« Mulhouseから その2 | Main | Trofeo ABARTH 500 »

2009.03.31

Ferrari Racing Days

Img_9829

先週末はイタリアレーシングの聖地、Monzaへお散歩。

その目的はFerrari Racing Days。

Ferrari ChallengeとFerrari Historic Challengeが行われるので、お散歩がてら出かけました。入場料は10ユーロ、たった10ユーロでパドックはもちろん、ピットロードまで入場して、勇ましい430Challengeや、数々のFerrari, MaseratiのLegendary historic machineを見学できるのだから安いものです。本来なら、心地よい青空のもとのんびりと観戦したかったのですが、週末は天気が悪かったので、結局僅か数時間で退散してきました。

しかし、天気が悪いとはいえFerrariの熱気は別もの、出場者の熱気はほかのそれとは異なります。 430Challengeはいつものごとくものすごい出場台数、Historicは少なかったとはいえ、F40LM, 512LMが3台と迫力満点!

トップ写真は戦いに備えるMaserati 200SI、後ろの2台は250GT Tour de France
とくに250GTは整備中で珍しい光景。



Img_9800
こちら512LM
やはり迫力が違います、Group5, 512LMは!! そして走っても速い。


Img_9844
こちらも異なる512LM, その後ろはMaserati 200SIにFerrari 500 Mondial TR


Img_9926
200SIのエンジンルーム
4気筒ツインプラグエンジンのクールなこと!


Img_9920
Ferrari 625 TR
その隣にはもう一台の512LMがさり気なく潜んでいます。


Img_9873
ひっそりとパドックにとめられていた250GT Pininfarina
バンパーレスでレーシーな雰囲気が格好よく、周りの近代Ferrariと違ったオーラを放っていた。


Img_9866
430 Challengeがコースインしてゆきます。
やっぱり速い! 雨のレースだったから、ぶつけ合いながら競ったんだろうなー(帰ってしまったので、あくまで予想)


台数的にはちょっと少なめ、しかしこれくらいがじっくり観察するにはよいかもしれません。しっかし、見直すと赤ばっかり、、、Ferrariということを実感。


ピットでは、Piazza Doumoで出会った知人に再会したり、Areseで出会ったMaria Teresa de Filippis女史に出会ったり・・・ きっと、どこにでもいる変な東洋人と思われているに違いない。

|

« Mulhouseから その2 | Main | Trofeo ABARTH 500 »

Comments

赤い集まり、
「走り」が見えるイベントは良いですね。
地元だから凄いでしょうね。

日本で、本物のF40LM、F50GT、288GTOの走る姿を見たことありますが、512LMはありません。どんなサウンドなのかな。
マセラティ200SIの走行シーンは、堺正章さんのを昨年のラフェスタ ミッレミレアで見ました。

Posted by: イノウエ | 2009.03.31 at 10:16

marcue様>イタリーはお元気そうで何よりです。何か明るく見えるのは国民性なんでしょうか?。日本にいますと悪いお話しばっかりで、、、。430チャレンジは、日本でもネコパブのイベントでよく見かけます。しかし、一寸我々とは人種?が違うようで、クラシックの方のように気楽に声をかけにくいのですが、そちらはどうですか?。

しかし、こんなスンバラシーイベントが御近所でいいですね〜^^。

日本の有料道路が、不況対策でETCを付けた車のみ、週末が何処まで行っても千円!。政府の補助が出るうちに私も付けましたが、無理やり遠くに行くのも何か変ですよね。てなわけで、今週末はMITO^^水戸までお墓参りに。

Posted by: 大内 誠 | 2009.03.31 at 17:01

イノウエさん
本当はもっと出場台数が多いかとおもいましたが、少なめ。
それでもエンジン全開でマシンを操ってくれる姿は壮観であります!
512LMも機会があれば堪能してください。いいですよ。


大内さん
430challenge、こちらは選手権になっているのでまさにセミプロ状態、Ferrari遣いの称号を得るために本気です。タイアはスリック、もちろんタイア交換の準備も万端、ヒストリックな方とはその姿勢が異なるよう。対してヒストリックは年齢も総じて高く、和気あいあいと仲間で楽しむ雰囲気ですね。しかしレース以外の時に話すといたって普通に会話します。が、、、ヒストリックとチャレンジでは興味のベクトル離れているように感じます(笑)
天気のよい週末、こういうイベントをみながらBBQ、こんな楽しみ方がいいな〜と、思ってます。

Posted by: marque | 2009.04.01 at 04:56

こんにちは。
お元気ですか?
相変わらず充実の週末を過ごしてますね~
ニホンのイベントでも数多くのFやMがサーキットに集まりましたが、やはり本場はオーラが違います。
しかも10ユーロという設定も素晴らしい。ニホンでは考えられないですね。


Posted by: acero | 2009.04.02 at 17:08

aceroさん
おひさしぶりです。
日本にいた頃とは異なる週末、楽しませてもらっています。日本に帰ってから再適応できるのでしょうか?>私!!
実は、金曜5ユーロ、土曜10ユーロ、日曜15ユーロでした。価格設定はあまりに高くするとお客さんが入らないからだと思います。楽しみ方もいろいろありますが、地域それぞれ楽しみましょう!!happy01

Posted by: marque | 2009.04.03 at 07:13

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/44518509

Listed below are links to weblogs that reference Ferrari Racing Days:

« Mulhouseから その2 | Main | Trofeo ABARTH 500 »