« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 | Main | Concorso d'Eelganza その2 »

2009.04.29

Concorso d'Eleganza

Img_0087

先週末は世界中に山のように存在する自動車コンクールの中で、最高級の格式を誇るConcorso d'Eleganza、通称Villa d'Esteを日本からの友人とともに観戦してきた。

イタリアに住むようになって多くのイベントを見てきたが、Villa d'Esteは、個人的なイベント格付けでもトップクラス。実をいうと週末に向けて、落ち着かなくなり前日から興奮していたのだ。

さて今回はVilla d'Esteで行われる土曜日、Villa Erbaで行われる日曜日と両日訪れたが、土曜日は素晴らしい春の陽気、対して日曜日は終日雨と対照的。土曜日は長くいたので、この種のイベントを訪れて自身初めてゆっくりと腰を下ろし、クルマ、雰囲気、友人との出会い、再会、全てを満喫した。

数回に分けて紹介したいが、今日はクラシックカーとコンセプトカーのRoll of Honourを紹介したい。


Img_0205
Img_0324
審査員によるBest of Show by Jury、土曜、日曜、それぞれの参加者によって競われるCoppa d'Oro、Trofeo BMW、全てを独占したAlfaRomeo 8C2900B, Berlinetta Touring, 1938
昨年、Pebble Beach Concourse d'EleganceのBest of Showを受賞した本命中の本命がVilla d'Esteでも栄冠を手にした。優雅に弧を描くフロントからリアにかけての造形が素晴らしく、特にリアの美しさは群を抜いている。まさに皆も納得の結果。(オーナーはMicrosoft元社長のJon Shirley氏、まさに持つべき人が所有しています)


Img_0296
日曜日、一般投票によって選ばれるConcorso d'Eleganza Design Awardは、Aston Martin One-77

ほかにもBMW Gina, Bertoneの新作 Mantideなど、もっともっと魅力的なクルマが多く出品されていた。
一般投票ゆえか?毎年の傾向をみると判りやすいくて現実的なクルマが選ばれるようです。(あ〜〜あ、ため息)




追伸
公私とも忙しくてblogを書く暇がない。ゆったりと書いていきますので、よろしくお願いします。

|

« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 | Main | Concorso d'Eelganza その2 »

Comments

エスプレッソなイタリア滞在中、大変お世話に成りました。
お陰様で大満足でした!!(^0^)/
今日もなんだかんだ忙しくて、何とかアルバムに整理はしたけど日記にゆっくりアップする暇が無い~。(^^;)

Posted by: Bianco | 2009.04.29 at 17:59

marcue 様>車で行ける!、これが一番ウラヤマシイ^^。コモ湖はまたまた30数年前に行きました。近くにシャフハウゼンって街がありませんでしたか?。コモ湖の近くでしたか、1/25のミニチュアランドがあり、その回りを小さな遊覧列車が走って、その1/25の街並みを観れるようになっていました。それから何年か後に、日光にやはり1/25のミニチュアランドが出来ましたが。

One-77のアストン好きですね。ブリスターフェンダーをフロントから膨らませてと言うアイデアは、昔からありましたが、うまくフロントマスクを回り込ませて、リヤに抜けるようにし、そこにメッキのラインを入れて、ちょっとクラシカルに持って行く。リヤスタイルを見たい気がします。シトロエンのコンセプトにもこれに似た考えのがありましたが、アストンのほうが断然いいですね。なにかこれからの車のdesignのセオリーを作ったような気がします。どうでしょう?。

ベルトーネのそれはあのコルベットの車でしょうか?。

コモ湖は、天候が安定しないのですね。カングーロが飾られた時も、大雨にうたれたのです。そのためのシミを確認出来ましたが、きっと内装はやり直しでしょうね。

Posted by: 大内 誠 | 2009.04.29 at 18:32

Biancoさん
こちらこそ楽しい時間を過ごさせていただきました。GRAZIE!!
私もなぜか忙しく・・・ゆっくりULする暇がありません。OFFが忙しいときに限って、ONも忙しくなります。→よく出来ていますね。
写真拝見させていただきました。きっちりとすべて押さえられていますねー! そして、いつのまに建物の上から写真をとられていたのか!? 私と言えば・・・・結構抜けている(笑)
改めてプライベート写真お送りいたしますね。


大内さん
クルマでいきました!!(笑) 
1/25って、コモ湖近郊でもありますが、国境を越えてスイスのルガノの近くではないですか? 行ったことはないですが、観光ガイドにあったような・・・
One-77>コンセプトカーばかり並ぶところにいくと、私の場合、少々過激なアイデアのほうが魅力的に感じてしまうのかもしれません。写真と実物ではかなり印象も異なりますし、そのうえデザイナー直々にデザインのポイントやそのクルマに対する思いを伺うと・・・根が単純なのですぐKOされ、魅了されてしまいます。One-77は最近のデザイントレンドを世襲してCitoroen GTよりもうまく処理していると思います、同感です。
あとで紹介しようと思いますが、BMW Ginaには度肝を抜かれましたし、50年代のGildaが走行した姿には、自身で思わず声を発してしまいましたし、観客皆喝采でありました。Bertoneも凄みがあって良かったです。

Posted by: marque | 2009.04.29 at 21:39

あの場所に行くと、、いろんなことを考えさせられますよね、、、。”車”って一体何でしょうね、、、ぇ。Mさんにとっての車は何ですか?
 ライトの前で言い合いをしていたオジイサン3人。あの人達はきっとライトおたくなのでしょうねぇ~。毎年、ライトの前で語っているオジイサン達です。楽しいのでしょうねぇ~。
 自分はそういう人達を見て楽しめました。

Posted by: jusayu | 2009.04.30 at 05:00

marqueさん
こんばんは。
この季節はやはりVilla d'Esteですね。
私は何時になったらいけるのかな~。
日本のイベントに10回参加するより、Villa d'Esteに1回だけいいから、見に行きたいっす。heart04


Posted by: RYU | 2009.04.30 at 23:59

jusayuさん
ライトの前で言い合いをしていた??? 私には興奮してそんなの気づく余裕ありませんでした。クルマ、所詮クルマされどクルマ、私にとって「男の夢」のような趣味であります。(少々、度が過ぎておりますが・・・・)


RYUさん
また来てください!
といいますか、、、また一緒に行きましょう!! 数年後に。。。
私もVIlla d'Este は好きでーーす。 しっかし、参加者の会話を聞いていると、「じゃあ、次はPebbleBeachでね」なんて話しています。世界が違うんだな〜〜と実感。

Posted by: marque | 2009.05.01 at 03:30

今皆さんで楽しんでますか?

じゃあ、次はPebbleBeachでね」って、まぁ(^^;)
スゲー世界だ!


Posted by: acero | 2009.05.01 at 17:26

aceroさん
皆さんって・・・・  今年はツアーないですよーー!
(意図しているところはわかりますがっ! トスカーナで友人とおいしいトスカーナ料理と極上ワインを満喫しましたです。)
>次はPebbleBeach
私とは住む世界がかな〜〜りことなります。

Posted by: marque | 2009.05.04 at 08:11

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/44832417

Listed below are links to weblogs that reference Concorso d'Eleganza:

« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 | Main | Concorso d'Eelganza その2 »