« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE | Main | Concorso d'Eleganza »

2009.04.13

L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2

Img_9941

前回のL'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILEのつづき

テーマは「革命」、具体的には、レースの革命、エンジンの革命、シャシーの革命など様々なカテゴリーに分けられ展示されている。

シャシーの革命の中に、面白そうなものがあった。
2001年 AlfaRomeoによって発表されたカーボンコンポジットシャシー。トップ写真がそれだが、中央の黒い部分がカーボンコンポジット、その前後にメタル(鉄か?アルミか?)をボルト付けしたもの。当初、8C Competizioneのものかと思ったが発表年度が異なるので、なにかのコンセプトカーに使われたものであろう。カーボンシャシーだが、フロントタイアのサスペンション部まではカーボンになっていない。この場合、ストレスは自ずとボルト付けされた部分に集中してしまうと思うのだが、事故などに対するメンテナンス性を重視したものか?(まぁ、素人の戯言です・・・)



Img_9938
AlfaRomeoの至宝、V6エンジン
つい最近までアップデートされながら、ARESEのファクトリーで作られてきたV6。Alfa6に始まって、90, 164, 75, SZ, 155, GTV, Spdier, 166, 156, GT、そして156GTA, 147GTA,など近年のGTAシリーズにも積まれた名機。


Img_9939
現代のFIAT製=FPT - Fiat Powertrain Technologies製モジュラーエンジン
最新技術を駆使したエンジンゆえに、その効率なども素晴らしいと思われるのだが・・・。ちょっと一抹の寂しさを感じてしまう。


Img_9951
エアロダイナミクスのコーナーに陳列されていた155スケールモデル。
155V6 TIでDTMを戦っていた頃のスケールモデルで、派手なフロントスポイラー、大きなリアウイングを備えていた。


Img_0022
コンセプトスケールモデルのコーナーでみた作品
さてこちらのメークスは??

答えはMcLaren、つまりMcLarenF1の後継機として開発されているスモールMcLarenのコンセプトアイデア。ニュルブリンクなどでもテスト車両が目撃されているようですが、このアイデアモデルににているのか、それとも全く異なるのか? いったいどのようなデザインだろうか?

Torino Esposizioniで行われるL'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILEは見所満載。
9月までやっているようですのでTorinoを訪れるなら是非!

|

« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE | Main | Concorso d'Eleganza »

Comments

marcue様>ロータスエリーゼのようなアルミサッシ的な新しい考えのシャーシーイなのでしょうか?。YAMAHAのOXもカーボンシャーシーイでしたが、絵にするとパイプフレームのようには絵にならないのです。

アルファV6はOHCで、排気ヴァルヴをロッドで押す独特なタイプで、ヴァルヴ角を自由にとるために、センターにカムを持ってくる普通のタイプにしなかったのでしょうね。このカットエンジンもそれが分かるようにカットされています。アイデアの元祖はトライアンフのドロマイトスプリントのエンジン。

FPTは、詳細が分からないですね。ターボではないような?。

マクラーレンF1は、P.ステイブンスでしたね。ジウジアーロのエスプリのターボモデルへのモデイファイド。そしてプロドライブが担当しましたスバルインプレッサWRCのラリーヴァージョンのデザイン。元から作るよりも、元をより良くするデザインのうまいデザイナーさんでしたね。このランボのコンセプトは、彼ではないように思えますが、、、。

Posted by: 大内 誠 | 2009.04.14 at 15:21

大内さん
こんにちは、大内さんにとってはツボに入る話題でしょうか?

シャシーですが、8Cはカーボンを多用していますが、たしかシャシーは鉄だったような・・・ 
これは完全なコンセプト&実験モデルかもしれませんね(あまり適当な妄想はできませんが・・・) エリーゼとも異なるような気がしますが・・・ 門外漢であります。

Alfa V6に関しても私とはみる点が全く異なりますね(笑)
ただただ感心して「へぇーー」な私ですが、見る人がみるといろいろ判って楽しいですね。FPTはターボじゃないですか?タービンが見えるような・・・ なせかふたつ!! ディーゼルかガソリンか不明ですが、近年のモジュラーターボエンジンだと思っていますが・・・

McLaren F1、デザインも思想もすばらしいですね。。今から思えば激安なバーゲン価格でしたね。F1のデザインはP. Stevensですが、現在のMclarenは、前AlfaRomeo CentroStileにいたStephansonがデザインチーフ、ニューMcLarenは彼のデザインか? Stevensから、Stephansonに話が変わって恐縮ですが、彼はFIATグループ時代、MC12, F430, 612, New500などに関わっていて有名なクルマばかり、そして次はMcLaren、すごい。
あのMcLarenスケールモデル(ランボでない)は、学生らの展示コーナーにあったので、学生らによるデザインスタディーではないかと思うのですが。。個人的になかなかなスタイルだと思います。

Posted by: marque | 2009.04.15 at 01:54

marcue様>すみません。ツインターボですね、、、汗。ウェイストゲートも見えるし、今どきですからデイーゼルでしょう。しかし、なんでツインなのか?。

あのマクラーレンは、marcueさんのおっしゃるように最近のランボコンセプトに良く似ています。

それではお元気で。

Posted by: 大内 誠 | 2009.04.15 at 09:56

大内さん
あのターボって直列ですよね。。今時のディーゼルターボはあのようになっているのでしょうか? 
私は・・・  ???であります。

Posted by: marque | 2009.04.17 at 02:47

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/44654578

Listed below are links to weblogs that reference L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2:

« L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE | Main | Concorso d'Eleganza »