« October 2008 | Main | December 2008 »

2008.11.28

Grande Ingegnere, Mauro

Img_9060s

木曜日の夕方はMilanoの友人に誘われ、Libreria dell' Automobile(クルマとバイク関連の専門書店)に足を向けた。

その目的はFerrariの黄金時代を築いた名エンジニア、Ing. Mauro Forghieriの著書「 Mauro Forghieri - 30 anni di Ferrari e Oltre -」の発表会

Mauro Forghieriといえば1961年末、Carlo Chiti, Giotto Bizzarriniなど5人の突然のFerrari辞任により、若くしてScuderiaFerrariのテクニカルダイレクターに昇格し、以来輝かしい成績を上げてきた名エンジニア。その間に有名なFerrari312シリーズ(L Bandini、スパゲティエグゾーストで有名な312, 312Bや312P, 312PBなどのプロトタイプスポーツカー)をデザインし、John Surtees, Niki Lauda, Jody Scheckterらのドライブにより3度のドライバータイトル、8度のコンストラクタータイトルを奪取した。つい先日、FerrariからScuderiaSpyder M16という限定車が発売されたが、M16という数字は、これまでに獲得したコンストラクタータイトルの数。最近、僅か10年間でM Shumahuerの手により丁度半分にあたる8度獲得した訳だが、残り半分にあたる8度は全てMauro Forghieriの時代であり、Luca Di Montezemolaらと築き上げた70年代黄金時代の立役者なのである。

Continue reading "Grande Ingegnere, Mauro"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.24

懲りずにMostraScambio

R0012371

こないだPadovaでAUTO E MOTO D'EPOCAに行ったばかりなのに、先週末はMilano郊外Novegroで開催されるMostraScambioへGO!!

先のAUTO E MOTO D'EPOCAはMostraScambio=自動車、バイク骨董市を通り過ぎてVintage Car Exbihitionでしたが、NovegroのMostraScambioはもっともっとローカルバージョン(このblogでも以前に何回か登場しています 1, 2)。

さて今回は友人と現地で待ち合わせの予定でいつものようにMilano Novegroを目指します。がっ、なんと交通規制!! ローカルバージョンにも関わらず今回は規模が大きく交通規制あり、出展も室内は勿論、屋外もこれまでに見た中でも最大規模。10時過ぎには現地周辺に到着したものの、チケット購入の列に並び、入場は11時!なんと1時間もかかった。ローカルなのに・・・・この盛況ぶりは何なの??? 

トップ写真は屋外のブックストアだけど、その向こうに永遠と続く人と露店、私は3-4時間で引き上げてきたけど、一緒に同行した友人らは見終わるまで終日かかったという。

さて気を取り直し皆で会場散策、勿論奇麗なものからゴミのようなものまで何でもあり、売っています。その中で今回は紙もの関係の売り物を独断と偏見でご紹介。


Continue reading "懲りずにMostraScambio"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.11.20

IL TRIDENTE

R0012384_2

復活なったMaserati SpA official magazine「IL TRIDENTE」のNo2 issueが自宅に届いた。
前回届いたのは住所変更の影響か?もしくは典型的なイタリア時間なためか?日本の友人らが届いてから数ヶ月後経過してから、やっと地元イタリアの顧客に届いたという訳だが、今回は速かった!!

さて、まず開いて思うのは序文の筆者が変わったこと。筆者ってMaserati社のCEOによるものだが、No1 issueのRoberto Ronchi氏から、今回はHarald J Wester氏になった。いやはや本当にMaseratiの社長人事というものは目まぐるしい、本当に「アッ」という間に変わっている!う〜〜ン、これがFIAT人事というものか・・・

その序文で、気になったことが数点。
No2 issueの内容に、No1 issueで顧客の興味、内容、要望などのアンケートを反映したというのだ。これは素晴らしいと感心したが、その内容にも少々驚いた。それは「Maserati社の歴史」、「Maserati車のメカニズムの説明」、そして「食」、つまり「イタリア料理」を盛り込んだというのだ。
この手の雑誌はイメージ広告、戦略でもあるため、luxury, exclusivity, advancedなイメージ、Maseratiのあるライフスタイルが重要と思うのだが、そこに歴史やメカニズムが進出してくるとは、そのオーナーも結構マニアックなのね・・・(私としてはちょっと嬉しい) 、もうひとつはGastromonia!イタリアは食の宝庫ですからね!人間の欲望なんてそんなものね!と改めて納得(笑)

読んでみると、歴史やメカニズムはさすがに私のようなfreakには物足りないところもあるが、それはそれで嬉しかったりして・・・・(歴史はMuseo Paniniだけど、一緒に写っている極上のMaseratiBikeが、実は欲しかったりする私)、もちろん昨年のMCJ 14th Maserati Dayも掲載されています(私は不参加ですけど・・・)。

「IL TRIDENTE」3200GTの時のように4巻で終了しないよう今後とも継続して欲しい。


Continue reading "IL TRIDENTE"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.17

TRIDENTE

R0012376

やっと私の手元に「IL TRIDENTE」が到着した。
昨年末には発行されていたが、諸々の事情により私のところには配信されず・・・約1年遅れでやってきたというわけ。

私の場合、1年越しなので随分と長い間があいたなぁ〜と思っていたら、この前は2006年6月、なんと2年半ぶりの最新号!
当然、思う訳である。

この「IL TRIDENTE」アメリカを本拠地とし全世界にネットワークを広げるThe Maserati Club(TMC)の機関誌で市場には出回らないものだが、内容、写真などそのクオリティーは高く各国の出版物competitionでGold, Silverなどの栄誉にあずかる由緒正しい機関誌。さすがに発行されて1年以上経過しているのでその内容には古さを感じるが、GranTurismoの試乗記あり、MCJ機関誌に翻訳したMaserMiglia 9あり、夏のLagunaSeca Tipo61 Birdcage, CAMORADIの取材記あり(今知った!)(1,2)と盛りだくさん。最後には2006年のMaserati Dayの模様もレポートされ1年遅れながら多いに楽しんだ。それ以外の内容も本当に濃い話ばかり・・・ 実際にこの内容をイタリア人やイギリス人、アメリカ人とよく議論する。

TridenteFreakなら見逃せない必読誌です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.11.16

Ferrariな週末 2008

R0012339

今年もFerrariファン感謝祭=Finali Mondialiを訪れた。
今年のF1最終戦、Champhioshipは最終コーナーで決まるという劇的な幕切れだったが・・・今年のFinali Mondialiはどうだったのか?

結局、Felipe Massaは負けてしまった訳だが、Tifosiからの盛大な拍手は昨年Raikkonenが大逆転で勝利したとき以上!最後の現役ScuderiaFerrariによるデモンストレーション後の挨拶ではMassaへ鳴り止まぬスタンディングオベーションが繰り広げられた。Tifosiの魂を感じた素晴らしい光景であった。


先ずはトップ写真から
最後のデモンストレーションではM SchumahuerによるFXX走行、M Schumahuer+J Todt & L Montezemolo+P FerrariによるCaliforonia走行後は、FerrariのFerrariたる所以ScuderiaFerrariの登場。Raikkonen, Massaが編隊走行、スタート競争やピットストップを終えた後に恒例のドーナツターン、もちろん最後は満員になったTifosiの前でマシンから降りてインタビュー、インタビューでのMassaへの拍手喝采、そしてMassaの心うたれた表情には思わず深く感動し、私もこの日から真のMassaファンとなってしまった。


Continue reading "Ferrariな週末 2008"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.14

66 Salone del ciclo e motociclo

R0012254

時間が空いてしまいましたがPininfarinaのつづき

前回、「Pininfarina+バイク+自転車Day」と書いたのですが、Pininfarinaツアーを終えたその足で向かったのはFieramilano=Milano展示会場でした。

その目的は、66回目を迎えるSalone del ciclo e motociclo66th International cycle and motorcycle exhibitionの見学、つまりバイクと自転車の展示会です。かなり規模が大きいことで有名なので、金曜日に訪れたのですが・・・

入場して驚いた、人!人!!人!!!
凄い人でまっすぐ歩けない。おまけにバイクは展示されているとはいえ跨いで乗ることができるのでそこにも人、おまけに少年の多いこと多いこと。
現在のValentino Rossiを代表するようにイタリアではバイクの人気が凄く、一般道で見かけるバイクの数も多いことに驚いていましたが、まさにそれを裏付けるような混雑!! そんな人ごみに負けず、会場を回って楽しんできました。


ここからは超個人的選択で数枚紹介
トップ写真:最初はイタリアの英雄、Valentino RossiのYAMAHA YZR
今年は3年ぶりにチャンピョンを奪還したRossiの人気はすごい。会場内の様々なブースでこのマシンが飾られているが、どこも人だかり!!
実は一緒に人が写っていない写真は貴重、それくらいの人気。

Continue reading "66 Salone del ciclo e motociclo"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.08

3度目の正直はPininfarina

R0012168_2

私のblogを毎回訪れている方は既にご存知と思われる「Made in Torino産業ツアー」

「面倒なアポ取りが不要ゆえ、これを利用しない手はない!」と思い、この春に申し込んだのだが、最初に申し込んだBertoneは、会社の情勢なのか?ツアー自体がキャンセル、仕方がないので代わりに申し込んだ2回目のItaldesign Giugiaroは日程変更により私の方が都合悪く欠席、そして3回目となるツアーにやっと参加できた。そして、その訪問先はCarrozzeria界の名門、Pininfarina!!

当日、平日にも関わらず、その日を「Pininfarina+バイク+自転車Day」と勝手に設定しTorinoへ出向いた(バイク+自転車は後述)。産業ツアーというが市の観光局主催なので参加者は若い人ばかりではないか?と危惧していたが、そんな心配は吹き飛んだ。参加者15名の内訳はほとんどが50歳前後の夫婦、もしくは初老の男性(きっとクルマ好きなんだろう)、見渡すと私が一番若く、また唯一変なアジア人のようだった。Torinoの中心地Piazza Realeから出発したバスは。我々の社会科見学ツアーご一行様を乗せ一路Torino郊外のCambianoへ向かったのである。


Continue reading "3度目の正直はPininfarina"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2008.11.04

AUTO E MOTO D'EPOCA その2

R0012131

既にだいぶ時間が経ってしまいましたが、AUTO E MOTO D'EPOCAのつづき

MostraScambioは、基本的に自動車骨董市だから本当はもっともっとこじんまりしているのが本来の姿。先日訪れたPadovaはMostraScambioの域を通り過ぎ、主催者自身がいうようなVINTAGE CAR AND MOTORBIKE exhibition。
(この手のイベントはParisのRetromobileや英国のイベントが有名ですが、これはまさにイタリア版Retromobile!! 本物のRetroobileは行ったこと無いですが・・・いや行き損なったけど・・)

前回はメーカー、Carrozzeriaブースを紹介したので、今回はMostraScambio本来の小さなブースやお店などから紹介。


そういいながら全くもって小さくないCOYSオークションから!!
COYSが主催するオークションなので、立派なヒストリー付きの個体やレアな個体も多いのだが、私の驚きはこれ!!(TOP写真)
250GTEのエンジン付きフレーム。解説を読むと・・・フムフム、これを使って250TRなどのヒストリックレーシングを作成するとのこと。どんな人が購入されるのでしょうか?やっぱり本物を持っている人がこれを使って同じものをつくるのか・・・


Continue reading "AUTO E MOTO D'EPOCA その2"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.02

45º ANNIVERSARIO

Img_1910

何が45周年なのか?

写真の通り、Maserati MistralとQuattroporteのこと。
Mistral, Quattroporte共にオフィシャルデビューは1963年11月に行われたSalone dell'automobile di Torino(通称Torino Show)で、丁度それから45年にあたる。
(現在、Torino Showはなくなってしまったが、Torino Showといえばそのお膝元である数々のCarrozzriaが多くのモデルを発表してきた伝統的なイベントであった。現に1963年のTorino ShowでもFerrucio Lamborghiniが、自らの名を冠したスーパーカー、Lamborghini 350GTVを発表し世界中から注目された。)

さてこの2台、共にPietro Frua(在籍はStudio Tecnico Pietro Frua)によるデザインで、フロント両端のフェンダーライン、ボンネット中央に位置するバルジ、フロントウインドーとデザインの共通性を感じる。
その生産は実質的に1964年から開始された訳だが、当時のMaseratiは3500GT, 3500GT Spyder, Sebring、そしてMistral, Quatroporteと一時的ではあるが、なんと5車種に渡るラインアップを抱えていていた。

Continue reading "45º ANNIVERSARIO "

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »