« AVE. DES CHAMPS ÈLYSÈES A PARIGI | Main | Montereyの想いで - Concorso Italiano - »

2009.01.11

Maserati: storia di un mito

R0013438

最近、ここではコアなネタを期待されていると思いきや・・・(いや、もしくはコアすぎる・・・)
加えて、訪れてくださる人は圧倒的にイタリア車党と思っていましたが、先のフランス車ネタもそれなりに反応がありましたね。嬉しい驚き(笑)

2009年二発目は、ここの王道「Maserati」で、ちょっとコアなものを

古くて珍しいとか、そういう類いのものではなく、内容が珍しい一本のDVDを紹介します。これは昨年末、Maserati Club主催のクリスマス会=Pranzo degli Auguriでプレゼントされたもの。作成元はMaserati Club。はたしてメンバー全員に配布されるのか?参加者のみへのクリスマスプレゼントなのかは全くもって不明です。

そのDVDのタイトルは、"Maserati: storia di un mito"

storiaとはストーリー、mitoとはAlfaRomeoの車名でも使われている神話です。よって日本語に訳すと"Maserati、その神話物語"といったところでしょうか? Maserati社のレーシングヒストリーやプロダクションモデルに関しては多くの書籍が出版されておりますし、30分で94年間に渡るヒストリーを語るのは所詮無理な訳です。ところが、このDVDが珍しいのは、そのキャストでまさにMaseratiをつくってきた人々によるMaserati史なのです。

内容はイタリア語ゆえに、私のレベルではきちんと理解できているのか否か、甚だ疑問でありますが、Maseratiをつくってきた人によって紹介される言葉には重みがあり、とてもよい内容となっています。
これを私なりに少し紹介してみようと思います。



Calromaserati
イントロダクションは以前にも紹介しましたIng. Carlo Maserati(Maserati兄弟であるEttoreの息子さん)が、Maserati社の生い立ちを語ります。
Maserati兄弟の長男であるSig. Calro Maseratiが、自転車にエンジンをつけたCarcanoがオリジンであることから始まり、1914年Carloの兄弟らがBolognaの中心地に創業したMaserati社の話に続きます。(私は例によって訪ねたことがあります)当時、チューニングと同時にプラグも製造しその優秀な性能で成功を収め、貴重な収入源となりました。彼が左手に手にしている木箱こそが、当時のプラグ箱(後年のものとは異なる)であり、そのルーツになります。


Canderamaserati
これがその広告.
プラグを両脇で抱えた後年の広告は有名ですが、こちらの広告はレア、まさにMaserati創世記のお話です。


Maseratibrotherbologna
そしてこれが、Bologna郊外に移ったPonteVecchioのファクトリーで、その前に並ぶMaserati兄弟。ここはグランドフロアがファクトリーで、その上で彼らが生活していたというのですから、その時代を感じさせます。このファクトリー自体は既に取り壊されてしまい既に存在しません。(こちらもイタリアにきた当時、何も判らないまま訪ねたことがあります


Ermanocozza
次いでOrsi時代へ
ここでは現代のPanini museoの中でSig. Ermano Cozzaが当時を語ります。彼はMaseratiに入社して既に60年以上のキャリア、まさにMaserati史の生き字引、現在Maserati社でもクラシック部門の管理をしておられます。


Giulioborsari
次いで出演するのは、Reporto Maserati CorseのメカニックであったSig. Giulio Borsari
彼が、 戦前戦後のMaserati黄金時代を振り返って話してくれます。氏はMaseratiの後にFerrariのメカニック経験もあります。当時はMaseratiやFerrariチーム、互いに両社を移籍していた時代、詳細は判りませんが両チームの往年の名ドライバーらと一緒に戦ってきた戦士でありましょう。現在でもSig. Cozzaと一緒にサーキットでたまにお会いします。


Mariateresadefilippis
そして250F時代を代表して、Maserati ClubのPresidentであるSigra. Maria Teresa de Filippisが250F T2のコクピットにおさまり現役時代、そしてF1選手権を奪取したFM Fangioらを語ってくれます。
まさにMaseratiの黄金時代!


Andreabertolini
経営権がOrsi一族から離れた1967年以降は、割とあっさりとCitroen-DeTomaso-FIAT時代でまとめられ、紹介されているのですが・・・
近年、MaseratiはMC12でサーキットに舞い戻り、GT選手権を再び奪取し、その栄光を蘇させているのはご存知の通り。MC12時代を代表して2006, 2008年にGT選手権を奪取したAndrea Bertolini Maseratiオフィシャルドライバーがそのスピリットを語ってくれます。

このDVD、Maserati兄弟のMaserati社創業の哲学、つまりレーシングに焦点をあてているように思います。
レースのために創業したMaserati、そして戦前戦後の黄金時代、近年のMC12の大活躍にフォーカスをあてた内容、これこそが「Maseratiの神話」なのであります。

なかなか珍しい内容だと思いませんか、いかがです?


(写真は全てDVDからのキャプチャー)

|

« AVE. DES CHAMPS ÈLYSÈES A PARIGI | Main | Montereyの想いで - Concorso Italiano - »

Comments

あ・・、それ欲しい・・。
「Archivio Maserati」のDVDバージョンのようなものかな??
でもちょっと違うか・・、Maseratiに関わってきた人々がメインのようですね。

Posted by: RYU | 2009.01.10 at 00:19

Cozzaおじさん、私がMaseratiの工場(まだ古いとき)を訪ねたときに案内してくれたんですよ。あと2000年のPebble Beachで潜り込んだ?パーティでもお会いしているので、久々にお顔を拝見して懐かしいhappy01

Posted by: topo | 2009.01.10 at 10:07

う・・・羨まし過ぎるブツですぅ。。。
そのDVD、ほすぃ〜( ̄▽ ̄;

『サーキット』・・・ソコにこそMaseratiの『神話』が『伝説』が、そして『精神』がある。
と、伝えたいのであろう内容ですね。
それは、我々Maseratiに魅せられた者達にも、確実に受け継がれ伝わっていると思いますよ...(思い込みたい?!)

それにしても毎回毎回、marqueさんのレポートには唸ってしまいます。
って事で、今年も楽しみにしてま〜す♪
☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪

Posted by: ghie | 2009.01.10 at 15:13

RYUさん
RYUさんのTridenteフリークには刺さりそうなDVDだな〜〜と思いました(笑)
Archivoとはちょっとテイストが異なるかもです。どちらかというとレーシングに焦点を絞ってます。今度、機会があればお見せしますね!!

topoさん
そのとおり、Cozzaさんも登場しています。2000年のPebbleBeachといえばMaseratiがフィーチャーされた年ですね。羨ましい!! 私も行きたかったなーー

MontereyWeekはとても楽しめるのですが、クルマ以外の楽しみがないこととコストが高いことが唯一ネックですね。
でもまた行きたいなーーー。カリフォルニアの青い空、熱い太陽のもと、LagunaSecaのパドックを歩くのってワクワクしますよね。。PebbleBeachも同じく・・・ 朝早起きしてクラシックカーが入場してくる姿をみると興奮しますね!おまけに、右をみても左をみてもクルマ界お重鎮ばかり・・・
あーーまた行きたい。誰か一緒に行きましょうーー!!

ghieさん
RYUさんに同じく刺さるDVDと思いましたよ。そしてサーキット、レーシングこそがMaseratiの神話なんでしょうね。昔を知らない人は、とても今の姿からは想像できず驚いてしまいそうですね(笑) QPの羊を被ったオオカミの如く、Excellence through passionでしょうか? DVDはまた見ましょうね。。

Posted by: marque | 2009.01.11 at 06:37

素晴らしいの一言です。
日本のMaserati Club にも配布されないだろうか・・・

Posted by: acero | 2009.01.13 at 11:06

Hi Masato, is there any way to get hold of a copy of that DVD?

Pretty please!

Posted by: Maurizio | 2009.01.13 at 12:16

aceroさん
こんにちは。どうでしょうね〜〜
Copyrightの問題でどうなんでしょう? あとは某氏に話して頂くしかないですね・・・ それさえクリア出来ればよろしいかと・・・

Maurizioさん
After coming back, we will watch DVD together! Otherwise, we will find another option.
Ciao

Posted by: marque | 2009.01.13 at 18:17

Sounds good to me :)

Look forward to seeing you and letting you experience my GranSport!

Posted by: Maurizio | 2009.01.13 at 19:40

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/43662697

Listed below are links to weblogs that reference Maserati: storia di un mito:

« AVE. DES CHAMPS ÈLYSÈES A PARIGI | Main | Montereyの想いで - Concorso Italiano - »