« イタリア自動車紀行から - Giuseppe Candini - | Main | イタリア自動車紀行から - Museo Storico AlfaRomeo - »

2008.12.05

驚いた!! STILE BERTONE

久々に驚くニュースが飛び込んできた。

経済的な問題や、ほか諸々の問題から、この先どのように推移して行くのだろうか?と思っていたBERTONE.

Carrozzeriaの方は破産してしまったので、STILE BERTONEのほうは大丈夫か!という噂が根強く渦巻いていた。今年のGeneva showでもBAT 11を発表したものの、会場ではなくGenevaの街中での発表であったり、ホームページも2008年初めを最後に更新されていなかったり、妙な噂が流れてきたりと不安を払拭できなかった。

しかし、12月1日付けで、元PininfarinaデザイナーであるJason Castoliota氏がSTILE BERTONEの新たなダイレクターに就任したという。Pininfarina時代、Maserati Birdcage75th, Ferrari 599GTB Fiorano, Maserati GranTurismo, Ferrari P4/5をデザインし、その評価を高めた新進気鋭の著名デザイナーが移籍するというBIG NEWS!!

再び、「STILE BERTONE」から目が離せない状況になってきた。

|

« イタリア自動車紀行から - Giuseppe Candini - | Main | イタリア自動車紀行から - Museo Storico AlfaRomeo - »

Comments

マ・マ・・マジっすか?

こりゃぁ...今後のBERTONE、期待出来るかなぁ?!

Posted by: ghie | 2008.12.04 at 23:04

ghieさん
こんにちは、
そうなんです。彼、Bertoneのdirectorに就任したんです。驚き!!

表向きに、正確には移籍ではなくてPininfarinaを辞めた後、private studioを設立するつもりが、Bertoneからの誘いを断れなかったとのこと。本当のところはどうか判らないですけど・・・
Pininfarinaと同様に、数々の名デザイナー、名車を輩出してきたBERTONEの誘いは、なかなか断れないですよねぇ〜。彼はNY生まれのアメリカ人ですが、イタリア人の血が流れているのです、だから余計にね。。。 まぁ、デザイナーなら誰でも断るのは難しいですよね。。

Posted by: marque | 2008.12.04 at 23:42

本当ですか??

もうBertoneの作品を二度と見れないと思っておりましたので、コレは嬉しいニュースです!!

いつまでもNucchioのPassioneを表現し続けて頂きたいものです。。

Posted by: quattroporcini | 2008.12.05 at 01:22

quattroporciniさん
随分、ご無沙汰しています。
>本当ですか??
本当みたいですけどね、、、、さすがに天地が逆転するようなガセネタで無い限り・・・  しかしバジェット問題は依然残っていると思いますので、これを機に元気になってゆくことを期待しています。
Torinoのexhibitionではかなりの数のショーカーをBERTONEも展示しているんですけどね。。。先日行われたLA showでは本物のBAT11が展示されたようなのですよ。 BERTONEしかり、Pininfarinaしかり、伝統的なDesign Carrozzeriaも経営は大変なようなので頑張って欲しい。
FORZA BERTONE!!

Posted by: marque | 2008.12.05 at 09:55

marcue様>Hondaが来年はF1撤退!だそうです。車は悪いお話ばかりで、広いすそ野の一角におります私にとりましては正に死活問題!。イタリーの車イラストレーターBettiさんとかRossoさんとかはお元気に描かれていますでしょうか?。大分お歳だと思いますが。しかし、そんな中嬉しいニュースですね。BERTONEが無くなるのは本当に淋しかったですから。よい車が見たいですね。

Posted by: 大内 誠 | 2008.12.05 at 13:22

大内さん
こんにちは、昨晩のF1系ニュースには「HONDA撤退か?」でしたが、朝起きてみると「撤退発表」となっており、驚きました。 さすがに1期は知らないですが、あのマシンの格好よさ!2期での強さを知っていると残念でなりません。 まるで化石燃料を使った内燃機関の終焉を見ているような悲しい気分になりました。
サブプライム問題はまだまだいろいろなところに弊害が出てきそうですね。自動車産業に限らずビジネスモデル、発想の大転換が必要なようですね。

暗いお話のばかりでなく、BERTONEのような明るい話もあります。是非頑張って欲しいですね。

すいません>BettiさんとかRossoさん、存じ上げておりません。

Posted by: marque | 2008.12.05 at 18:05

marqueさんご無沙汰です。
 bertoneのmaseratiて見てみたいですよね。私的には 四角いので。
 大昔VOLVO740に乗ってた時、bertoneの760がすごく 気になり憧れてました。

Posted by: G-Cup | 2008.12.05 at 20:52

marcue様>Hondaだけでは終らないでしょうね。しかし、F1関係の400人は、時期世代自動車の研究部門に配されるとか。F1をやりたくてHondaに入ったと思うと、つらいですね。私の友人も、4輪をやりたくて、Hondaに入ったのに、Asimoの研究に配されて悩んでおりました。またF1は、復活して欲しいです。今度は昔の様に強くなって。しかし、バトン、そしてロス.ブラウンさんはどうするのでしょうか???。

G-Cup様 >760は友人が乗っており、乗せて頂いた事がありましたが、エアコンも良く効き、ゴージャスで、ベルトーネのデザインも良く、素晴しい車でした。しかし、その頃この車はスバルのデイラーで買えた頃でした。ちょっと前はサーブ顔したインプレッサもありましたが、、、。車再編はどうなっていきますでしょうか?。

Betti,Rosso氏達は、クワトロルオーテ誌によくイラストを描かれていました。最近のこの雑誌見ていないのですが、、、。

Posted by: 大内 誠 | 2008.12.05 at 22:00

久しぶりに明るいニュースで嬉しいです!

最近クルマ関係の話しって、暗い話しばかりなんですもの。

やっぱり夢がなくなっちゃうと、(どんな業界でもそうですが)
つまらなくなってしまいますね。

Posted by: yuqui | 2008.12.06 at 00:20

G-Cupさん
こんにちは、お元気ですか? 本当、お久しぶりです。
BERTONEのMaseratiってKhamsinくらいでしょうか? あとはQP IIか。。
しかしBERTONEで強烈な印象を残したMarcelloGandiniが独立後に多くのクルマをデザインしているので印象深いですね。G-Cupさんのも四角いラインですもんね!
今後、どのような動きをとるのでしょうか、興味津々です>BERTONE


大内さん
HONDAは凄いことになっていますね。このニュースを目のあたりにして、FIAが提案した統一エンジン、統一シャシーの意味を何となく感じます。このままですと F1自体が消滅しかねないですね。 しかしニュースを見ていると既に買収先候補があるということ、数年前の新規参入入札でも20社ほどあったようですから、ルールをうまく適用しなければなりませんね。(といいましても我々にはなにも出来ませんが・・・) 
クルマ再編>今は何でもアリ。。。
QUATRORUOTEでしたか。。。次回からチェックしておきます。


yuquiさん
お久しぶりですね。
暗い暗いといながらも、私はあまり感じませんでしたが、HONDA撤退は日本人の私にとって衝撃的なニュースでした。海外ではTHE END OF HONDA DREAMなんて書かれて、、、HONDA DREAMという名で広告戦略をうっていただけに余計に皮肉っぽく、悲しく感じてしまいます。現在世界を取り巻く経済状況を考慮すると仕方ないのでしょうが、それにしても悲しい。
全く異なるベクトルですが、BERTONEには頑張ってもらいましょう。

Posted by: marque | 2008.12.06 at 01:48

BERTONE update
http://response.jp/article/2010/03/07/137326.html
大矢さんの記事に詳しい。

Posted by: marque | 2010.03.27 at 15:56

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/43321482

Listed below are links to weblogs that reference 驚いた!! STILE BERTONE:

« イタリア自動車紀行から - Giuseppe Candini - | Main | イタリア自動車紀行から - Museo Storico AlfaRomeo - »