕し、Alonsoの連勝に興奮。
その後はTorinoへお出かけ。その目的は春にも紹介したTRILOGIA DELL'AUTOMOBILE。NOVECENTO, VELOCITAと続いた最後のTRILOGIA DELL'AUTOMOBILE. DREAMの見学。

冒頭の写真が入り口を入ってすぐの光景、あ〜素晴らしい!
大阪万博に展示された有名なFerrari Modulo.
未来のクルマというコンセプトで、PininfarinaにいたP Martinの傑作として有名で、未だに多くのファンがおられるのではないでしょうか!?(元PininfarinaのOkuyamaさんも大ファンとらいしい) Moduloから始まったその展示はまさに30年間のモーターショーを凝縮したようで圧巻!私は完全にノックアウト。(あまりにも凄いので詳細はまた改めて・・)

興奮状態でTorinoの街中をブラブラと散歩するとデザイン学校の展示を街に一角に発見。その展示はインダストリアルデザインから始まり、MOTO、クルマのコンセプトドローイング、1/5ほどのクレイモデルもあり、学生の展示、そしてコンセプトゆえ、その奇抜なアイデア、ユニークさを楽しんだ。
実は展示スポンサーのひとつがGiugiaroだったのだが、展示の最後にまたまた凄い光景、Giugiaroコンセプトが!

あ〜まさに夢のようなゴールデンウィークエンド!
あまりに濃密なので今後、数回にわけて紹介予定、お楽しみに!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2008.10.12

Q. これは?(教えて!)

R0011239
pict1

爽やかな土曜日、Milanoにある博物館=Triennale Design Museumに行ってきました。その目的はSalvatoreFeragamo展、家族と一緒に楽しみとても興味深いものでした。ほかにもイタリア発のデザイン展=UOMINI E STORIW DEL "MADE IN ITALY"という展示が行われており、イタリア発のインダストリアルデザインを楽しんだ。ところで・・・入場料には分厚いパンフレットが含まれていたのですが、ペラペラとページをめくると、クルマ好きには嬉しくもあり、興味深い写真を数点発見。

そこで問題を2コ!

Q1. これって何の写真か判りますか?
これが質問ですが、加えてここに写っている人はどなたでしょうか?(私も判りません。)

ヒントとQ2は下に


正解、疑問などコメント欄も含めて追記しました。

Continue reading "Q. これは?(教えて!)"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2008.10.08

Fighting Bullな一日

Img_8715

秋のイベントシーズン到来!!

TridentFreakな私ですがLamborghiniのイベント、「45º LamboParty」に参加してきました。Lamborghiniは全く詳しくないので、事前にイベントに向けて珍しく予習。
Lamborghiniは1963年創業なので、今年2008年は操業45周年にあたります。Feruccio LamborghiniがFerrari, Maseratiを凌駕するスポーツカーを世に送り出すために350GT, 400GTを発表、その後のMiuraで全世界を仰天させたのはとても有名。しかしFeruccioがオーナーであった期間はたった9年間で、その後はオーナーが転々、破産も経験し、その歴史は決して順風満帆というわけではなかったようです。Audi傘下になって以来、好調な現在の姿からはとても想像できません。


Continue reading "Fighting Bullな一日"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2008.10.05

24-Sep-08

Img_8491

もう随分昔の話のように思える9/24に行われたMASERATI TRACK DAYの出来事を時間をおって振り返ってみたいと思う。
(詳細はMseratistaForum、MCJ MonthlyReportをご覧ください。MCJ機関誌PASSIONEにも書きましたのでお楽しみに!こちらでは至極プライベートバージョンであります)

Continue reading "24-Sep-08"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.10.02

Codatronca

R0011133_2

先に紹介したエンブレムを掲げるカーブランドとは「Spada Veture Sport

「Spada Veture Sport」のSpadaという言葉で、イタリア車好きならピンときたはずでしょう。そう、この会社は1960年代にZagatoに在籍し、AlfaRomeoSZ, JuniorZ, TZ, AstonMartinZagatoなどキラ星のような作品を数々と輩出したErcoleSpadaさんが、息子さんのPaoloさんらと一緒に「Spadacocept」を実現するためにつくったブランドなのです。


Continue reading "Codatronca"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »