« 3度目の正直はPininfarina | Main | Ferrariな週末 2008 »

2008.11.14

66 Salone del ciclo e motociclo

R0012254

時間が空いてしまいましたがPininfarinaのつづき

前回、「Pininfarina+バイク+自転車Day」と書いたのですが、Pininfarinaツアーを終えたその足で向かったのはFieramilano=Milano展示会場でした。

その目的は、66回目を迎えるSalone del ciclo e motociclo66th International cycle and motorcycle exhibitionの見学、つまりバイクと自転車の展示会です。かなり規模が大きいことで有名なので、金曜日に訪れたのですが・・・

入場して驚いた、人!人!!人!!!
凄い人でまっすぐ歩けない。おまけにバイクは展示されているとはいえ跨いで乗ることができるのでそこにも人、おまけに少年の多いこと多いこと。
現在のValentino Rossiを代表するようにイタリアではバイクの人気が凄く、一般道で見かけるバイクの数も多いことに驚いていましたが、まさにそれを裏付けるような混雑!! そんな人ごみに負けず、会場を回って楽しんできました。


ここからは超個人的選択で数枚紹介
トップ写真:最初はイタリアの英雄、Valentino RossiのYAMAHA YZR
今年は3年ぶりにチャンピョンを奪還したRossiの人気はすごい。会場内の様々なブースでこのマシンが飾られているが、どこも人だかり!!
実は一緒に人が写っていない写真は貴重、それくらいの人気。


R0012248
こちらは昨年、今年とRossiのライバルであったStonerのDUCATI
DUCATIってイタリアバイクだから、それなりに人気もありそうだが・・
Rossiの人気が凄すぎて、地味な印象に感じる。


R0012255
様々など派手ヘルメットの展示
バイクのヘルメットは派手だけど、これだけ並ぶと壮観!


R0012245
バイクと同時に自転車の展示も併催されている。
これはTour de Franceと並ぶ自転車界の二大ロードレース、Giro d'Italiaの2009年、つまり来年の優勝カップ!
カップの回りに歴代優勝者の名前が記されている。


R0012234
R0012233
R0012231
Corse4さんに教えて頂いたCampagnoloのホイール!
その名もGhibli, Shamal, Bora
Maserati好きにはどこかで聞いた名前ばかり(笑)


R0012242
会場内ではこんなトラックが設けられ、スピードレースを観戦することも出来る。


R0012249
Bolognaのモーターショーと同じくコースがつくられ、ここで様々なエキシビションが行われる。


こんな「Pininfarina+バイク+自転車」な一日でした。
ホントに懲りません・・・


|

« 3度目の正直はPininfarina | Main | Ferrariな週末 2008 »

Comments

marcue様>来年のバイクのカレンダーで、80年代のパパロッシが写っています。YAMAHAのワークスのようでしたが、息子さんほどの活躍は出来なかったのでしょうね。最近のドカの活躍には、嬉しい感じがしていましたが、ロッシの人気にはかなわないのですね。しかし、イタリーではまだバイク熱が少年達にあるのですね。日本ではバイク少年=暴走族、バイク少年はスクーター少年になってしまいました。ウーヤター!って、marcueさんの世代ではないですね^^。ドカは37年ぶりに日本のメーカーから勝ちを取ったイタリーメーカーになりました。壊れなくなりましたね。しかもあの複雑なデスモドロミックに拘って!。海外のメーカーは歴史が古いので、拘りや米国のHEMIのように戻れる所のあるのがいいですね。

YAMAHAのスポンサーにFIAT!。これは自動車でFIATがYAMAHAにお世話になったお返しと聞きました。

YAMAHAのバイクはよく描きました。URLを宜しければご覧になってください。

Posted by: 大内 誠 | 2008.11.15 at 11:17

バイクと自転車を同時にイベントやるというのは日本では聞いたことがないですねー!ロッシ人気はドカよりも凄いのですねー!ロッシ、ドカに移籍してカンピオーネになってほしいと考えるのは私だけですかねー?
イタリア車に乗ったイタリア人のカンピオーネ!車ではインテグラーレに乗ったビアジオンが最後ですかね?
自転車では、ツールドフランスでは、ビアンキに乗ったマルコパンターニの1998年(この年のジロデイタリアも優勝)、ジロデイタリアだと2001年フォンドリエストに乗ったジルベルトシモーニが最後かな?

Posted by: corse4 | 2008.11.15 at 16:23

いいですね、自転車とバイク。
イノウエは、自転車もバイクも乗っているので興味深いです。
イタリアのバイク、アプリリアが最初で現在はベータ乗っています。ロードの自転車のリムはイタリア製です。

ロッシが2004年、2005年とチャンピオンを取ったYZR-M1(OW)はこちらです。

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2007/05/post_88c7.html
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2007/05/post_9c69.html


記憶が正しければ、アメリカのモトクロスではマツダがスポンサーでした。

Posted by: イノウエ | 2008.11.15 at 19:06

大内さん
毎回、コメントありがとうございます。パパロッシは何かで話題になっていましたね。詳細は・・・・忘れてしまいました。
コメントにもありましたが、イタリアバイクであるDUCATIの活躍は日本人にとっては嬉しい雰囲気ですね。しかし、イタリアでの雰囲気はやっぱり少し異なります。モデナ周辺をメインとしている雑誌ですとDUCATIが大々的に取り上げられていますが、やっぱりイタリアのヒーローはDUCATIよりもROSSI!! そんな雰囲気なんですよね〜
モーターショーはバイクもクルマも少年率たかいですね。少なくとも日本と比べると・・・ まだまだ歴史の違いを感じます。
YAMAHA拝見させて頂きました。バイクやエンジンなど多く手がけられていますね。透視図は興味深いですね!!近年はYAMAHAやSUBARUととのおつきあいが多いのでしょうか?

corse4さん
はい、その同時開催なんです。私的イメージとしてはエンジン付きvsエンジンレスという感じなのですが、4輪vs2輪のイメージなんでしょうねー。日本製バイクはとても人気が高いのでRossi+Ducatiの組み合わせ?う〜ン、ピンときませんです。たしかGP500やMOTO GPに上がってくる以前はApriliaに乗っていたはずですよ。もちろんチャンプになっています。
イタリアンのチャンプはF1界では遠い昔ですね。。。誰なんでしょーー
あぁ、Biasion, Pantani, Simoni、栄光の日々!!

イノウエさん
イノウエさんもイタリア車党でしたか!
個人的意見ですが、やっぱり情熱を感じる国の乗り物は痺れます。まぁ、すでに病気ですね(笑)
バイクはよく判らないのですが、YZRは縁あって私もじっくり拝見したことがあります。ど素人なのであまり判らないんですけどね・・・
それにしてもYAMAHAにFIATがスポンサーでタイアはBS, Michelinと両方を使うなんて・・・ 日本の常識じゃ、ちょっと想像できないですよねー!

Posted by: marque | 2008.11.16 at 08:09

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/43115654

Listed below are links to weblogs that reference 66 Salone del ciclo e motociclo:

« 3度目の正直はPininfarina | Main | Ferrariな週末 2008 »