« SUPERCAR誕生 | Main | 44º ANNIVERSARIO »

2008.12.15

Natale 2008, Pranzo degli Auguri

Img_9180

今年最後のModena行き
その目的は、Maserati Club今年最後のイベント”Il Pranzo di Natale” 日本語でいうクリスマス会ですね。

この会は日曜日に行われるのですが、今年は日曜朝ゆっくりするために、土曜日にModena近郊まで行き近くに住む友人と一緒に美味しいModena料理を一足先に満喫することにしました。つまり日曜日にむけて準備万端!

日曜日は10時からのファクトリーツアーを申し込んでいたので、10時必着の予定。ところがっ、、、出発も遅れ・・・・翌朝宿泊地から、ナビゲーションにMaseratiのファクトリーがあるViale CiroMenotti 322と入力後はじき出された到着予想時刻は、なんと10時40分!! 近くに宿泊した意味が全くありませんでした。
仕方が無いのでファクトリーツアーは諦めて方針変更! 寄り道をしてから
CiroMenottiに向かいます。(寄り道はまた改めて・・・) のんびりと久々になるCiroMenotti本社ショールームに到着したのが11時過ぎ、ファクトリーツアーは諦め、久々に再会する友人らに挨拶しながら受付をすませると・・・「あと数分でファクトリーツアーに出発します」とのこと。
やっぱりねっ。心のどこかで「10時になんて絶対に皆集まるわけない、10時半くらいからだろうなぁ」と思っていましたが、なんと11時過ぎでも間に合ってしまった!はっはっは、、やっぱりイタリアですね。

という訳で、無事にファクトリーツアーに出かけることにしました。今回は顔見知りのオランダグループと一緒、いつものようにしゃべりながら・・・ライン見学。ライン自体はもう何回目かになので、レアモデルや面白いものを見つけるために・・・!


ライン途中で面白い文字を発見、それは「MAJOR KAIZEN」
KAIZEN......??? 上を見るとimprovementという文字、日本人の私にはこれって・・・これってTOYOTA方式の改善?いったいここは何処?と言う訳。
アテンドに「これはっ」と尋ねると、「これはあなたの方がよく知っているだろう!」とのこと、やはりTOYOTA式の改善! ここイタリアの片田舎にあるMaseratiにまで、TOTATAの哲学が投入されていることにびっくりしてしまいました。

ほかにはライン横に展示される1960年代の1.5L V12エンジンプロトタイプ(なんと横置き!以前からあったものだけど、これまで気づかず・・ プロトタイプで実戦への投入はされていないとのこと)をじっくりみたり、ほかにひとつだけ興味深いモデルがありましたが・・・これはまたいつか。


Img_9181
こちらショールーム前の広場
昨年と同様にTrident X'mas treeが出現、その前には数々の新旧Maserati
個人的にはQuattroporte IIIが痺れた!

Img_9189
次いで場所をModenaのレストランに移してランチパーティー!

今年のゲストはMaserati歴代ゆかりの人たち、私のようなClassicMaseratiFreakには堪らない!
この写真はなかなか凄い。左からDon Sergio Mantovani(50-60年代、Maserati, Ferrariの成功を神に祈った両社の牧師さん。同名のMaserati公式F1ドライバーがいるが彼とは別人 )、Dott Adolfo Orsi(1930年代後半から60年代までMaseratiを所有したOrsiファミリーの末孫) 、Dott Carlo Maserati(Ettore Maseratiの息子、Alfieri Maseratiの兄弟)、その右の女性が初のF1女性ドライバーで250Fを操ったSigra. Maria Teresa de Filippisなどなど。Dott. Carlo Maseratiに「なぜMaseratiが好きなの?」と聞かれたときには、どう答えようかと思いました。。。(笑)


今年何度も顔を会わした友人、1年ぶりに再会した友人、新たな友になった友人にと共に美味しいModena料理を嗜みながら楽しい時間を過ごしました。
そして最後の挨拶は、「Buon Natale, Buon Anno, Ci vediamo 2009!!」

FORZA MASERATI!!

|

« SUPERCAR誕生 | Main | 44º ANNIVERSARIO »

Comments

(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

丸テーブルを囲む...なんちゅーラインナップの写真ですかっ!?
この写真の前に、思わずひれ伏してしまいます( ̄▽ ̄;
こんな物凄い方々と、一緒にランチ・・・ですか?
もう・・・凄過ぎて言葉がありません。

でぇ?
『なぜMaseratiが好きなの?』
。。。その答えは、何と?

Posted by: ghie | 2008.12.15 at 16:48

ghieさん
そろそろこんばんは!ですね。
結構すごいテーブルですよねぇ〜〜
Maserati創成期を語る!という感じかな、、、、

>『なぜMaseratiが好きなの?』の答え。
ありふれた面白くないものなので、聞かないでぇーーー

ghieさんむけには、おもしろいTipsがありますよ。
以前に話しましたMaseratiの操業は12月1日であり、14日でないらしい。
それはactivityとしてスタートしたのは1日、Bolognaからcertifyされたのが14日ということ、これが諸説ある理由らしい。 最初、Maseratiにとって記念すべき12月14日に行うクリスマスパーティーという挨拶でしたが、その次に挨拶されたOrsiさんが、その間違えをイタリア語と英語、両方で訂正してました!!

Posted by: marque | 2008.12.15 at 18:57

>ありふれた面白くないものなので、聞かないでぇーーー
むふふ。。。
やっぱり、みんな同じですよねぇ〜♪

でぇ。。。
またまた...(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
12月14日じゃないんですかっ?!
と言うか。
つまり・・・Maserati SpAとして、正式に認可されたのが12月14日...と思い込んでも良い・・・のかな?
こ・こじつけ?( ̄▽ ̄;

Posted by: ghie | 2008.12.15 at 22:22

ghieさん
>やっぱり、みんな同じですよねぇ〜♪
そう、好きなんだからあまり理由なんて無いんですよね。
最初はイタリア語でしゃべってたけど、、、途中からfollowできず、、、、隣のOrsiさんが英語に訳してくれました。 情けないやら嬉しいやら・・・ それもまたよい思い出!!

一応、Maserati.comのとおり1日みたいですよ。世界一のMaserati歴史家がそういわれるので、それが正解のようです。14日にBologna市からcertificateされているようですが、きっとその書類には操業開始1日と記入されているのでは?判んないけど・・・・


Posted by: marque | 2008.12.16 at 03:14

いいなぁ本国のParty!

Posted by: acero | 2008.12.16 at 11:41

モデナのリストランテ紹介する時に多いのがフェラーリはFINIでランボルギーニはBorso d’Esteということですがマセラッティの方々が勧めるモデナのリストランテはどこなんでしょう?

Posted by: corse4 | 2008.12.16 at 19:21

aceroさん
いいでしょ〜〜、望外の驚きでありました。

corse4さん
こちらではお久しぶりですね。
この質問に関して、、、正直、私はよく判らないですねぇ。
昔はクルマ関係に関わりたくて、やっぱりMaranelloに行けばCavallinoやMontanaなどに行きました。最近はそういうこだわりはなくなってしまい、地方の美味しい料理を食べさせてくれるところがいいですねっ!とくにあの辺りはイタリアでも食の宝庫のひとつでなので・・・ 個人的に、ModenaのLauroは行ったこと無かったので、閉店前に一度クルマグッズをみるために訪れてみたかったですね!私は、EnzoがドライバーをもてなしたというFINI、ホテルレストランもいまだに未経験です。Modenaのレストランに入って、自己紹介すると「Maseratiに限らず、Ferrariの人もよく来るよ」という言葉をよく聞きます。やっぱりカメリエーレと話さないとサービスもよくなりませんからねぇ〜〜(←超イタリア的・・・)
その昔、イタリア旅行でModenaを訪れた時、Modena唯一のMichelin2つ星(当時はしらなかった!)"Francesca"に入って、頼みもしないのに食前酒にドンペリが注がれたときは驚いたなぁ〜〜!! 「イタリアなのになぜドンペリ!?」「いくら請求書されるんだろう」って思いましたよ。。まあ、詳細は忘れてしまったほどなので、それほどの値段でなかったと思いますが・・・でもドンペリも食事もおいしかった。 あとで聞くとMichelin請負人、アラン・デュカスが手がけたお店ということで納得しましたけど。。。 
先週行ったこのレストランも美味しかったですよ。ただ200人以上参加者を受け入れることができる大きなところよりも、もっとこじんまりとしたところのほうが私はお好みです。

Posted by: marque | 2008.12.16 at 20:06

すいませ~ん。
いつも遅くなりまして申し訳ございません。wobbly
しかし、いや~凄いお歴々の方々ですね。
向って右の2名の方が気になりますね。
これにもう亡くなっちゃたけどGuerino BertocchiとAlejandroが居たら感涙ものですね。

CORSE4さん、はじめまして。
MaseratistaのRistoranteですか・・・。そうかつてはRistoranteLuroってのがあったそうです。私たちが訪伊の際に、marqueさんが下調べしてもらったの時には、既に閉店しておりました。その他には、Ristorante Trattoria Biancaってのがあるらしいです。ここはMaseratiS.p.Aの広報担当のSig.Georgio Manicardiの話では社員がよく利用しているそうですよ。

いずれにしても1日でも14日でも、どちらにしてもお目出度いことですね。14日ってのはかつてAlejandroがNeroのチェスターコートにGialloのスカーフを纏って堂々とBiturbo、Shamal、Chubascoをデビュウさせた時の衝撃的なイメージがあります。


Posted by: RYU | 2008.12.16 at 21:19

marqueさん、ありがとうございます。マラネロでは、まだモンタナは未踏です。ついついキャバリーノに行ってしまうので。 モデナでは、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティすべて入り乱れているんですねースーパーカーの町でかつ世界遺産の街やはりいい場所ですね!

RYUさんはじめまして先日maruqueさんからラウロの店がなくなったことを聞いてびっくりしてました。2003年に訪れた時のフォトチョットありますので暇だったら覗いてみてください。http://blogs.yahoo.co.jp/corse4/12410105.html
それから広報のジョルジョ氏はこの方ですか?以前旧工場見せていただいた時の方がジョルジョさんという方でした。トラットリアビアンカはまだ行ったことがないので次にモデナに行ったらチェックします!ありがとうございました!
http://blogs.yahoo.co.jp/corse4/18834220.html

Posted by: corse4 | 2008.12.16 at 23:47

RYUさん
こんばんは、こちらではお久しぶりです。
>Natale
まぁ、同窓会みたいな感じですねぇーー、DeTomasoは息子のSantiago DeTomaso氏があのあたりに住んでますからね、そのあたりが入れば、本当にそろい踏み。 一度だけSantiagoは一緒の場所で食事したことがありますが、近寄りがたい雰囲気を醸し出してました!
向こう2名ですが、今年はFerrari clubと共同イベントを開催していたのでFerrari Clubの方と一番端はMariaTeresaの旦那さんです。MariaTeresaと話す時は彼が通訳してくれます。
>Ristorante
たしかにGeorgioに教えてもらいましたね。Bianca、完全に忘れてましたRYUさん次回にむけて覚えておいてくださ〜〜い。
>衝撃的なイメージ!
逝っちゃってますね〜〜!それもまた嬉しい逝き方でございます。


corse4さん
Modenaにいくなら、やっぱりスーパーカーとイタリアンは切り離せないですね(笑)
いつか、ModenaのショーウインドーでCampanaのオーナメントがあったお店を紹介されていましたよね。あれはどこでしょうか?レストラン?もしくは何かのお店でしょうか?
corse4さんのサイトのGeorigio、凄く若いですね〜〜!!古いファクトリーもいいですね。その通りで、彼は若い頃にアジア圏の輸出マネージャーをされていて、来日経験もあります。ガレージ伊太利屋の林さんのこともよくご存知です。今はガイド役みたいなことをされています。この日もお会いして再会を喜びました。

Posted by: marque | 2008.12.17 at 01:05

只々、唖然のテーブルの面々!
余りにもオモィ画像に画面がフリーズ
(ってホントにじゃなく)ですshine

Posted by: quattroporcini | 2008.12.17 at 01:16

quattroporciniさん
DM、どうもです!
画面がフリーズ、、、
えっ、quattroporciniさんの顔がフリーズではなくて・・・(笑)
quattroさんのようなフリークには、刺さりそうな話題だと思ったんですよねぇーーー。

ちょっと話がマニアックになりますが、、、、
途中本文にでてきた1.5L V12横置きエンジンって、やっぱり『スーパーカー誕生』にもでてきたTipo 8だと思うのですが・・・
アテンドに「あれってMotore Tipo8?」と尋ねたら、「いやPrototipoで実戦には使われていない」という返答。若い人だったのでfollowでいていなかったのかな・・・? その後、GeorigioManicaridiに会ったから、彼に聞いてみればよかったです。

Posted by: marque | 2008.12.17 at 10:17

カテラーニは、プロフメリア香水屋さんでした!香水屋さんでマセラッティのオフィシャルグッズを売っているなんてやはりおしゃれな車ということでしょうか?http://blogs.yahoo.co.jp/corse4/45078230.html
やはりジョルジョさんでしたか!懐かしいです。個人的にはいかのもエミリアロマーニャっぽい旧社屋が私も大好きです!イタリア車の業界は狭いですねー!林さん、10年来お世話になっている地元のイタリア車屋の担当のようで昔からガレイタの林君という話は良く聞かされていました!残念ながらまだお会いしたことがないのですけれど。

Posted by: corse4 | 2008.12.17 at 10:24

corse4さん
なんと、香水屋さんでしたかっ! なにか関係あるのでしょうかねー?
機会があれば訪れてみたいですね。
ガレイタの林さん違いかもです・・・ 最近、575GTZで脚光を浴びています林さんです。氏は以前、ガレイタ時代に200S, 300S, 450S, 250Fなど所有していました!CGTVやCarMagaでもそのコレクションが特集組まれていました。

Posted by: marque | 2008.12.17 at 19:57

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/43425351

Listed below are links to weblogs that reference Natale 2008, Pranzo degli Auguri:

« SUPERCAR誕生 | Main | 44º ANNIVERSARIO »